ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)で年利36%稼ぐスゴ技

スワップ投資

流行のユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の半自動売買について知りたい。どれくらいの利益を見込めるのですか?

今回はユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の半自動売買をやってみたいけど、やり方ががイマイチ分からなく、どれくらい儲かるのか気になっている方に向けて、為替コヤジが実際に運用している設定や実績について詳しく解説します。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選6種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

 

本記事の内容

  • ポーランドズロチとは?
  • ポーランドズロチの“変則”スワップサヤ取りのやり方
  • ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の半自動売買のやり方

 

本記事を読み終えるとポーランドズロチの稼ぎ方が理解でき、今日から運用を開始することができます。

ポーランドズロチとは?

main_title

ポーランドズロチ(PLN)は、ポーランドの独自通貨で、2004年のEU加盟以降もズロチを使い続けています。

近年の経済状況は好調で、EU内で唯一2008年の欧州債務危機以降もプラス成長を維持しています。直近も、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、マイナス2.7%に減速したが、他のEU諸国と比較すると影響は限定的で、2021年通年での実質GDP成長率は5.12%と高水準となっています。

政策金利については、ECBが非伝統的な金融政策を導入し0.0%にとどまる中、ポーランドの政策金利は2015年3月以降1.5%で推移していましたが、2022年1月に2.25%に引き上げられました。

“変則”スワップサヤ取りとは?

通常、スワップ金利のサヤ取りは同一の通貨をあるFX会社で買い、別のFX会社で売ることでスワップ金利の差額を手に入れます。

同じ通貨ペア同数を片方のFX会社で買い、もう片方のFX会社で売るので為替変動の影響を受けなくなります。

例えばある通貨ペアのスワップ金利が以下のような状態の場合には為替リスクを気にせず、差額の20円を手に入れることができます。

  • A社 買いスワップ 120円
  • B社 売りスワップ -100円

このように一般的なスワップサヤ取りは同一の通貨をロング&ショートしますが、今回紹介するポーランドズロチとユーロのスワップサヤ取りは異なる通貨をロング&ショートするため、“変則”スワップサヤ取りと呼んでいます。

下記のチャート(TradingView)はズロチ/円とユーロ/円の過去5年間の週足ですが、見分けがつかないほど似ていますね。

このため、異なる通貨ペアでも為替変動の影響を受けないスワップサヤ取りが実現できるのです。

plnjpy

eurjpy

この変則スワップサヤ取りができるのはFXプライム byGMOだけですので以降はFXプライム byGMOを前提に話をします。

FXプライムのトルコリラ

実態はEUR/PLNのショート

実はポーランドズロチ/円を買ってユーロ/円を売るということは

  • 円を売ってポーランドズロチを買う
  • ユーロを売って円を買う

ということを意味します。つまり実態はユーロを売ってポーランドズロチを買っている=EUR/PLNのショートをしているというわけです。

2019年3月22日現在、ユーロ/円は約124円、ポーランドズロチ/円は29円なので

124 ÷ 29 = 約4.3

となります。

EUR/PLNのチャートを見てみると約4.3となっていることが分かりますね。

eurpln

ポーランドズロチとユーロのスワップサヤ取りでいくら稼げるか?

前述の通り、ユーロ/円:ポーランドズロチ/円は1:4.3となっていますので

  • ユーロ/円:1万通貨ペア
  • ポーランドズロチ/円:4万3,000通貨ペア

の比率で購入すると為替差損がなくなります。

必要証拠金を計算してみるとユーロ/円とポーランドズロチ/円合わせて約10万円となります。ロスカットラインは80%なので8万円とします。

通貨ペア 価格 数量必要証拠金 
ユーロ/円  124円10,000通貨49,600円
ポーランドズロチ/円  29円43,000通貨49,880円

つぎにロスカットを回避するために想定される評価損を計算してみます。

先ほどのユーロ/ズロチのチャートを見ると2004年2月に1ユーロ=約5ズロチとなっています。そのため、1:4.3から1:5まで評価損が拡大する可能性があると想定してします。

つまりズロチ/円が29円から25円まで下落するとほぼ1:5となりますので

4円 × 4.3万通貨 = 約17万円

の評価損を加味すればロスカットを回避できることになります。

eurpln

したがって必要証拠金8万円と評価損17万円の合計額である25万円が必要となります。

2019年3月22日現在、ユーロ/円の売りスワップは2円、ポーランドズロチ/円の買いスワップは15円となっています。

資金27万円に対して1日当たりのユーロ円の売りスワップが2円、ポーランドズロチ/円の買いスワップは64.5円(15円 × 4.3万通貨)となります。年間で合計24272円となりますので年利9.7%が見込めます。

ポーランドズロチとユーロの“変則”スワップサヤ取りのメリット・デメリット

最大のメリットは資金移動が不要という点です。

通常のスワップサヤ取りの場合、片方のFX口座ではマイナススワップが発生するため、プラススワップのFX口座から資金を移す手間が生じますが、ポーランドズロチとユーロの“変則”スワップサヤ取りはFXプライム byGMOだけで完結するので資金移動の必要がありません。

デメリットは為替差損が発生する可能性がある点です。

前述のように実態はユーロ/ズロチのショートなので同一通貨のロングとショートを同時に行う純粋なスワップサヤ取りと異なり、為替差損というリスクがあります。

 

FXプライム byGMOはトルコリラ/円や南アフリカランド/円のスワップも高水準となっています。スワップ投資に興味がある方は口座開設してみてはいかがでしょうか?

>>FXプライム byGMO(公式サイト)

ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の半自動売買+スワップ戦略

スワップサヤ取り以上に簡単にもっと稼げるのが『ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の半自動売買+スワップ戦略』です。

IG証券ではユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の取扱いがあるのでこれを使って上手く売買益とスワップ益を狙うことができます。

 

上記チャートはユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の月足ですが、2004年3月につけた最高値4.94を17年間超えていません。

また、ここ2年でみると高値・安値共に切り上がっていることがわかります。

 

さらに直近5年のチャートを見てみると2年間の間に急騰・急落を繰り返していることも分かります。

この値動きを利用するなら急騰した時に売りで入り、急落で決済するという半自動売買がおすすめです。

さらにIG証券のユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の売りスワップはかなり好条件なので売りエントリー後、しばらく決済されなくてもスワップ益を稼ぐことができます。

 

具体的には高値が切り上がっているので、為替コヤジは

  • 4.7売り⇒4.6買い(1万通貨)
  • 4.8売り⇒4.7売り(2万通貨)

を仕掛けています。4.7くらいなら上昇余地が少ないのでリスクも低くなります。4.6だと少し早いかなと思います。

逆に4.8を超えるようなら4.9で3万通貨の売りを仕掛けたいと思います。

ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)でいくら稼げるか?

損切りラインを最高値より少し上の5.0とした場合、1万通貨当たり、いくら必要かというと以下のようになります。

為替コヤジの場合、4.7売りが1万通貨、4.8売りが2万通貨なので合計38万1,600円必要となります。

0.1下がったところで決済すると1万通貨あたり3万円の利益となります(ズロチ/円=30円で計算)。3万通貨が決済されると9万円となります。

年に1回だけしか決済されなくても38万円の投資で9万円の利益だと年利24%になります。

さらに売りスワップは日よって多少ばらつきがありますが、最近では1万通貨当たり60円くらいつくので付与日数260日で計算すると1年で15,600円となります。

3万通貨保有することになるのでスワップ益は15600円×3(万通貨)÷38万円=12.3%

決済益と合わせると年利36%くらいになります。急騰・急落が年2回くると年利60%になります。

  • 決済益:年利24%
  • スワップ益:年利12%

 

IG証券の発注画面は以下のようになります。

【4.7で売って4.6で決済する場合】

指値は価格ではなく、値幅(pips)になるのでそこだけ注意して下さい。

ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)のメリット・デメリット

IG証券のFX口座だけで完結するので前半で紹介した“変則”スワップサヤ取りと比べて手間がかかりません。

その上、利益率もユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)のほうが圧倒的に上です。

デメリットはチャンスが訪れないリスクと上抜けしてしまうリスクですが、上抜けリスクはスワップをもらいながら下がるのを待てばいいだけなのでそれほど心配はしていません。

ただ、いつまでも有効な手法ではないので参戦はお早めに。

 

ユーロ/ポーランドズロチ(EUR/PLN)の急騰・急落は突然やって来るので事前にIFD注文を仕掛けておきましょう。

IG証券の口座開設はこちら

 

ちなみに為替コヤジはIG証券のノックアウト・オプションを使って億り人チャレンジをしています。詳細は「【実績公開】IG証券のノックアウト・オプション(ナスダック100)で“億り人”チャレンジ!」をご覧ください。

 

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

FXシストレ大百科
忙しいあなたに代わって24時間自動売買これまで自分の感覚や経験に頼る裁量トレードで負け続けて来たあなたにオススメしたいのがシステムトレード(自動売買)です。個人の裁量を排除したシステムトレードなら勝ち続けているトレーダーをそっくりそのまま真

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。11通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFX広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。トラリピで取扱いのない通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
楽天カードの余り枠でiFreeレバレッジNASDAQ100も積立
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
QUOREA BTCビットコインの自動売買。ハイリスク&ハイリターン

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだ理由は入金力を上げるためです。

サラリーマンとしての本業をしっかりこなすことで昇給・昇格し、入金力が高まります。若いうちはとにかく入金力を高めて運用資金を増やすことに専念すべきです。

資金100万円で投資に時間や手間をかけて利率30%を達成しても利益はわずか30万円ですが、資金を2,000万円まで増やせれば利率10%でも200万円の利益です。

とにかく資金が少ないうちはできるだけ本業に専念して、運用資金を増やしましょう。

また本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。

アセットクラスもFX、株式、仮想通貨と分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。

 

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました