ヘッジャーで満足している人は絶対に見ないで下さい。トライオートETFでTQQQトラリピ始動

トライオートETF

為替コヤジのサブ口座であるトライオートETFでナスダック100トリプルのトラリピを開始しました。ヘッジャーを止めた理由からTQQQトラリピの設定方法、ロスカットレートの算出方法まで解説しています。

トライオートETFのトラリピに興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選5種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

本記事の内容

  • ナスダック100トリプル_ヘッジャーの運用を止めた3つの理由
  • TQQQトラリピの仕組みと作り方
  • TQQQトラリピの運用実績
  • 為替コヤジが実際に運用しているTQQQトラリピの設定内容

本記事を読み終えるとトライオートETFでナスダック100トリプルをトラリピのように運用する方法と実際にどれだけ儲かるかが分かります。

 

トライオートETFについては下記の記事で詳しく解説しています。

>>トライオートETF(インヴァスト証券)とは?仕組み・おすすめポイント・設定方法を解説

トライオートETFでTQQQトラリピ運用開始

これまでトライオートETFのヘッジャーを使っていましたが、運用を停止し、ビルダーでナスダック100トリプル(TQQQ)のトラリピを作成し、運用を開始しました。

ナスダック100トリプル_ヘッジャーを止めた理由

為替コヤジがナスダック100トリプル_ヘッジャーの運用を止めたのは以下の3つです。

  1. 仕組みが複雑すぎて分かりづらい
  2. 不定期で設定値が変更される
  3. リスク(ロスカットレート)を把握するのが難しい

ナスダック100トリプル_ヘッジャーは18本の買い注文と9本の売り注文から成りますが、利確幅もフォロー値もバラバラです。指値もナスダック100トリプルの前日終値で決まるので管理が大変です。しかも不定期で設定内容が更新されます。仕組みが理解できないものに大金を預けるのが怖くなりました。

さらに仕組みが複雑なせいで正確にロスカットレートを把握できないまま運用していました。これはかなり危険です。トラリピは躍起になってロスカットレートを管理しているにトライオートETFは何となく運用していました。

上記の理由からナスダック100トリプル_ヘッジャーの運用を止めることを決断しました。

トライオートETF

トライオートETF(インヴァスト証券)公式サイト

TQQQトラリピとは?

ナスダック100トリプル_ヘッジャーの代わりにビルダーを使って作成したのがTQQQトラリピです。

TQQQトラリピは実にシンプルで1ドル間隔でナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、10ドル上昇すると決済される仕組みです。

ナスダック100トリプルが上昇し続ける前提に立っているため、売りトラリピは仕掛けません

ナスダック100トリプル(TQQQ)は、名前のとおりナスダック100指数(QQQ)の3倍の値動きになるよう設計されたETFです。

大きな変動を繰り返しながら、長期的に見ると右肩上がりのようなチャートを形成しています。値動きの基準となるナスダック100指数(QQQ)の採用銘柄は、その時代を代表する企業や主要産業の銘柄を入れ替えているため、上昇トレンドが表れやすい傾向があります。

ナスダック100トリプルは2018年5月23日に株式分割が実施されました。当時は150ドルを超えていたため、1:3の分割が行われ、口数が3倍、価格が3分の1になりました。

【追記】TQQQトラリピの運用実績

2020年8月から運用を始めたTQQQトラリピですが、年利40%で利益を積み上げています。

同じリピート系注文のマネースクエアのトラリピが年利10~15%なのでかなり優秀です。

トラリピの運用実績8年に対してTQQQトラリピはわずか5ヶ月なのでこの先何があるか分かりませんが、資金管理さえしっかりやればトラリピに次ぐ柱になってくれるかもしれません。

トライオートETF(インヴァスト証券)の無料口座開設はこちら

為替コヤジのTQQQトラリピ設定

2020年12月15日に設定を更新しました。

TQQQトラリピは注文の開始・停止がやりやすいように10ドルの値幅を1つの注文にまとめています。例えば61~70ドルで1セット、71~80ドルで1セットとなります。

TQQQトラリピの実際の注文

利確幅はトラリピの経験上、狭いより広い方が効率がいいことが分かっていますが、ボラティリティによって最適な利確幅は異なります。

そこで為替コヤジは10ドル、7.5ドル、5ドルの3種類の利確幅のTQQQトラリピを稼働させています。

枚数は以下の通りです。

 利確幅10ドル利確幅7.5ドル利確幅5ドル
171ドル~180ドル2枚2枚2枚
161ドル~170ドル2枚2枚2枚
151ドル~160ドル2枚2枚2枚
141ドル~150ドル3枚3枚3枚
131ドル~140ドル3枚3枚3枚
121ドル~130ドル3枚3枚3枚
111ドル~120ドル3枚3枚3枚
101ドル~110ドル3枚3枚3枚
運用開始当初は1枚で運用していましたが、利益が積み上がる度に毎数を増やして複利運用しています。

TQQQトラリピのロスカットレート

トライオートETFのロスカットレートの計算方法を解説します。

トライオートETFのロスカットレートの計算方法

まずトライオートETFは有効比率が100%以下になると強制ロスカットされます。

有効比率 = ①有効証拠金 ÷ ②必要証拠金 × 100

「①有効証拠金」は預託証拠金に評価損益を加えた金額です。評価損益は(取得レートーロスカットレート)×米ドル/円レート×数量で求めることができます。

「②必要証拠金」は前営業日の終値を円換算した金額に該当する必要証拠金を下記の証拠金額一覧から探し、これに総数量を掛けます。

参考 証拠金額一覧PDF

 

これをExcelにすると以下のようになります。

ナスダック100トリプルのレート(セルC2)、米ドル/円のレート(セルC3)、運用資金(セルC4)、保有ポジション(セルE27~G36)を入力すると有効比率(セルE4)が算出されます。

必要証拠金(セルE3)は証拠金額一覧シートを作成してそこから引っ張っています。

為替コヤジのTQQQトラリピのロスカットレート

ナスダック100トリプルはコロナショック時に約73%も下落しています。今後、コロナショック以上の急落が発生しないとは限りませんが、現時点での目安にはなります。

そこで最高値から73%の下落には耐えられる設定にしたいと思います。12月15日時点の最高値は176.29ドルなので73%下落すると約48ドルになります。

ナスダック100トリプルの月足チャート

そこで先ほどのExcel管理表に為替コヤジのTQQQトラリピを入力すると48ドルまで耐えるには約650万円が必要であることが分かりました。

ただし、100ドル以下には注文がないのでこのままでは暴落をチャンスに変えることができません。

暴落のチャンスを生かすために48ドル~100ドルまで3つの利確幅のTQQQトラリピを3枚ずつ稼働させる(保有ポジションセルに入力)と約830万円が必要であることが分かります。

実際の運用資金は400万円(2020年12月現在)なので完全な資金不足です。ナスダック100トリプルが100ドル付近まで下がってきたら入金する予定です。

ナスダック100トリプルは大きな窓を開けることがあります。大きな窓を開けると想定より高いレートで約定するため、ロスカットレートが試算より高くなってしまいます。実際の評価損と試算上の評価損が大きくずれている場合には実際の建玉からロスカットレートを計算し直すことをおすすめします。

TQQQトラリピの作り方

TQQQトラリピはビルダーで簡単に作ることができます。

<例>131~140ドルのレンジに利確幅10ドルの仕掛けを10本発注する場合

①自動売買セレクトに移動
②中央上部のビルダーを選択
③「ETFで作る」を選択
④「マルチカスタム」を選択
⑤「ナスダック100トリプル」を選択
⑥以下のように入力して「追加する」をクリック

トライオートETFのビルダー画面

⑦シミュレーション画面で設定内容を確認
⑧任意の注文名を入力。為替コヤジは「ティッカーシンボル_利確XX_レンジ」にしています。今回は「TQQQ_利確10_131-140」
⑨「カートに入れる」をクリックし、最後に「注文を確定する」をクリックして完了

 

トライオートETF(インヴァスト証券)の無料口座開設はこちら

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジはトライオートETF以外にも8つのほったらかし投資を実践しています。

ほったらかし投資種類内容
トラリピ
[マネースクエア]
FX広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文
トライオートFX
[インヴァスト証券]
FX狭い範囲に注文を集中させ短期で利益を上げるリピート注文
シストレ24
[インヴァスト証券]
FXハイリスク&ハイリターンのFX自動売買
トライオートETF
[インヴァスト証券]
ETF狭い範囲に注文を集中させ短期で利益を上げるリピート注文
株価指数CFD積立
[GMOクリック証券]
CFD米国S500とイギリス100を毎月積み立てて売買差益と配当を狙う
メキシコペソ/円スワップ積立
[セントラル短資FX]
FXメキシコペソ/円を毎月積み立てて売買差益とスワップ金利を狙う
つみたてNISA
[楽天証券]
投資信託楽天・全米株式株式インデックス・ファンドを毎月積み立てる
仮想通貨積立
[Coincheck]
仮想通貨ビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月積み立てて売買差益を狙う
ソーシャルレンディング
[Funds(ファンズ)
]
SL10万円×10案件に融資し、年率5~7%の分配金を狙う

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだのは本業を疎かにしないためです。サラリーマンならサラリーマンとしての業務、主婦なら家事や育児、学生なら学業といった本業があります。生活を豊かにするために投資であるのにこれらの本業を疎かにしては本末転倒です。あくまで本業を生活の中心に据えながら、不労所得を得ることを目指しています。

また9つのほったらかし投資を実践しているのはサラリーマンの給料外の収入源を手に入れるためです。病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。
アセットクラスもFX、投資信託、CFD、ETF、仮想通貨、ソーシャルレンディングと分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。
さらに本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

トラリピ、シストレ24、トライオートFXは為替コヤジのFX自動売買で紹介しています。また仮想通貨積立は為替コヤジの仮想通貨投資で解説していますので是非ご覧下さい。

スキャルピングでさらにリスク分散

裁量トレードド素人の為替コヤジがスキャルピングを始めました。あくまでFX自動売買がメインですが、スキャルピングは夜の2時間だけで取り組むことができるのでサラリーマンとしての本業を邪魔しません。

さらにスキャルピングは取引回数が多いので短期間でスキルを伸ばすことができます。為替コヤジも3ヶ月目で初めてプラスとなりました。

FX自動売買は値動きがないと利益が伸びませんが、スキャルピングはわずかな値動きでも利益を積み上げることができます。FX自動売買とのリスク分散にもおすすめのスキャルピングに興味を持たれた方はスキャルピング月間運用成績をご覧下さい。

 

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました