【為替コヤジも実践中】PancakeSwapでCAKEを量産するやり方・始め方

暗号資産

最近、SNSでよく目にするPancakeSwapについて知りたい。実際のところ、儲かるのですか?

今回は、PancakeSwapに興味があるけど、イマイチよく分からないという方に向けて、実際に為替コヤジがPancakeSwapをやってみたので仕組みからやり方、運用実績まで紹介します。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選6種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

 

この記事で分かること

  • PancakeSwapの仕組み
  • PancakeSwapのやり方・始め方
  • PancakeSwapのリスク
  • 為替コヤジのPancakeSwapの運用実績

 

本記事を読み終えるとPancakeSwapを知らなかった人も早速やってみたくなると思います。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組みを超ざっくり説明すると

PancakeSwap(パンケーキスワップ)という仮想通貨取引所に仮想通貨を預けると利息としてCAKEという仮想通貨がもらえる

というサービスです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、海外仮想通貨取引所のBinanceが提供しているBinance Smart Chain(バイナンス・スマート・チェーン)を利用した分散型取引所(DEX)です。

分散型取引所について下記記事をご覧ください。

仮想通貨取引の主役は分散型取引所(DEX)に!中央集権型取引所との違いとは?
中央集権型取引所であるCoincheck(コインチェック)のNEM流出事件で、図らずも注目を集めることになった分散型取引所(DEX)。 分散型取引所の特徴と注目の分散型取引所を紹介します。

 

Coincheckなどでも仮想通貨を預けると利子が付きますが、利率は最大でも年間5%です。

ところがPancakeSwapでは利率が70%超ととんでもないことになっています。

さらにすごいのが利息としてもらえるCAKEがぐんぐん値を上げているという点です。

CAKEは国内の仮想通貨取引では取扱いがないため、知名度はありませんが、時価総額は約7,400億円で仮想通貨全体では25位につけています。

CAKEの値動きを見ると2021年2月くらいから急騰していて、1年前は数ドルの価値しかなかったのに今は40ドルを超えています。

また利息としてもらったCAKEはPancakeSwapで預けておくと年利148%で増やすことができます。

為替コヤジ
為替コヤジ

もはや意味不明な速度で仮想通貨が増殖していきます。

PancakeSwapの仕組み

PancakeSwapでは2つの方法で仮想通貨を増やすことができます。

  • イールドファーミング
  • ステーキング

PancakeSwapでは2種類の仮想通貨を1:1で預けることでLPトークン(預かり証書みたいなもの)をもらえます。イールドファーミングは、このLPトークンを預けることでCAKEを貰う方法です(流動性マイニング)。

LPとは、Liquidity Providing(流動性提供)を指します。DEXに仮想通貨を預けることでDEX上での取引に扱える仮想通貨が増え、取引が活性化されます。つまり流動性が高まります。

もうひとつのステーキングはCAKEを預けることでCAKEを増やす方法です。

イールドファーミングでCAKEを手に入れ、そのCAKEをステーキングで増やすというサイクルを回すことでお金をがんがん増やしていきます。

PancakeSwapのやり方

PancakeSwapのやり方を事前準備と実践方法に分けて説明します。

PancakeSwapの事前準備

PancakeSwapを始める前に事前準備が必要です。

事前準備

まず必要になるのが仮想通貨を置いておくウォレット(電子財布)です。

CoincheckやGMOコインは仮想通貨を保管しておくことができますが、PancakeSwapには保管機能がないので別途ウォレットを用意する必要があります。

ウォレットはMETAMASK(メタマスク)が一般的なのでMETAMASKをPCにインストールします。METAMASKはスマホアプリもあるので一緒に用意しておきましょう。

次に必要になるのがBinance口座です。PancakeSwapで必要となるBNB(バイナンスコイン)はBinanceで購入(交換)するのでBinanceの口座も開設しておいてください。

海外仮想通貨取引所『BINANCE(バイナンス)』の4つの魅力と口座開設・取引方法
国内の仮想通貨取引所に慣れてきたら真っ先に口座開設しておきたいのがBINANCE(バイナンス)です。 ここではBINANCEの魅力から口座開設・取引方法まで解説しています。

 

Binanceではクレジットカードを使ってBNBを購入することもできますが、手数料がバカ高いのでCoincheckなど国内仮想通貨取引所で仮想通貨を買ってBinanceに送金し、BinanceでBNBに交換する方法がおすすめです。

PancakeSwapの実践方法

PancakeSwapは仕組みを理解してしまえば、それほど難しくはありませんが、手順が多くて面倒です。

大きな流れは以下のようになります。

  1. 国内仮想通貨取引所でビットコインを購入
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. Binanceでビットコイン→BNBに交換(購入)
  4. METAMASKにBNBを送金
  5. METAMASKとPancakeSwapを接続
  6. PancakeSwapでBNBの半分→CAKEに交換(購入)
  7. PancakeSwapでBNBとCAKEでLPトークンを購入
  8. PancakeSwapでLPトークンを預ける
  9. PancakeSwapでもらったCAKEを収穫する
  10. PancakeSwapで収穫したCAKEをステーキング

PancakeSwapの詳細な手順についてPoinPartnerが一番わかりやすいと思います。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・利回り・リスク・特徴・具体的な儲け方を解説! | CoinPartner(コインパートナー)

 

ちなみに上記のやり方だと手持ちのビットコインをBNBに交換することになりますが、Venusという仮想通貨の銀行のようなサービスを利用すれば、手持ちのビットコインを担保に仮想通貨を借りることができます。

Venusを使えばビットコインをガチホしたまま、借りた仮想通貨でPancakeSwap運用ができるので興味のある方は下記の記事をご覧ください。

【BSC Defi】Venus Protocolのはじめ方・使い方を図解【PancakeSwapとコンビで使う】
悩みのある人 Venusってどんなサービスだろう?仮想通貨の取引所を使い始めてみたけど、Venusの使い方や注意点をおしえてもらいたい!   こうした悩みにお答えします。   IT

為替コヤジはちょっと危ないかなと思ったのでVenusは使っていません。

PancakeSwapのリスク

PancakeSwapのおいしい話ばかりしてきましたが、当然リスクもあります。

想定利率が下がるリスクCAKE-BNBのイールドファーミングの年利は70%、CAKEのステーキング(複利)は148%ありますが、大きく下がる可能性があります(実際に下がってきています)。
PancakeSwap自体のリスクハッキングや突然の閉鎖などPancakeSwapサービス自体にもリスクがあります。
インパーマネントロス(変動損失)1:1で預け入れた仮想通貨の価格が変動すると、通貨同士の比率が変わり、引き出せる量が減る可能性があります。
CAKEの下落CAKEの価格が下落するリスクもあります。
為替コヤジ
為替コヤジ

Coincheckで積み立てている仮想通貨も眠らせているだけでは、もったいないのでPancakeSwapで増やしたいところですが、ちょっと怖いので悩んでいます。

 

PancakeSwapの運用実績

為替コヤジはfreebitcoinで貯めた0.06BTCを元手にPancakeSwapを始めました。

ハイリスク・ハイリターンですが、CAKE-BNBのLPトークンを選びました。

諸々の手数料が引かれて最終的には10.215 CAKE-BNB LPでファーミングを開始し、3日くらいで0.521 CAKEになりました。

PancakeSwap運用の実績は本記事で随時更新していきます。

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。11通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFX広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。トラリピで取扱いのない通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
楽天カードの余り枠でiFreeレバレッジNASDAQ100も積立
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
QUOREA BTCビットコインの自動売買。ハイリスク&ハイリターン

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだ理由は入金力を上げるためです。

サラリーマンとしての本業をしっかりこなすことで昇給・昇格し、入金力が高まります。若いうちはとにかく入金力を高めて運用資金を増やすことに専念すべきです。

資金100万円で投資に時間や手間をかけて利率30%を達成しても利益はわずか30万円ですが、資金を2,000万円まで増やせれば利率10%でも200万円の利益です。

とにかく資金が少ないうちはできるだけ本業に専念して、運用資金を増やしましょう。

また本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。

アセットクラスもFX、株式、仮想通貨と分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。

 

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました