知らなきゃ損!仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いとは?

仮想通貨

仮想通貨を買おうと思って仮想通貨取引所に行ってみると「取引所」と「販売所」があって悩んだことはありませんか?

実は両者には大きな違いがあって仮想通貨投資の上級者は販売所と取引所を使い分けています。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

仮想通貨の『取引所』と『販売所』の違いとは?

取引所と販売所の違いを説明する前に交換所という言葉を説明します。

これは改正資金決済法の中で仮想通貨の売買や他の仮想通貨との交換などを業として行うことを仮想通貨交換業と定義しているので仮想通貨交換所という呼び方が生まれました。

ただ仮想通貨交換所よりも仮想通貨取引所という呼称のほうが一般的となっています。

本題に戻って「取引所」と「販売所」の違いを説明します。両者の違いと端的に言うと取引相手が異なります。

 

つまりこういうことです。

  • 取引所・・・取引の相手が個人
  • 販売所・・・取引の相手が仮想通貨取引所

 

それでは取引所と販売所をもう少し細かく見ていきましょう。

取引所

まず取引所では仮想通貨を買いたいユーザと売りたいユーザを仮想通貨取引所が仲介します。取引所では仮想通貨取引所がユーザ同士の仮想通貨の売買の仲介をしてくれます。

下の画面はCoincheckの取引所の画面ですが、取引所では「板」と呼ばれる気配値が表示されていて、いくら(レート)でどのくらい(注文量)を買いたい、あるいは売りたいというユーザの注文が並んでいます。

販売所で仮想通貨を購入する場合は板を見ながら希望のレートと数量を指定します。

販売所

これに対し販売所では仮想通貨取引所が所有している仮想通貨をユーザが買ったり、あるいは仮想通貨取引所に売ったりします。販売所は文字通り、仮想通貨を販売しているお店ということになります。

下の画像は同じくCoincheckの販売所の画面ですが、販売所では買いたい仮想通貨の数量を入力するだけで自動で価格が決まります。

取引所か販売所かは仮想通貨取引所によってまちまち

多くの仮想通貨取引所は取引所と販売所の両方がありますが、販売所だけしかない仮想通貨取引所もあります。

DMM BitcoinとLINE BITMAXは完全に仮想通貨販売所となります。

取引所・販売所が両方あるCoicheck、bitFlyer、GMOコイン、bitbankなど
販売所のみDMM Bitcoin、LINE BITMAX

取引所・販売所の両方を構えている仮想通貨取引所でもアルトコインはほとんど販売所取引となります。

後述するように販売所取引は割高になりますので注意しましょう。

 

おすすめの仮想通貨取引所については以下の記事で解説しているので、よかったら参考にしてみてください。

取引所と販売所のメリット・デメリット

取引の相手によって取引所と販売所に分かれることは分かりましたが、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 メリットデメリット
取引所
  • 仮想通貨の価格が安い
  • 取引が成立しないことがある
  • 売買手順が若干複雑
販売所
  • 大量の注文も成立しやすい
  • 売買手順が簡単
  • 仮想通貨の価格が割高

取引所のメリット・デメリット

取引所では板情報を見ながら希望のレートと数量を指定する必要があるので若干手間がかかりますが、売り手と買い手の思惑が合致すれば売買が成立するので自分の希望の価格で買ったり売ったりすることができます

ただし大量に取引したくても売りたい人や買いたい人が少ないと取引が成立しないこともあります。

販売所のメリット・デメリット

販売所は前述の通り仮想通貨を売っているお店なのでお店の利益となる手数料が上乗せされています。その分、取引所よりも仮想通貨の価格が高くなっています。

ただしお店は在庫を大量に抱えているので大量に買いたい場合でも売りたい場合でもお店は期待に応えてくれます。

また価格はお店が指定してくるのでチカチカと目まぐるしく表示される板情報を見る必要がなく、希望の数量を入力するだけで売買することができます。

取引所と販売所の価格差

実際に取引所と販売所ではどのくらい価格差があるか見てみましょう。

上の画像は同時刻のbitFlyerの取引所と販売所の売買価格です。緑枠が売却価格で赤枠が販売価格です。

まず販売価格は、1,742,766円 – 1,708,734円 = 34,032円も差があります。

次に売却価格は、1,673,912円 – 1,709,500円 = -35,588円も差があります。

つまり販売所で買うと3万4,000円も損して、販売所で売ると3万5,000円も損するという訳です。

金額差は時間帯によってまちまちですが、これだけ差があるということは覚えておきましょう。

仮想通貨取引のメイカー・テイカーとは?

ビットコイン取引における「メイカー(Maker)」と「テイカー(Taker)」とは、顧客同士で仮想通貨売買を行う「取引所形式」における専門用語です。

両者の違いについて解説します。

メイカー(Maker)とは?

メイカー(Maker)とは、取引板にない価格で注文を出すこと、あるいはそれら注文により約定した取引を指しています。

新たな価格を提示し売買の流れを生む可能性があるため、市場に流動性を作る(make)・提供すると表現されることもあります。

一般には、メイカーは注文後にすぐに約定となるわけではなく、まず取引板に並ぶ(表示される)状態となります。

メイカーは取引板に約定するかもしれない注文を提供する、作る(make)ということから、手数料がテイカーより安く設定されます

テイカー(Taker)とは?

テイカー(Taker)またはテイカー注文とは、取引板に並んでいる既存の注文で約定する取引、取引板に並んでいる注文に合わせた約定を行う取引を指します。約定により取引板から注文を取り除く(take)ことになるため、市場から流動性を奪うといった表現がなされます。

またテイカー取引は、メイカーが取引板に出した価格に対して注文を入れることで成立します。数量のみ注文する成行注文は、すべてテイカー注文となります。

テイカーは取引板から流動性を「取る(take)」ため、手数料がメイカーよりも高く設定されていることが多くあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

取引所と販売所の違いについて理解いただけたかと思います。

まとめると以下のようになります。

  • 取引所形式は、取引の相手が個人
  • 販売所形式は、取引の相手が仮想通貨取引所
  • 取引所形式のほうが手数料が安い
  • メイカーとテイカーではメイカーの方が手数料が安い
 

注文方法によって異なり、仮想通貨取引所ごとに手数料もメイカーとテイカーで違うため、しっかりと把握しましょう。

この取引手数料を意識しておかないと、売買を繰り返しているうちに損失を出してしまう可能性があるので気を付けましょう。

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

為替コヤジのほったらかし投資

現在、下記の9つのサービスを利用して資産運用を行っています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金

 

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

投資序盤は入金力がカギ

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだ理由は入金力を上げるためです。

サラリーマンとしての本業をしっかりこなすことで昇給・昇格し、入金力が高まります。若いうちはとにかく入金力を高めて運用資金を増やすことに専念すべきです。

資金100万円で投資に時間や手間をかけて利率30%を達成しても利益はわずか30万円ですが、資金を2,000万円まで増やせれば利率10%でも200万円の利益です。

 

とにかく資金が少ないうちはできるだけ本業に専念して、運用資金を増やします。

昇給が望めないようならビズリーチdodaなどを使って転職で年収アップを狙ってください。

 

また本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。

アセットクラスもFX、株式、仮想通貨と分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました