トップページ

為替コヤジのFX自動売買とは?

「ほったらかし投資」をコンセプトとする投資メディア「為替コヤジのFX自動売買」は、資産運用に関心がある投資初心者向けにFXやETFの自動売買、つみたてNISA、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディング、仮想通貨などに関する最新ニュースやコラム、投資ノウハウなどを配信しています。

また為替コヤジ自身が実際に運用しているサービスの設定や実績も公開していますので、是非あなたの資産運用にお役立て下さい。

投資経験ゼロでも大丈夫!ほったらかし投資とは?

お金を増やしたいと思っても『時間がない』『やり方が分からない』『面倒くさい』というように投資に尻込みしてしまっている人は多いはず。資産運用に興味があってもその方法がわからない人のために投資経験ゼロでもできるほったらかし投資を紹介します。

為替コヤジが考えるほったらかし投資の条件は以下の3つです。

一度お金を投資してしまえば放っておける
 
投資経験・知識がなくてもマネできる
 
少額からローリスクで始められる

まず多忙なサラリーマンや主婦が投資に充てられる時間はわずかです。毎日チャートやニュースをチェックしている暇はありません。一度設定していまえばあとは何もしなくてもお金が勝手に貯まっていくのが理想です。

また投資経験や知識・スキルが求められる投資は除外します。上手に儲けている人のマネをするだけで同じように儲けられる、再現性のある投資でなければなりません。

さらに投資初心者がいきなり100万円も投資するのは怖いので最初は数万円から多くても数十万円の投資で始められるサービスを選んでいきます。

為替コヤジのおすすめほったらかし投資9選

ほったらかし投資歴8年の為替コヤジが実際に取り組んでいるほったらかし投資を紹介します。

ほったらかし投資種類内容
トラリピ
[マネースクエア]
FX広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文
トライオートFX
[インヴァスト証券]
FX狭い範囲に注文を集中させ短期で利益を上げるリピート注文
シストレ24
[インヴァスト証券]
FXハイリスク&ハイリターンのFX自動売買
トライオートETF
[インヴァスト証券]
ETF狭い範囲に注文を集中させ短期で利益を上げるリピート注文
株価指数CFD積立
[GMOクリック証券]
CFD米国S500とイギリス100を毎月積み立てて売買差益と配当を狙う
スワップ積立
[セントラル短資FX]
FXメキシコペソ/円を毎月積み立てて売買差益とスワップ金利を狙う
つみたてNISA
[楽天証券]
投資信託楽天・全米株式株式インデックス・ファンドを毎月積み立てる
仮想通貨積立
[Coincheck]
仮想通貨ビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月積み立てて売買差益を狙う
ソーシャルレンディング
[Funds(ファンズ)
]
ソーシャルレンディング10万円×10案件に融資し、年率5~7%の分配金を狙う

1. トラリピ

言わずと知れたリピート注文の元祖。下がったら買う、上がったら売るを自動で繰り返してくれるマネースクエアのFX自動売買サービスです。資金管理さえしっかり行えば初心者でも比較的容易に取り組むことができます。

失敗しないコツはトルコリラ/円のような右肩下がりの通貨ペアを選ばないこと、成功のコツは過去20年の最安値から最高値まで万遍なくトラップを仕掛けておくこと。暴落をチャンスに変えることができると大きく稼ぐことができます。

とにかく資金量がモノを言うサービスなので最低30万円、理想は100万円用意してから開始することをお勧めします。

運用期間は10年くらいの長期で考えて下さい。

トラリピの口座開設はこちら

2. トライオートFX

使い方次第で短期運用も長期運用も可能なインヴァスト証券のFX自動売買。売買ロジックを自分で組み上げることも可能ですが、「自動売買セレクト」から出来上がった売買ロジックを選ぶのが簡単です。

ただ、「自動売買セレクト」は短期売買用の売買ロジックなのでトラリピのように完全放置するにはリスクがあります。ほったらかし運用をするならトラリピにはない通貨ペア、例えばユーロ/英ポンドや豪ドル/NZドルなどでトラリピと同じ設定をすると良いでしょう。

トライオートFXの口座開設はこちら

3. シストレ24

インヴァスト証券が提供するミラートレーダーです。トラリピと比べてハイリスク&ハイリターンです。選んだストラテジー次第で1年で資産が倍増することもあれば、資産を失うこともあります。

ミラートレーダーを適宜ストラテジーを入れ替えることが定石とされていて自分でストラテジーを入れ替えることもフルオートに自動で入れ替えてもらうこともできますが、実はQuickShiftというストラテジーを使い続けた方が安定して利益を上げることができます。

シストレ24の口座開設はこちら

4. トライオートETF

トライオートETFは上記3つとは違い、ETFを対象とした自動売買です。ETFの中でもナスダック100指数の3倍動くよう設計されたナスダック100トリプルで取引をしていますが、トライオートFXと同様に「自動売買セレクト」から出来上がった売買ロジックを選ぶのが簡単です。

トライオートETFの口座開設はこちら

5. 株価指数CFD

CFDとは、為替や株式、株価指数、原油や金などの商品など様々な資産に投資することができる金融商品のことです。その中で為替に投資するものがFXと呼ばれていますが、為替コヤジはS&P500とFTSE100を積み立てています。

いずれも右肩上がりのチャートになっていますが、キャピタルゲイン(決済益)だけでなく、インカムゲイン(配当益)も狙うことができます。

株価指数CFDはいくつかの証券会社で購入することができますが、コストを考えるとGMOクリック証券一択となります。

株価指数CFD(GMOクリック証券)の口座開設はこちら

6. スワップ積立

FXを保有することで得られるスワップポイント狙いの積立投資です。高金利通貨はトルコリラや南アフリカランドなどいくつかありますが、値下がりリスクの一番小さいメキシコペソを積み立てています。

スワップポイントは各FX会社でまちまちですが、安定してスワップ金利の高いセントラル短資FXで積立を行っています。

ただし、スワップポイントは減少傾向にあるので以前ほどの旨味は失われつつあります。

スワップ積立(セントラル短資FX)の口座開設はこちら

7. つみたてNISA

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。利用しない手はないですよね。

つみたてNISAは運用益が非課税になるので運用益を出さなければ意味がありません。そうであれば最もリターンが期待できる株式に100%割り当てるのが正解と言えます。そこで値上がり益が最も期待できそうな楽天・全米株式株式インデックス・ファンドを積み立てています。

証券会社は楽天証券かSBI証券の二択になると思いますが、為替コヤジは楽天経済圏で生活しているので迷わず楽天証券を選びました。

つみたてNISA(楽天証券)の口座開設はこちら

8. 暗号資産(仮想通貨)積立

為替コヤジが密かに期待しているのがこの暗号資産(仮想通貨積立)です。一時の過熱ぶりも冷め、周りで仮想通貨の話をする人もほとんどいなくなりましたが、そんな今こそひっそりと仕込むチャンスです。

しかもネットを色々探してみると2020年以降明るい見通しが多いことが分かります。

とはいいながら実体のない仮想通貨が無価値になる可能性がないとは言えないので仮想通貨の中では堅実に時価総額の高いビットコイン、イーサリアム、リップルだけを毎月買い増ししています。

仮想通貨取引所はリスク分散のための複数に分けて積み立てることをお勧めします。為替コヤジはコインチェック、GMOコイン、bitbankを使い分けています。

暗号資産積立(コインチェック)の口座開設はこちら

9. ソーシャルレンディング

為替コヤジが2020年、最も力を入れたいのがソーシャルレンディングです。簡単に言えば資金を融資して利益をもらうサービスです。上記の投資とは含み損を抱えることがないのが魅力です。

当然、返済遅延やデフォルトといったリスクはありますが、融資先をきちんと選べば年利5~7%は狙えます。

ただ人気の案件はすぐに締め切られてしまうので複数のソーシャルレンディング会社に口座開設しておいてチャンスを広げるのがコツです。クラウドクレジット、クラウドバンク、SBIソーシャルレンディングは口座開設必須です。

ソーシャルレンディング(クラウドバンク)の口座開設はこちら

 

<2020年8月>運用成績

2020年8月の運用成績は以下の通りです。設定内容も公開していますので参考にして下さい。

サービス月間損益設定内容
トラリピ-188.0万円トラリピ設定
トライオートFX+1.1万円コアレンジャー
シストレ24±0.0万円QuickShift

『FXシストレ大百科』でFX自動売買全40サービスを一挙紹介

姉妹ブログ「FXシストレ大百科」では国内40のFX自動売買サービスを解説しています。是非あなたに合うFX自動売買を見つけて下さい。

FXシストレ大百科
忙しいあなたに代わって24時間自動売買これまで自分の感覚や経験に頼る裁量トレードで負け続けて来たあなたにオススメしたいのがシステムトレード(自動売買)です。個人の裁量を排除したシステムトレードなら勝ち続けているトレーダーをそっくりそのまま真
タイトルとURLをコピーしました