【130ヶ月目】トラリピって儲かるの?トラリピ運用成績をブログで公開

運用成績

トラリピを始めようと思っているのですが、そもそもトラリピって稼げるの?

トラリピの利益が伸び悩んでいるので月に20万円稼ぐトラリピ設定が知りたい

 

今回は、これからトラリピを始める方やトラリピの利益が伸び悩んでいる方に向けて、為替コヤジがどんなトラリピ設定で実際にどれだけ稼いでいるのかを紹介します。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、為替コヤジ)が書いています。

 

  • アラフィフの会社員
  • 投資歴11年、運用資産3,000万円
  • 2021年実績:+290万円、2022年実績:含み損2,000万円超
  • トラリピやマイメイト、投信積立、仮想通貨積立などのほったらかし投資メイン

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

この記事でわかること
  • 運用資金1,400万円でトラリピを運用するとどれくらい稼げるか?
  • 為替コヤジはどんなトラリピ設定をしているのか?
  • 2012年からこれまでトラリピでいくら稼いだのか?

 

本記事を読み終わるとこれからトラリピを始める方やトラリピの利益が伸び悩んでいる方もどんな設定をすれば効果的に稼げるかが分かります。

 

トラリピの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トラリピの公式サイトはこちら

 

トラリピとは?

トラリピとはマネースクエアが提供しているリピート型自動売買です。

トラリピはあらかじめ設定しておいた価格になったら注文が約定し、あらかじめ設定しておいた利益が乗ったら自動で決済してくれます。

なので最初に設定さえしてしまえばあとはほったらかしで利益を積み上げてくれます。

 

トラリピイメージ

 

トラリピについて分かりやすく紹介した動画がありますので是非ご覧下さい。

 

リピート系注文では以下の項目を設定することができますが、設定次第で利益が大きく異なります。

リピート系注文の中には制約があり、自由に設定をアレンジすることができないものもありますが、トラリピはこれら全ての項目を自由に設定することができます

設定項目設定内容
通貨ペア米ドル/円やユーロ/円などの通貨ペア
レンジ発注する範囲。<例>米ドル80円~100円の間で発注する
注文間隔指値注文と指値注文の間隔。<例>80円、81円、82円と1円間隔で発注する
注文本数発注する本数
利益金額決済する金額。<例>利益が1,000円になったら決済する
ロスカットロスカットする金額。ロスカットさせないことも可能
トレール注文相場の上昇に合わせて決済(逆指値)注文を引き上げるかどうか

 

トラリピ(マネースクエア)について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

トラリピ運用方針

為替コヤジのトラリピ運用方針は以下の通りです。

以下の4つを実践することで相場を予想せずに低リスクで不労所得を得ることができます。

  1. ストップロスを入れない
  2. 過去20年の最高値から最安値まで幅広くトラップを仕掛ける
  3. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  4. ハーフ&ハーフで証拠金と含み損を減らす

トラリピの無料口座開設はこちら

トラリピ運用実績

トラリピは2021年1月から運用しています。

年度別の運用実績は以下の通りです。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
2012年700,000180,98040,318-3,090218,208
2013年1,000,000304,210-59,898-1,032,920-567,310
2014年2,300,000833,300-28,661-1,236,63033,619
2015年2,000,000-1,086,890751,149-4,285,160-3,350,652
2016年3,000,000469,070897,202-4,398,150-2,097,370
2017年0210,980744,720-3,878,610-622,130
2018年0-1,115,500560,319-7,234,900-4,533,601
2019年5,000,000-669,33297,597-5,464,418-3,334,854
2020年2,000,000-1,298,196-264,722-3,496,486-2,929,840
2021年-3,000,000-638,283-20,739-2,148,222-2,240,598
2022年     
合計-3,000,000-638,283-20,739

 

 

それでは年度別のトラリピ運用実績を赤裸々に紹介します。

2022年のトラリピ運用実績

急激に円安が進み、運用状況は過去最悪の状態に。

含み損1,000万円を目前に耐えきれず3月にすべての新規注文を停止しましたが、円安がさらに進み、9月に約200万円の損切りをおこないました。

8月から豪ドル/NZドル、10月からユーロ/円の新規注文を再開しています。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月0164,339-11,598-2,116,630-2,056,265
2月0136,729-9,513-2,178,186-1,990,605
3月0237,791-11,064-4,174,787-3,760,479
4月047,742-11,837-6,269,800-5,819,587
5月031,507-11,413-5,334,666-4,864,359
6月000-7,915,307-7,445,000
7月000-7,415,140-6,944,833
8月000-9,174,734-8,704,427
9月821,223-1,749,080-172,391-9,023,519-10,474,683
10月031,11098-9,283,365-10,703,321
11月     
12月     
合計821,223-1,099,862-227,718

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYCAD/JPYNZD/USDAUD/USDEUR/USDEUR/GBPGBP/JPYGBP/USDAUD/NZD
1月14,19312,98810,74415,96419,98632,2792,5069,1475,25611,17816,25013,848
2月9,59528,9403,9917,3905,1747,83714,49217,2517,78110,58313,9599,736
3月1,99959,5730041,2987,52829,72227,41521,98112,78312,73222,760
4月0000037,7597,35602,627000
5月5,0000014,00006,5070006,00000
6月000000000000
7月000000000000
8月000000000000
9月-480,368-521,4180-570,642-31101000-10,404-136,87201,725
10月099600000000030,114
11月            
12月            
合計449,581-418,92114,735-533,28835,35791,91054,07653,81327,241-96,32842,94178,183
 

2021年のトラリピ運用実績

年明け早々に昨年から決めていた南アフリカランド/円の損切り(約257万円分)を実行。

さらにNZドル/円の高値掴みやメキシコペソ/円も損切り。

5月にユーロ/英ポンドの取扱いが始まったため、ポートフォリオに加え、年間トータルでプラスを目指しました。

しかし2021年は為替の値動きが少なく、-66万円で終了となりました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月0-2,434,78026,104-1,088,474-2,930,504
2月0366,148-5,162-1,051,500-2,532,544
3月0271,7907,358-1,481,372-2,683,268
4月0218,530-8,193-1,395,019-2,386,578
5月089,8499,647-1,768,326-2,660,389
6月-2,000,000141,318-6,449-1,515,779-2,272,973
7月-1,000,000153,900-13,673-1,353,510-1,970,477
8月0111,272-8,438-1,562,584-2,076,717
9月0115,448-2,827-1,694,751-2,096,263
10月014,353-394-2,168,316-2,555,869
11月0169,537-9,007-1,608,565-1,835,588
12月0144,352-9,705-2,148,222-2,240,598
合計-3,000,000-638,283-20,739

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYCAD/JPYNZD/USDAUD/USDEUR/USDEUR/GBPGBP/JPYGBP/USDAUD/NZDZAR/JPYMXN/JPY
1月15,9599,7711,9903,1994,6009,76513,7253,066018,36033,49121,144-2,569,8500
2月80,95401,00010,90031,9988,26441,50821,856046,20681,09542,36700
3月29,48218,568016,79249,27159,14614,0882,126041,33328,31612,66800
4月3,9991,00019,977037,379020,18740,779033,26446,29615,64900
5月7,8831,0331,678-6,23525,4428,02111,58817,1054,6481,06337,04515,6680-35,090
6月16,04421,100015,7408,99434,5841,10701,19313,90421,0047,64800
7月25,43919,0777,38815,57813,16211,7191,1071,0906,70422,80722,8846,94500
8月21,3268,5035,78414,19411,00019,2545,9283,9412,74613,0374,3551,20400
9月20,1828,38505,59313,55025,26412,2943,483016,1247,1863,38700
10月2,2007,3950-109,37836,853015,2212,24310,4727,94318,02623,37800
11月27,94924,18712,35226,73699839,795008,01420,3783,4005,72800
12月20,9206,2009959,93612,9909,51811,1395,2016,41018,05322,05120,93900
合計272,337125,21951,1643,055246,237225,330147,892100,89040,187252,472325,149176,725-2,569,850-35,090
 

2020年のトラリピ運用実績

3月に起きたコロナショックを追加入金と損切りで何とか乗り越えました。

8月には負の遺産であったトルコリラ/円をすべてロスカット。

9月から英ポンド/円と英ポンド/米ドルを、10月から豪ドル/NZドルを追加してラストスパートをかけましたが、コロナショックのマイナスを取り戻せず、-156万円で終了となりました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月0138,585-8,582-6,764,360-4,504,793
2月0154,151-9,515-7,952,860-5,548,657
3月2,000,000-938,124-90,740-9,537,316-8,161,977
4月020,769-939-8,906,004-7,510,835
5月077,373-5,474-7,718,580-6,251,512
6月0363,783-88,001-6,861,209-5,118,359
7月0160,240-50,752-6,647,783-4,795,445
8月0-1,903,17822,917-4,256,522-4,284,445
9月0112,754-7,428-4,676,936-4,599,533
10月0107,500-2,541-4,862,412-4,680,050
11月0193,517-9,346-4,029,536-3,663,003
12月0214,434-14,321-3,496,486-2,929,840
合計2,000,000-1,298,196-264,722

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYCAD/JPYNZD/USDAUD/USDEUR/USDGBP/JPYGBP/USDAUD/NZDZAR/JPYTRY/JPYMXN/JPY
1月14,42617,3947,45354,61410,94419,47010,986988000002,310
2月8,85822,13132,78427,31626,07814,477018,767000003,740
3月-1,299,05570,20090,59725,33965,42530,32131,51243,879000003,658
4月0010,766010,003000000000
5月7,1769,6392,4318,62717,87010,7758,15712,698000000
6月68,17854,31112,74760,21443,76844,86257,45822,245000000
7月16,51927,46325,78512,7433,2008,35721,33344,840000000
8月20,17017,9296,79814,89415,73111,63712,85317,4710000-2,020,6610
9月5,19623,6549,13312,594027,6782,1098,0328,39415,9640000
10月4,2009,3924,1814,1736,19106,7427,05210,08631,23824,245000
11月19,80721,93014,1619,39917,539019,33217,60222,44236,20715,0580040
12月22,37811,3883,13409,9994,56116,77922,00924,07873,70526,403000
合計-1,112,147285,431219,970229,913226,748172,138187,261215,58365,000157,11465,7060-2,020,6619,748
 

2019年のトラリピ運用実績

新年早々に起きたアップルショック(フラッシュクラッシュ)で38万円の荒稼ぎ。上々のスタートとなりました。

11月に含み損の膨らんでいたトルコリラ/円と南アフリカランド/円を100万円ずつ損切り。

12月には浮いた資金で豪ドル/米ドル、ユーロ/米ドル、メキシコペソ/円の運用を開始しました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月3,000,000380,16530,125-6,339,058-3,227,469
2月063,70221,430-6,851,487-3,654,766
3月049,93817,227-7,360,205-4,096,319
4月2,000,00077,43118,683-7,304,572-3,944,572
5月0106,9371,796-8,193,691-4,724,958
6月078,193-4,393-7,645,294-4,102,761
7月038,164404-7,857,179-4,276,078
8月0208,499-31,858-9,718,542-5,960,800
9月0117,334-1,825-9,040,302-5,167,051
10月0140,498-6,820-8,549,126-4,542,197
11月0-2,025,63370,797-6,116,492-4,064,399
12月095,440-17,969-5,464,418-3,334,854
合計0-669,33297,597

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYCAD/JPYNZD/USDAUD/USDEUR/USDZAR/JPYTRY/JPYMXN/JPY
1月70,8500125,840126,52055,8601,09500000
2月17,60002,00012,40019,19012,51200000
3月5,200013,00011,80013,0706,86800000
4月20,3100016,20016,35024,57100000
5月0027,39862,6064,40012,53300000
6月2,194030,18020,91813,27711,62400000
7月13,04904,9473,54013,1563,47200000
8月18,38222,07146,34673,59110,47637,63300000
9月28,39434,7232,83020,03825,3206,02900000
10月27,45236,1167,67221,75034,49513,01300000
11月4,2812,8979365,33802,41900-1,022,854-1,018,6500
12月25,18217,022010,02813,37416,3467,0874,201002,200
合計232,894112,829261,149384,729218,968148,1157,0874,201-1,022,854-1,018,6502,200
 

2018年のトラリピ運用実績

順調に利益を積み上げていましたが、8月のトルコショックでトルコリラ/円が大暴落。

トルコリラ/円を160万円損切りしました。

12月にはカナダドル/円の運用を開始しました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月014,22057,203-3,822,860-494,957
2月014,00049,533-4,549,280-1,157,844
3月015,00050,638-4,892,160-1,435,086
4月020,00046,563-5,165,030-1,641,393
5月045,88052,082-5,942,590-2,320,991
6月045,60047,691-6,716,810-3,001,920
7月042,80053,997-6,232,390-2,420,703
8月0-1,582,26046,184-7,273,670-4,998,059
9月056,20037,014-6,101,470-3,732,645
10月018,80046,789-6,772,990-4,338,576
11月087,52039,273-5,319,580-2,758,373
12月0106,74033,352-7,234,900-4,533,601
合計0-1,115,500560,319

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYCAD/JPYZAR/JPYTRY/JPY
1月7,000007,220000
2月6,000006,00002,0000
3月7,000008,000000
4月7,0000013,000000
5月32,2800013,600000
6月28,8000016,800000
7月24,4000018,400000
8月9,1400012,40000-1,603,800
9月29,8000026,400000
10月6,0000012,800000
11月36,3200051,200000
12月9,080040,76050,7206,18000
合計202,820040,760236,5406,1802,000-1,603,800
 

2017年のトラリピ運用実績

2017年は平和な1年でした。

年初に-265万円だった時価残高も12月には-62万円にまで回復しました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月014,00057,392-5,025,280-2,653,108
2月020,00051,036-4,507,200-2,063,992
3月016,00060,458-5,143,470-2,623,804
4月08,96058,454-5,140,120-2,553,040
5月019,00071,672-4,932,860-2,255,108
6月025,00067,123-4,289,930-1,520,055
7月019,00069,994-4,661,060-1,802,191
8月014,00067,245-4,596,380-1,656,266
9月021,00061,559-4,767,920-1,745,247
10月05,02068,935-5,579,840-2,483,212
11月05,00058,581-5,614,440-2,454,231
12月044,00052,271-3,878,610-622,130
合計0210,980744,720

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYZAR/JPYTRY/JPY
1月13,000001,00000
2月10,00000010,0000
3月8,0000008,0000
4月4,400004,56000
5月2,0000017,00000
6月13,0000012,00000
7月19,00000000
8月10,000004,00000
9月12,000009,00000
10月3,000002,02000
11月1,000004,00000
12月15,0000015,00014,0000
合計110,4000068,58032,0000
 

2016年のトラリピ運用実績

1月の世界同時株安、6月のブレグジットで評価損が700万円を超えました。

12月のトランプショックで相場は荒れましたが、最終的に評価損も440万円ほどに戻りました。

トルコリラ/円、南アフリカランド/円の決済はありませんでしたが、スワップポイントが膨らみ、約137万円の利益となりました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月2,000,00084,38086,210-4,817,870-3,712,772
2月057,00091,035-6,651,450-5,398,317
3月073,00080,894-4,969,170-3,562,143
4月039,58077,868-5,954,690-4,430,215
5月010,00094,924-6,792,800-5,163,401
6月1,000,00052,00082,034-7,452,120-5,688,687
7月030,00073,461-7,057,490-5,190,596
8月010,00072,933-7,387,190-5,437,363
9月06,00058,823-7,026,640-5,011,990
10月010,00061,350-6,154,270-4,068,270
11月069,11057,542-5,063,960-2,851,308
12月028,00060,128-4,398,150-2,097,370
合計3,000,000469,070897,202

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYZAR/JPYTRY/JPY
1月47,1400037,24000
2月23,0000034,00000
3月40,0000033,00000
4月21,5800018,00000
5月00010,00000
6月1,0000051,00000
7月1,0000029,00000
8月00010,00000
9月0006,00000
10月00010,00000
11月22,0000047,11000
12月15,0000013,00000
合計170,72000298,35000
 

2015年のトラリピ運用実績

8月のチャイナショックで約140万円の損切り。

最後まで取り戻すことはできまず、トラリピ運用4年目で初となる年間収支マイナスとなりました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月084,54024,877-1,352,93026,736
2月095,05036,665-1,074,460436,921
3月076,27046,817-1,427,850206,618
4月090,00057,136-1,426,510355,094
5月070,00053,666-1,183,060722,210
6月035,00056,436-1,569,440427,266
7月071,30068,685-2,151,850-15,159
8月1,600,000-1,424,51076,452-2,597,350-1,808,717
9月400,000-359,00085,569-3,364,800-2,849,598
10月083,00082,041-2,697,000-2,016,757
11月041,45081,973-2,865,620-2,061,954
12月050,01080,832-4,285,160-3,350,652
合計2,000,000-1,086,890751,149

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYZAR/JPYTRY/JPY
1月26,19017,35009,00030,0002,000
2月25,0000035,05034,0001,000
3月14,0009,270022,00028,0003,000
4月29,0002,000021,00037,0001,000
5月14,000006,00026,00024,000
6月10,000003,00014,0008,000
7月14,3000020,00028,0009,000
8月-518,870-290,0000-328,940-293,7007,000
9月25,0000027,000-411,0000
10月28,0000036,0009,00010,000
11月12,000003,0007,00019,450
12月19,0100024,00007,000
合計-302,370-261,3800-122,890-491,70091,450
 

2014年のトラリピ運用実績

トラリピの運命を変えたのがこの2014年です。

年初に230万円を入金し、トラリピに本腰を入れ始めました。

ただ、スワップポイントに目がくらみ、南アフリカランド/円とトルコリラ/円を始めてしまったことが後の大損につながります。

スワップポイントは増えたもののそれ以上に評価損が膨らみ始めました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月2,300,00068,150-9,034-605,960-81,234
2月053,000-3,552-744,650-170,476
3月069,080-7,488-927,930-292,164
4月026,000-10,107-901,520-249,861
5月022,000-8,681-749,790-84,812
6月022,000-8,677-778,480-100,179
7月019,000-10,493-702,760-15,952
8月052,000-3,915-696,30038,593
9月071,000-1,216-797,7706,907
10月0169,09013,153-832,110154,810
11月0151,9804,385-1,184,880-41,595
12月0110,00016,964-1,236,63033,619
合計2,300,000833,300-28,661

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYPNZD/JPYZAR/JPYTRY/JPY
1月32,00020,150016,00000
2月25,00010,000018,00000
3月35,0806,0008,00020,00000
4月6,00012,0004,0004,00000
5月8,0007,00007,00000
6月6,0007,00009,00000
7月6,0008,00005,00000
8月14,0004,00010,0003,00021,0000
9月10,00010,00026,00015,00010,0000
10月36,0906,000025,00066,00036,000
11月24,04011,000038,02052,00026,920
12月12,0000025,00039,00034,000
合計214,210101,15048,000185,020188,00096,920
 

2013年のトラリピ運用実績

トラリピ運用2年目は少しずつ運用資金を増やしました。

コツコツ利益を積み上げる一方でポジションも増え、評価損が100万円を超えました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月01,500-1,934-93,460127,404
2月200,00027,290-3,019-52,820192,315
3月100,00030,340-3,038-81,860190,577
4月03,500-4,793-224,54046,604
5月300,00035,000-5,209-209,44091,495
6月067,000-3,256-155,240209,439
7月034,320-4,856-170,720223,423
8月039,000-3,128-159,680270,335
9月200,00022,160-6,233-300,210145,732
10月014,000-7,632-357,68094,630
11月015,000-7,671-638,140-178,501
12月200,00015,100-9,129-1,032,920-567,310
合計1,000,000304,210-59,898

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYP
1月5001,0000
2月1,00026,2900
3月5,73024,6100
4月1,5002,0000
5月23,00012,0000
6月31,00036,0000
7月20,32014,0000
8月28,00011,0000
9月14,1608,0000
10月9,0005,0000
11月8,0007,0000
12月12,1003,0000
合計154,310149,9000
 

2012年のトラリピ運用実績

為替コヤジのトラリピ元年。トラリピをやっている人はあまり見かけませんでした。

50万円で豪ドル/円のトラリピを開始し、その後、ユーロ/円と米ドル/円も追加しました。

順調に利益を積み上げていましたが、5月のスペイン危機で評価損が一気に膨らみましたが、年末にはプラスで終えることができました。

 入出金売買損益スワップ損益評価損益時価残高
1月500,0004,420120-13,020-8,480
2月010,500720-4,00011,760
3月021,500113-3,57033,803
4月010,8902,826-31,60019,489
5月200,00015,0507,628-271,280-197,513
6月042,0207,601-58,88064,508
7月010,0005,281-52,71085,959
8月04,0003,938-79,69066,917
9月09,0004,421-79,95080,078
10月012,0005,038-39,330137,736
11月010,5002,529-3,090187,005
12月031,100103-3,090218,208
合計700,000180,98040,318

 

下記の+をクリックすると通貨別の運用実績をご覧いただけます。

通貨別運用実績
 AUD/JPYEUR/JPYUSD/JYP
1月4,42000
2月4,5005,0001,000
3月6,50013,0002,000
4月10,89000
5月15,05000
6月42,02000
7月10,00000
8月4,00000
9月9,00000
10月12,00000
11月10,50000
12月5,00026,1000
合計133,88044,1003,000
 

 

為替コヤジ
為替コヤジ

為替コヤジは今でこそ1,400万円でトラリピを運用していますが、最初は50万円で始めています。

為替コヤジのこれまでの失敗をまとめましたのでトラリピを開始する前に読むことをおすすめします。

トラリピで失敗することがなくなります。

 

トラリピの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トラリピの公式サイトはこちら

 

現在のトラリピ設定

現在は下記の12通貨ペアで運用しています。

  • 米ドル/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/円
  • ユーロ/英ポンド
  • 豪ドル/米ドル
  • ユーロ/米ドル
  • 英ポンド/円
  • 英ポンド/米ドル
  • 豪ドル/NZドル

 

現在のトラリピ設定

現在のトラリピ設定は以下の通りです。通貨ペアをクリックすると詳細な設定内容と予算別のトラリピ設定を見ることができます。

通貨ペア売買数量レンジ間隔利益金額
米ドル/円
1,000ベース:75.10~99.90
コア:90.20~100.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
1,000ベース:100.10~124.90
コア:100.20~110.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
ユーロ/円
1,000ベース:90.10~124.90
コア:115.20~125.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
1,000ベース:125.10~159.90
コア:125.20~135.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
ユーロ/米ドル1,000ベース:1.0010~1.2490
コア:1.1520~1.2500
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
1,000ベース:1.2510~1.49900
コア:1.2520~1.3500
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
豪ドル/円
1,000ベース:60.10~79.90
コア:75.20~80.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
1,000ベース:80.10~99.90
コア:80.20~85.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
豪ドル/米ドル
1,000ベース:0.5510~0.7990
コア:0.7520~0.8000
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
1,000ベース:0.8010~1.0490
コア:0.8020~0.8500
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
NZドル/円
1,000ベース:50.10~69.90
コア:65.20~70.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
1,000ベース:70.10~89.90
コア:70.20~75.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
NZドル/米ドル
1,000ベース:0.5010~0.6490
コア:0.6020~0.6500
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
1,000ベース:0.6510~0.7990
コア:0.6520~0.7000
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
カナダドル/円
1,000ベース:70.10~94.90
コア:85.20~95.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
1,000ベース:95.10~119.90
コア:95.20~105.00
ベース:0.2円
コア:0.1円
1,000円
英ポンド/円
1,000ベース:110.10~149.70
コア:140.30~149.90
ベース:0.4円
コア:0.2円
1,000円
1,000ベース:150.10~189.70
コア:150.30~159.90
ベース:0.4円
コア:0.2円
1,000円
英ポンド/米ドル
1,000ベース:1.1010~1.3990
コア:1.3020~1.4000
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
1,000ベース:1.4010~1.6990
コア:1.4020~1.5000
ベース:0.002ドル
コア:0.001ドル
10ドル
豪ドル/NZドル
1,000ベース:1.0010~1.0700
コア:1.0410~1.0700
0.001NZドル8NZドル
1,000ベース:1.0710~1.1400
コア:1.0710~1.1000
0.001NZドル8NZドル
ユーロ/英ポンド
1,000ベース:0.7010~0.8290
コア:0.7820~0.8300
ベース:0.002英ポンド
コア:0.001英ポンド
8英ポンド
1,000ベース:0.8310~0.9590
コア:0.8320~0.8800
ベース:0.002英ポンド
コア:0.001英ポンド
8英ポンド
【2022年保存版】為替コヤジおすすめのトラリピ設定を完全公開
この記事ではこの記事ではトラリピの運用方針から全12通貨ペアのトラリピ設定、必要資金、開始タイミングなどを解説しています。トラリピ設定は難しいと悩んでいませんか?実はトラリピ設定は4つのポイントを守れば誰でも簡単に設定できます。トラリピ歴10年の為替コヤジが実践しているトラリピ設定を全て伝授します!

トラリピの設定変更履歴

最初は豪ドル/円の1通貨ペアで開始し、徐々に通貨ペアを増やしました。

時期通貨ペア数通貨ペアの追加と停止
2012年1月1豪ドル/円を追加
2012年2月3米ドル/円、ユーロ/円を追加
2014年1月4NZドル/円を追加
2014年8月5南アフリカランド/円を追加
2014年10月6トルコリラ/円を追加
2015年11月5南アフリカランド/円がレンジ外(実質停止)
2015年12月4トルコリラ/円がレンジ外(実質停止)
2018年12月5カナダドル/円を追加
2019年1月6NZドル/米ドルを追加
2019年12月9豪ドル/米ドル、ユーロ/米ドル、メキシコペソ/円を追加
2020年3月8メキシコペソ/円を停止
2020年9月10英ポンド/円、英ポンド/米ドルを追加
2020年10月11豪ドル/NZドルを追加
2021年5月12ユーロ/英ポンドを追加
2022年3月12全通貨ペアの新規注文を停止
2022年8月12豪ドル/NZドルを再開

 

通貨選びに関しては「トラリピにおすすめの通貨ペアはこの3つ!逆にNGなのは?」で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

トラリピは正しい設定をすれば暴落が荒稼ぎをするチャンスになります。

暴落をチャンスに変える設定については 「○○ショックのような大暴落でも疲弊せず、荒稼ぎできるトラリピ設定のやり方」で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

2021年5月途中で豪ドル/NZドルを除き、コアレンジの運用を停止し、5月~7月で運用資金300万円を出金しました。7月末の運用資金は1,400万円です。

 

いつトラリピを開始すべきか?

為替コヤジのトラリピ運用方針はロスカットせずに利益を積み上げていくのでできるだけ早く始めるのが理想です。

ただし、厳密にはもっと始めるのに適切なタイミングというものがあります。それは価格がレンジの天井か、あるいは底に近づいた時です。

 

トラリピ開始タイミング

 

例えば豪ドル/円の買いトラリピの場合、レンジの底である70円近辺で始めると上がる可能性が高いので安値で仕込むことができます。

逆に下がっても70円近辺なら下落は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

 

一方、売りトラリピの場合、レンジの天井である100円近辺で始めると下がる可能性が高いので高値で仕込むことができます。

逆に上がっても100円近辺なら上昇は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

中央値である85円近辺で始めた場合、しばらくの間、85円近辺をウロウロしてくれれば利益を積み上げてくれますが、始めた直後に一方向に動き出すと大量の含み損を抱えることになります。

したがってトラリピを始めようと思っている通貨ペアがレンジの天井か、底に近づいているなら今がチャンスです。

 

トラリピの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トラリピの公式サイトはこちら

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

 

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金
為替コヤジ
為替コヤジ

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。

 

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

 

為替コヤジはブログ以外にもTwitterやIntagramで週次実績やほったらかし投資で稼ぐコツを発信していますのでフォローしてみよう!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました