仮想通貨(暗号資産)とは?ビットコイン初心者にも分かりやすく解説

仮想通貨

1年で価格が10倍にハネ上がったビットコイン。

値動きの大きさに目をつけた株やFX経験者が足場を移している仮想通貨について初心者にも分かりやすく解説しています。

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上で自由にやり取りできる通貨の機能をもった電子データのことです。海外では暗号通貨(crypto currency)と呼ばれています。

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術とは?

通貨の機能を持った電子データと言うと、楽天Edyやnanacoのような電子マネーと同じもののように思えますが、電子マネーは特定の企業が発行・管理していますが、仮想通貨には発行主体が存在しません。

発行主体がないのに仮想通貨が成り立っているのはブロックチェーンという技術が裏で仮想通貨を支えているからです。

ブロックチェーンとは、日本語では分散型台帳と訳されますが、ブロックの中に一定期間内の取引データが記録されており、その履歴がつながって1本のチェーンになっているイメージです。

発行主体がいない仮想通貨はどのように管理されているのでしょうか?

それはP2P(ピアツーピア)によって世界中の人々が管理しています。P2P(ピアツーピア)とは、中央サーバを用意せず、個々の端末(Peer)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのことです。


出所:WOWZA

仮想通貨はP2P方式でデータを交換しますので特定の管理者を置くことなく安定した運営が可能になっています。しかしその代わりにデータの整合性を担保するのが難しくなります。

そこで整合性の解決のために取り入れられたのがブロックチェーンという技術です。

ブロックチェーンとは、日本語で「分散型台帳」と訳されますが、ブロックの中に一定期間の取引データが入っており、その履歴がつながって1本のチェーンになっているイメージです。

ブロックに書き込まれた取引記録は消去できず、相互監視されるため、データの改ざんはほぼ不可能とされています。

そしてこのブロックが適正かどうかを判断し、承認する維持管理業務をマイニングといいます。

マイニングは管理者に代わってマイナー(採掘者)と呼ばれる自由参加の不特定多数によって行われています。そしてこのマイニングへの報酬として、ビットコインの新規発行、取引手数料の分配が行われています。

参加することで報酬を得られ、実際のコンピュータ上での作業が金銀などの鉱石を採掘するような感覚であるため、この維持管理業務は「マイニング」(採掘)と呼ばれています。

マイニングの詳細は下記をご覧ください。

 

取引履歴は書き足すことしかできず、消去することはできません。そのためはデータの改ざんは不可能とされています。

発行主体がないのに仮想通貨が新規発行されるのはマイナー(採掘者)と呼ばれる人たちがいるからです。

マイナーはサーバーを提供して仮想通貨のブロックチェーンの維持に貢献しています。

つまり、仮想通貨の取引履歴が適正なものかを判断し、ネットワークに承認する作業を行っています。マイナーはその報酬として仮想通貨をもらうことができます。

サーバーの維持には膨大な電気代がかかるのでマイナーは中国中心でしたが、2017年には日本でもSBIホールディングスやGMOインターネット、DMM.comがこのマイニング事業に参入すると発表しています。

もちろん個人でもマイナーになれば報酬として仮想通貨を手に入れることもできますが、今は取引所で購入するのが一般的となっています。

仮想通貨取引所ではメールアドレスを登録して本人確認書類を提出するだけで仮想通貨の取引を開始することができます。

取引所に入金して仮想通貨を購入するとウォレットと呼ばれる専用口座に資金残高が反映されます。

入出金や売買のほか、ウォレット間の送金やウォレットを使った決済もできるようになります。

数字で見る仮想通貨


出所:CoinMarketCap

仮想通貨の時価総額は2017年12月現在、約6,000億ドル、日本円で68兆円になります。これは日本の株式時価総額上位5社であるトヨタ自動車、三菱UFJ、NTT、NTTドコモ、ソフトバンクを合わせたのとほぼ同じくらいです。

仮想通貨が世界中で流通していることを考えると仮想通貨市場の上昇余地は多分に残されており、今から仮想通貨投資を始めてもまったく遅くありません

右の円グラフは12月24日時点の直近24時間のビットコインの通貨別取引シェアです。

昨年まで取引の9割近くが人民元でしたが、今年初めから当局が監視を強めたことで取引が激減し、打って変わって日本円の取引が過半数近くを占めるまでになりました。

出所:Coinhills

 

仮想通貨の種類

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、実は全世界で仮想通貨は1,000種類以上あります。

仮想通貨の基軸通貨とビットコインに対してビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。

国内の仮想通貨取引所で売買できる主な仮想通貨を紹介します。

仮想通貨単位時価総額特徴
ビットコインBTC25.2兆円仮想通貨の基軸通貨
イーサリアムEHT7.2兆円スマートコントラクトで注目
リップルXRP4.2兆円グロス決済のためのPF
ライトコインLTC1.6兆円BTCの4倍の送金スピード
モネロXMR5,500億円守秘性高いリング署名
ビットコインキャッシュBCH5.3兆円ビットコインから分裂
モナコインMONA650億円2ちゃんねる発の国産コイン
ネムXEM9,300億円ハーベスティング採用

 

仮想通貨の入手方法

仮想通貨を入手する方法の一つに前述のマイニングがありますが、現在はコンピュータのパワーを使った演算能力がものをいう世界のため、仮想通貨取引所で購入するのが一般的です。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入するためには口座開設する必要があります。口座開設方法は仮想通貨取引所によって少しずつ異なりますが、基本的には以下の4ステップで完了となります。

  1. メールアドレスによるユーザ仮登録
  2. 基本情報の登録
  3. 本人確認書類の提出
  4. 郵送による本人確認

また口座開設後には必ず二段階認証を設定しておきましょう。二段階認証については下記の記事をご覧ください。

夢のある仮想通貨投資

ビットコインの取引が始まったのは2009年。長い間、10万円にも満たなかったビットコインですが、2017年に入るとわずか1年足らずでで10万円から200万円台まで駆け上がりました。

2020年、そんな仮想通貨バブルは弾け、再び低迷しています。しかし、低迷している今こそ仮想通貨を安く仕込めるチャンスです。世の中で誰も仮想通貨を話題にしない間にひっそりと買い増しして再び訪れるであろう仮想通貨バブルで「億り人」を目指しましょう。

仮想通貨はビットコインだけじゃない

ビットコインといえば仮想通貨の代名詞ですが、実は仮想通貨は5,000種類以上存在し、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

5,000種類もあるとどれを買えばいいのか迷ってしまいますが、為替コヤジのオススメはビットコイン、イーサリアム、リップルの3通貨です。実際に為替コヤジもこの3通貨を毎月購入しています。

円やドルなどの法定通貨が無価値になることは考えづらいと思いますが、仮想通貨はある日突然無価値になってしまうこともあると考えています。ほとんどのアルトコインはいずれ流動性を失い、取引所から上場廃止となり、ただのデジタルデータになると予想されています。

そこで注目したのが時価総額です。以下は、仮想通貨の時価総額ランキング(2020年4月10日時点)です。

ビットコインの時価総額は14兆円、イーサリアムは2兆円、リップルは1兆円もあり、常に上位を占めています。ここまで時価総額が膨らんだ仮想通貨が無価値になることは考えづらく、今後も価値ある仮想通貨として定着すると考えています。

ビットコイン、イーサリアム、リップルについて詳しく見ていきます(参考:GMOコイン)。

1. ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は、サトシ・ナカモトと名乗る人物によって発表された論文に基づき開発・運用が開始されました。2020年1月24日現在、時価総額、取引量ともに最も多い仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)の特徴のひとつに、ブロックチェーン技術が使用されていることがあげられます。

ブロックチェーンとは、ビットコイン(BTC)のネットワーク全体に共有・公開された管理台帳のことです。二重支払いなどの不正な記録の排除が容易で、データの改ざんが極めて困難であるという特徴があります。ビットコイン(BTC)の承認済みの取引データ(トランザクション)は全て、このブロックチェーン上に保管されます。これらの取引データはインターネット上に公開されているため、誰でも閲覧することが可能です。

ビットコイン(BTC)は2017年12月に最高値の2,378,320円を記録しています。その後、40万円を割り込みましたが、2019年6月には150万円に迫りました。現在は80万円前後で推移しています。
再び最高値に迫れば現在の価格から約3倍になる計算です。

 ビットコイン(BTC)の月足チャート

2. イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、2013年にVitalik Buterinによって考案され、2015年にローンチされました。2020年1月24日現在、時価総額はビットコイン(BTC)に次いで第2位の仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)には「スマートコントラクト」と呼ばれる技術が利用されています。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に契約内容を書き込み、条件を満たした場合に契約を自動的に実行することができる技術です。契約内容はブロックチェーン上に保存されるため、改ざんされるリスクが低く、また第三者の仲介を必要とせずに契約を実行することができるため、さまざまな分野での活用が期待されています。

イーサリアム(ETH)は2018年1月に最高値の180,000円を記録しています。その後は1万円から4万円のレンジで推移しています。
再び最高値に迫れば現在の価格から約10倍以上になる計算です。

イーサリアム(ETH)の月足チャート

3. リップル(XRP)

リップル(XRP)は、2020年1月24日現在、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次いで時価総額第3位の仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)などの多くの仮想通貨では、非中央集権型な考え方がベースとなっていますが、リップル(XRP)は民間企業であるRipple社が開発を主導しています。

Ripple社では、安価で素早い国際送金の実現を目標として「RippleNet」という国際送金ネットワークシステムを提供しています。このRippleNetにおけるブリッジ通貨(橋渡し役)としての役割をもつ独自通貨がXRPとなっています。

リップル(XRP)は2018年1月に最高値の379円を記録しています。その後は下落が続き、2019年11月には最高値を記録した後の最安値22.25円を記録しており、今はかなり安値圏です。
再び最高値に迫れば現在の価格から約15倍以上になる計算です。

リップル(XRP)の月足チャート

仮想通貨は金融庁認可の取引所で購入

一般的に仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所で購入する必要があります。

国内で金融庁の認可を受けている仮想通貨取引所は23社あります(2020年4月現在)が、人気の高い仮想通貨取引所は以下の通りです。

 

取引所BTCETHBCCXRPLTCMOMAETCXEMLSKFCTXLMQASHFSCCCICCNCXC
Coincheck    
DMM Bitcoin        
GMOコイン        
bitFlyer        
SBI VCトレード           
Liquid          
bitbank         
TAOTAO          
DeCurret           
Zaif         

仮想通貨取引所は取引所と言いながら実は取引所と販売所があります。

取引所は仮想通貨取引所が仲介役となり、ユーザー同士の取引をまとめますが、販売所は仮想通貨取引所がユーザーに仮想通貨を文字通り、販売します。

取引所と販売所では取引形態に違いがあるだけでなく、実は取引所の方が安く購入することができます。

 

為替コヤジはリスク分散のために仮想通貨取引を分けてビットコイン、イーサリアム、リップルを購入しています。

仮想通貨の稼ぎ方

為替コヤジが実際に行っている仮想通貨の稼ぎ方について解説します。

仮想通貨はいくらから買えるか?

上記はビットコインのチャートですが、2017年12月には一時200万円を超えました。200万円なんてなかなか手の出ない金額ですが、実はビットコインは数百円から買うことができます

仮想通貨取引所によってビットコインの最低取引数量は決まっていて最も小さいZaifは0.0001BTCから購入することができます。

1BTC = 200万円の場合、購入価格は以下のようになります。

仮想通貨取引所最少取引単位購入価格
Coincheck0.005BTC10,000円
Zaif0.0001BTC200円
bitFlyer0.001BTC2,000円

仮想通貨投資の初心者はまずは数千円ずつ幅広い通貨に分散投資してみるのがいいかと思います。

 

買った後はウォレットで保管

FX投資ではFX会社に外貨を預けておきますが、仮想通貨投資では購入した仮想通貨を取引所に長期間預けておくことはしません。仮想通貨を大量に保管する仮想通貨取引所はハッカーのターゲットになりやすいからです。

仮想通貨は取引所ではなく、自分のウォレット(財布)を用意してそこで保管する必要があります。

ウォレットについては下記の記事をご覧ください。

仮想通貨は積立がおすすめ

ドルコスト平均法とは価格が変動する商品を毎回同じ金額ずつ、定期的に継続して買っていくやり方です。

ドルコスト平均法では毎回同じ数量ではなく、同じ金額ずつ買うので、相場が下がったときはより多くの数量を買い、上がったときはより少ない数量しか買うことができません。

そのため、相場が下がったときは平均購入コストが下がっていくことになります。


出所:WealthNavi

仮想通貨が安い時に一気に仕込むことができればその後の価格の上昇で大きく儲けることができますが、下落するリスクもあります。

値動きの激しい仮想通貨は大損するリスクを軽減しながら、平均購入価格を下げることができるドルコスト平均法が最適です。

為替コヤジもビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月5,000ずつ積み立てています。

 

貸仮想通貨で手堅く仮想通貨を増やす

仮想通貨は仮想通貨取引所を通じて他のユーザーに貸し出し、賃借料(利子)を受け取ることができます。これを貸仮想通貨(レンディング)と呼びます。

貸仮想通貨(レンディング)サービスは為替コヤジが積立をしているCoincheck、GMOコイン、bitbankで利用することができます。

積み立てている間も仮想通貨を遊ばせるのではなく、仮想通貨に働いてもらうことで手堅く仮想通貨の保有量を増やすことができるのでおすすめです。

取引所CoincheckGMOコインbitbank
対応通貨

12種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リスク
  • イーサリアムクラシック
  • モナコイン
  • ネム
  • ファクトム
  • ステラルーメン
  • クアンタム

7種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル
  • ネム
  • ステラルーメン

7種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • リップル
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ステラルーメン
貸出期間・年率14日:1%
30日:2%
90日:3%
365日:5%
1ヶ月:2%
3ヶ月:4%
6ヶ月:5%
1年間
1BTC超~5BTC:1%
5BTC超~10BTC:2%
10BTC超:3%
最小数量(BTC)10万円相当0.1BTC1BTC

 

 

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

為替コヤジのほったらかし投資

現在、下記の9つのサービスを利用して資産運用を行っています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金

 

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

投資序盤は入金力がカギ

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだ理由は入金力を上げるためです。

サラリーマンとしての本業をしっかりこなすことで昇給・昇格し、入金力が高まります。若いうちはとにかく入金力を高めて運用資金を増やすことに専念すべきです。

資金100万円で投資に時間や手間をかけて利率30%を達成しても利益はわずか30万円ですが、資金を2,000万円まで増やせれば利率10%でも200万円の利益です。

 

とにかく資金が少ないうちはできるだけ本業に専念して、運用資金を増やします。

昇給が望めないようならビズリーチdodaなどを使って転職で年収アップを狙ってください。

 

また本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。

アセットクラスもFX、株式、仮想通貨と分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました