BitLending(ビットレンディング)とは?評判からメリット・デメリットまで徹底解説【240万円運用中】

仮想通貨レンディング

ビットコイン(仮想通貨)をガチホしてるだけではもったいないので一番利率の良い増やし方が知りたい。

長期保有目的でビットコイン(仮想通貨)を保有している人は多いと思いますが、口座やウォレットに寝かせているだけではもったいないので、仮想通貨を貸し出して増やしたいですよね?

以前から私はCoincheckの貸仮想通貨サービスを薦めていましたが、もっと高利率なBitLendingが始まったので詳しく紹介したいと思います。

Bit Lendingの無料口座開設はこちら

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

 

この記事でわかること
  • 国内最高利率の仮想通貨レンディングサービス『BitLending』について
  • BitLendingでビットコインを増やす方法
  • BitLendingのメリット・デメリット
  • BitLendingの評判
  • BitLendingの運用実績

 

本記事を読み終えるとBitLendingの始め方が分かり、放置しているだけで年利8%で仮想通貨が増えます。

仮想通貨をガチホしているだけは損しますよ!

 

仮想通貨(ビットコイン)で稼ぎたい方には、私が実践している3つの方法がおすすめです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【初心者必見】仮想通貨(ビットコイン)の稼ぎ方14選 おすすめはこの3つ

 

BitLendingの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>BitLendingの公式サイト

BitLending(ビットレンディング)とは?

BitLending(ビットレンディング)とは、J-CAMが提供するレンディングプラットフォームサービスです。

J-CAM(ジェイカム)は国内唯一の暗号資産専門誌『月刊 暗号資産』の企画・発行を行っている会社です。

コンビニや書店でこんな雑誌を見たことがあると思いますが、それです。

月刊暗号資産

そんな雑誌を作っている会社が仮想通貨のレンディングサービスを始めたという訳です。

>>BitLending(ビットレンディング)の公式サイトはこちら

 

BitLending(ビットレンディング)がスゴいのはその利率です。

なんとビットコインなら年利8%で利子がもらえます。100万円分のビットコインを預ければ1年で8万円分のビットコインがもらえるということです。

さらにビットコインだけでなく、イーサリアムも年利8%となっています。

 

ちなみに国内仮想通貨取引所ではCoincheckの年利5%が最も高いのでBitLending(ビットレンディング)のスゴさが分かると思います。

 

BitLendingの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>BitLendingの公式サイト

 

 

貸し出し資産に対して毎月貸借料が付与されて、自動で再貸し出しされます。掲載する年率は再貸し出しの複利的効果を考慮した年率です。

 

なんで出版社がこんな高利率で仮想通貨のレンディングサービスを提供できるか不思議に思いませんか?

その答えは公式サイトにありました。以下、引用します。

最高料率を実現出来る理由は『ユーザーへの還元率を高める為にプラットホーム側(弊社)の利益を削っている。』ということが一つ目に挙げられます。
また、弊社の場合、「月刊暗号資産」という国内唯一の仮想通貨の専門雑誌を運営して5年目になります。その事業基盤があるのでレンディング事業での利益率をある程度犠牲にすることが可能です。

つまり、雑誌の売上げがあるからレンディング事業の利益率を削ってユーザに還元しているからだそうです。

仮想通貨取引所はユーザーから借りた仮想通貨を自社サービス内で活用することが基本になるのに対し、BitLendingではユーザーから借りた仮想通貨を海外の暗号資産交換業者や機関投資家などへ再度貸出しをして運用します

BitLendingのプラットフォーム

なので、そもそも市場で収益を得る事を目的としているので仮想通貨取引所よりも良い条件を出せますが、さらに利益率を削ってまでユーザに還元しているというわけです。

 

ちなみに気になって調べてみたところ、「月刊暗号資産」の発行部数は毎号3万部らしいです。

BitLendingの無料口座開設はこちら

BitLendingの仕様

まずレンディングの対象となっている仮想通貨と最低貸出枚数、利率は以下の通りです。

仮想通貨最低枚数年利
BTC0.001 BTC8.0%
ETH0.1 ETH8.0%
USDT200 USDT8.0%
USDC200 USDC8.0%
DAI200 DAI8.0%

貸出期間は最短1ヶ月からとなっています。貸借料は毎月貸借元本に繰り入れ、月次複利運用することができます

1ヶ月経過後はいつでも返還可能で、貸し出している仮想通貨はBitLendingが返還請求を受理した翌日から7営業日以内に指定のアドレスのウォレットに着金します。

かなり速いです。

 

Coincheckの貸仮想通貨(レンディング)で承認されないという悩みも解決

BitLendingではユーザーから借りた仮想通貨を海外の暗号資産交換業者や機関投資家などへ再度貸出しをして運用します。

そのため、国内仮想通貨取引所のように貸し出しが中々成立しないということもなさそうです(あんまりBitLendingが流行ってしまうと同じになるかもしれませんが)。

結局、貸出が成立せず、仮想通貨を遊ばせておくと実質的に年利はどんどん下がることになるので貸し出しが成立しやすいというのも大きなメリットです。

BitLendingの無料口座開設はこちら

BitLending(ビットレンディング)のメリット・デメリット

BitLendingのメリットとデメリットについて解説します。デメリットもしっかりと理解しておきましょう。

BitLendingのメリット

まずはBitLendingのメリットから解説します。

国内最高利率8%

何と言ってもBitLendingの最大もメリットは利率の高さです。

国内の仮想通貨取引所も仮想通貨のレンディングサービスを提供していますが、BitLendingの8%は際立っています。

仮想通貨取引所年利(BTC)
BitLending8%
Coincheck最高5%
GMOコイン最高3%
bitbank最高3%

Coincheckなどは利率の良い長期預入を募集していないこともあります。

またレンディングを申請しても長期間待たされることがあるので仮想通貨がアイドルしてしまうことが多々あります。

結果的に国内仮想通貨取引所の年利は実質1%程度になってしまうことを考えるとBitLendingを選ばない選択しはありません。

 

年利8%がどれくらいすごいかというと、0.01BTC(約4万円)を10年間預けるとなんと2.15倍の8.6万円になります。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

今後のビットコインの値上がりを考えると10年後には10倍も見込めますね。

年利8%の複利運用シミュレーション

安心の国内レンディング会社である

海外ならもっと利率の高い仮想通貨取引所もありますが、得体のしれない業者に大事な仮想通貨を預けるのはとても不安です。

その点、BitLendingは身元のしっかりとした国内業者なので安心して仮想通貨を預けることができます。

 

また何かトラブルがあっても日本語で問い合わせることができるので英語が苦手な方でも安心です。

少額から始められる

ビットコインの預入最低枚数は0.01BTCなので執筆時点では約3万円から貸し出すことができます。

イーサリアムは0.1EHTからなので約2万円から貸し出すことができます。

返却が早い

貸出期間は最短1ヶ月となっていますので、預入から1ヶ月間は返却してもらうことができません。

ただし、1ヶ月経過後はいつでも送金手数料のみで返還可能で、貸し出している仮想通貨はBitLendingが返還請求を受理した翌日から7営業日以内に指定のアドレスのウォレットに着金します。

急に仮想通貨を売りたいと思っても1週間以内には仮想通貨が戻ってくるので売却のタイミングを逃すこともありません。

貸借契約が成立しやすい

執筆時点では貸借契約が成立しないということがないので申請して仮想通貨を送信すれば、すんなりとレンディングサービスを開始できます。

また返却申請をしない限り、レンディングが続くので再契約の手間もありません。

BitLendingのデメリット

当然、デメリットもあるのでデメリットを理解した上で運用してください。

実績が少ない

BitLendingの最大のデメリットは実績が少ないことです。

BitLendingは2022年2月に始まった、まだ若いサービスです。

なのでセキュリティ面や年利8%を維持できるか、など未知数な点があります。

また現在はレンディングが成立しないケースはないようですが、今後、利用者が増えてくるにつれ、サービスが一時停止になる可能性も考えられます。

送金手数料がかかる

Coincheckなどで購入した仮想通貨をBitLendingに送金する際に送金手数料がかかります。

また、返還請求時には下記の送金手数料もかかります。

BTC: 0.0005 BTC
ETH: 0.00625 ETH
USDT (TRC-20): 1 USDT
USDT (ERC-20): 35 USDT
USDC (TRC-20): 1 USDC
USDC (ERC-20): 35 USDC
DAI: 15 DAI

 

BitLending(ビットレンディング)の評判

BitLending(ビットレンディング)の評判についてSNSの口コミを集めてみました。

まず国内最高利率8%について好意的にとらえている方が多くいらっしゃいました。

注意点としては送金手数料に関する指摘が散見されました。

BitLendingは仮想通貨取引所ではないの事前にどこかの仮想通貨取引所で仮想通貨を購入してからBitLendingに送金する必要があります。

なので送金手数料が無料のGMOコインSBI VCトレードなどで購入するのおすすめです。

BitLendingの始め方(やり方)

BitLendingは仮想通貨取引所ではないので仮想通貨を購入することはできません。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

どこの仮想通貨取引所がいいか迷ったら多くのユーザが選んでいる、CoincheckbitFlyerGMOコインのいずれかを選べば問題ないと思います。

為替コヤジ
為替コヤジ

ちなみに為替コヤジはFTX Japanをメインの取引所としています。

仮想通貨取引所の利用者数グラフ
出所:PR TIMES

 

BitLendingのやり方は簡単です。

仮想通貨を購入したらBitLending公式サイトにアクセスし、ページ下の入力フォームからメールアドレスを登録します。

登録したメールアドレスに登録フォームのURLが届くので登録フォームに必要事項を記入します。

その後、運転免許証や個人番号カード、パスポートなど本人確認書類の画像を送ります。

本人確認が完了すれば暗号資産の送信アドレスがメールで届くのでBitLendingにビットコインやイーサリアムを送金すれば完了です。

 

追加で貸し出したい場合は、BitLendingにログインし、「暗号資産を貸し出す」をクリックするとBitLending 追加貸出申請フォームが表示されます。

 

Bit Lendingの無料口座開設はこちら

BitLending(ビットレンディング)の運用実績

2022年4月からBitLendingを使い始め、2022年9月時点でビットコイン0.298 BTC、イーサリアム8.93 ETHを預け入れています。

貸借開始日数量貸借料率累計貸借料
2022/04/230.00100000 BTC10%0.00003478 BTC
2022/07/240.00100000 BTC8%0.00000825 BTC
2022/09/060.29666422 BTC8%0.00000000 BTC
2022/09/228.93311657 ET8%0.00000000 ETH
為替コヤジ
為替コヤジ

FTX Japanと併用してレンディングしています。

 

>>BitLendingの申し込みはこちら

BitLendingの無料口座開設はこちら

まとめ:BitLendingはやらなきゃ損

ビットコインやイーサリアムを長期保有するならBitLendingはやらなきゃ損です。

年利8%なら10年で2.15倍になるので、仮に仮想通貨が半値になってしまってもプラスです。

また7月上旬にはBitLendingの正式版がリリースされており、使い勝手も向上しています。

是非この機会に申し込んでおきましょう。

>>BitLendingの申込みはこちら

 

USDTをレンディングして実質米ドルを年利8%で増やす裏技もBitLendingなら可能です。

 

ちなみに仮想通貨はあらかじめ準備しておく必要があります。ビットコイン、イーサリアムの購入はCoincheckがおすすめです。

>>Coincheckの申し込みはこちら

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金
為替コヤジ
為替コヤジ

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました