【2022年】ビットコイン(仮想通貨)の積立はどこがいい?仮想通貨積立サービスを徹底比較!

仮想通貨積立

仮想通貨積立に興味がありますが、どの仮想通貨取引所を選べばいいか悩んでいます。もはや仮想通貨を持っていないことのほうがリスクのような気がしています。

 

今回は、仮想通貨積立に興味があるが、どの仮想通貨取引所を選べばいいのか、具体的にどう始めればいいのか分からず悩んでいる方のために為替コヤジが実際にやっている仮想通貨積立を具体的に解説します。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

 

この記事で分かること

  • 仮想通貨積立サービスのメリット・デメリット
  • 仮想通貨積立サービスの比較
  • 手動積立ならどこがお得か?
  • どの仮想通貨を積み立てるべきか?
  • 仮想通貨積立を加速させる方法

 

本記事を読み終わると仮想通貨積立を理解することができ、失敗することなく仮想通貨積立を開始することができます。

ビットコインはまだまだ高騰するのか?

仮想通貨の購入に踏み切れていない人の多くは「今後、ビットコインは値上がりするのか?今がピークなのではないか?」という疑問を持っていると思います。

ネットを探してみると今後は1,000倍になるという強気な見通しもあれば、いずれ無価値になるというネガティブな見解もあります。

ド素人の為替コヤジにはビットコインやイーサリアムなどのアルトコインが今後どうなるかはさっぱり予想できませんが、少なくとも今からでも10倍にはなるのではないかと期待しています

期待しているだけで、予想ではありません。

ただ、仮想通貨の将来に期待が持てるなら絶対に仮想通貨を買った方がいいと思います。

 

為替コヤジが初めてビットコインを購入したのは2017年の仮想通貨バブルの後でした。2017年の終わりから2018年のあたまにかけてビットコインを中心に30万円ほど購入しました。

その後、仮想通貨バブルが完全に崩壊し、放置していましたが、2019年12月からビットコイン、イーサリアム、リップルの積立を開始しました。現在はそれぞれ毎月1万円ずつ購入しています。

そして現在は投資額100万円が450万円近くになっています。2017年の仮想通貨バブルに完全に乗り遅れた形で始めた仮想通貨投資ですが、それでも4倍以上になりました。まだまだ仮想通貨は伸びると期待しています。

仮想通貨積立の損益推移

為替コヤジ
為替コヤジ

2021年11月には一時、8倍近くまで増えました!

ただし、何の根拠もなく期待だけで購入するなら全運用資金の10%以内には抑えたほうがいいでしょう。

為替コヤジはトラリピやトライオートETFなどで約3,000万円を運用しているので仮想通貨は最大でも300万円までと決めています。

仮想通貨投資は積立が鉄板

仮想通貨が今後、間違いなく一直線に高騰すると思うのであれば一気に100万円分購入するのもアリです。

ただ、今後も上げ下げを繰り返しながら5年、10年かけて10倍、100倍に上がっていくことを期待しているなら積立投資が鉄板です。

仮想通貨で積立投資するメリット

仮想通貨の積立投資にはこんなメリットがあります。

1. 時間的分散でリスク軽減

積立投資は毎月・毎週などの定期的なタイミングで長期間にわたって少しずつ買い増ししていく投資スタイルです。

仮想通貨は価格の変動が大きい傾向にありますが、価格が高い時には少なく購入し、低い時には多く購入することになります。価格変動リスクを緩和することができるので、長期的な投資のトータルでみると平均購入単価を平準化する効果が期待できます。

2. 初心者でも始めやすい

積立投資にはそこまで難しい知識が必要なく、売買のタイミングと金額が常に一定することができるため、初心者でも簡単に始めることができます。

積立投資は長い期間をかけて行うので日々の価格変動をあまり意識することなく、資産運用することができるのもメリットです。

3. 少額から始めることができる

仮想通貨投資はある程度まとまった資金がないと難しいと思われている人も多いかと思います。

最低購入金額は取引所によって違ってきますが、500円程度から購入できる取引所もあるので少額から始めることができます。

積立投資も1万円から始めることができるので比較的リスクを抑えつつ投資をすることができます。

仮想通貨で積立投資するデメリット

仮想通貨の積立投資にはこんなデメリットがあります。

1. 短期で利益をあげるのは難しい

積立投資は一度にすべて買うのではなく、買うタイミングを複数回に分ける「時間分散」の効果が得られる手法です。

そのため、長く続ければ続けるほど、その効果も大きくなりますが、資金を集中して一度に売買する手法に比べると、短期で爆益を得ることはできません。

仮想通貨に限ったことではありませんが、積立投資は基本的に長期投資を目的としたプランであるため、短期間で利益で上げようといった人には向いていません。

2. コストがかかる

仮想通貨自動積立サービスの多くは販売所での取引になります。

そのため、自分で取引所で購入する場合と比べてスプレッド分の手数料がかかります。

スプレッドはだいだい3%程度なので自分で積み立てる場合と比べて3%ほど割高となります。

仮想通貨の自動積立サービスを比較

以前、為替コヤジは仮想通貨の積立を毎月手動で行っていましたが、何度か買いそびれてしまいました。

買いそびれる原因はいくつかありますが、以下のようにメンタル的なものが多いです。期待で買っているので自信が揺らいでしまうことがあります。

  • 単純に買い忘れる
  • 指値注文が刺さらずに買いそびれる
  • 直近で上昇しすぎて割高に感じて購入を躊躇してしまう

きちんと積みたてていれば資産はもっと増えていたので悔やまれるところですが、このデメリットを解消してくれるのが仮想通貨の自動積立サービスです。

自動積立ならメンタルに左右されることなく、確実に仮想通貨を積み立ててくれます。

仮想通貨積立サービスを選ぶポイント

仮想通貨積立サービスを選ぶ際は以下の5つのポイントについて確認しましょう。

チェック項目ポイント
最低購入金額少額から積み立てることができるか
積立タイミング毎月、毎週、毎日など積立タイミングを選べるか
仮想通貨の種類あたなの積み立てたい仮想通貨を扱っているか
取引手数料取引手数料は無料か
入金方法銀行引落しはあるか、クレジットカード決済はあるか

自動積立サービスを提供しているのは5社

仮想通貨の自動積立サービスを提供しているのはCoincheck、GMOコイン、bitFlyer、SBI VC Trade(旧TAOTAO)、Zaifの5社です。

中でも人気の3社の自動積立サービスを5つのポイントで比較したのが下表です。

 CoincheckGMOコインbitFlyer
自動積立サービスCoincheckつみたてつみたて仮想通貨かんたん積立
積立金額月々1万円から1,000円単位月々500円から500円単位月々1円から1円単位
積立プラン毎日1回/毎月1回毎日1回/毎月1回毎日1回/毎週1回/毎月1回/毎月2回
対象仮想通貨15種類(ビットコイン、リップル、イーサリアム、ステラルーメン、ネム、ベーシックアテンショントークン、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、クアンタム、アイオーエスティー、リスク、エンジンコイン、モナコイン、オーエムジー)18種類(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、ダイ)15種類(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、ネム、チェーンリンク、イーサリアムクラシック、ポルカドット、リスク、テゾス、シンボル)
取引手数料無料
(スプレッドのみ)
無料
(スプレッドのみ)
無料
(スプレッドのみ)
入金方法銀行引落し口座残高口座残高

 

3つのサービスとも色々な違いがあることが分かります。

まず少額で積み立てたいのであれば、1円から積立ができるbitFyerです。

GMOコインも500円から積立可能ですが、Coincheckは1万円からとなっています。

 

積立プランはいずれのサービスも毎日積立が可能です。

毎日積立と毎月積立、どっちがいいの?

どちらがパフォーマンスに優れるかは、仮想通貨の値動きによります。

  • 下降トレンド → 毎日積立(月の後半ほど安く購入できるから)
  • 上昇トレンド → 毎月積立(一番安い月初に購入できるから)

考えてみれば当然ですね。

そうであれば私は毎日積立をおすすめします

理由は上昇局面であろうと、下落局面であろうと毎日積立の方が平均購入単価が変動が緩やかになるからです。

 

積立対象仮想通貨はGMOコインが18通貨と一番多くなっていますが、どのサービスでも主要通貨には対応しているので差はありません。

 

入金方法はCoincheckだけが銀行引落しに対応していますが、それ以外は事前に入金しておく必要があります。

 

まとめるとこのようになります。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

私はCoincheckで積み立ています。決め手は銀行引落しができること。ズボラな私は入金を忘れてしまいます。

 

コストを抑えるなら手動積立

前述の通り、各社の自動積立サービスは販売所での取引になるので実質スプレッド分が手数料となります。

このコストを抑えるなら手動で積み立てる方法もあります。

最も安く購入できるのは、販売所ではなく、取引所で購入でき、取引手数料・入金手数料が無料の仮想通貨取引です。

取引所の取扱い仮想通貨と取引手数料、入金手数料をまとめたのが下の表です。

これを見るとGMOコインとbitbankが最も安く購入できます

 

仮想通貨取引所取扱い仮想通貨(取引所)取引手数料(取引所)入金手数料
Coincheck4銘柄:ビットコイン、モナコイン、イーサリアムクラシック、パレットトークン無料銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
bitFlyer6銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、モナコイン0.01~0.15%銀行振込:無料
クイック入金
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
GMOコイン12銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、モナコイン、ネム、シンボル、ベーシックアテンショントークン、クアンタム、FCRコインMaker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
DMM Bitcoinなし無料
bitbank15銘柄:ビットコイン、イーサリアム、エックスアールピー、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、シンボル、メイカー、ボバ、エンジンコインMaker -0.02%
Taker 0.12%
無料
Liquid by FTX11銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ステラルーメン、ベーシックアテンショントークン、FTXトークン、ソラナ、キャッシュ、ポルカドット無料無料
BITPoint13銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、トロン、エイダ、チェーンリンク、ポルカドット、ジャスミー、ディープコイン、IOST無料無料
SBI VCトレード7銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、チェーンリンク、ポルカドット無料無料
LINE BITMAXなし無料
Huobi Japan19銘柄:ビットコイン、フォビトークン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ステラルーメン、ネム、イーサリアムクラシック、トロン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、オントロジー、リスク、シンボル、モナコイン、エイダコイン、ポルカドット、エンジンコインMaker 0.012~0.15%
Taker 0.036~0.15%
無料

 

どの仮想通貨を積み立てるべきか?

仮想通貨を自動積立するとして、どの仮想通貨を積み立てればいいのでしょうか?

まず、ひとつだけなら迷わずビットコインを積み立てればいいと思います。

為替コヤジはビットコインに加えて、イーサリアムとリップルを積み立ています。理由はどれが暴騰するか分からないからです。種類を増やして暴騰を掴む確率を上げたいからです。

もっとマイナーなアルトコインであっという間に100倍になるものもあるかもしれませんが、それがどのアルトコインか分からないし、価値が0円になってしまうリスクは絶対に避けなければなりません。

そこで国内仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨の時価総額トップ3を積み立てることにしました。これだけの時価総額があれば0円になってしまうリスクはかなり低いと思います。

仮想通貨の時価総額ランキング

時価総額3位のTetherと5位のUSD Coinはステーブルコインと呼ばれる仮想通貨で、いずれも米ドルのレートと連動しますので米ドルを積み立てるのと同じです。

また4位のBNBは海外仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が発行する仮想通貨で、国内では購入することができません。

 

少し古い情報ですが、Coincheckのシミュレーションでもビットコイン単独より、イーサリアムと一緒に積み立てがほうが利益が大きくなっています。

ビットコインとイーサリアムの積立シミュレーション

Coincheckの口座開設はこちら

仮想通貨積立以外で仮想通貨を増やす方法3選

仮想通貨投資は自動積立が鉄板ですが、仮想通貨を増やすための効果的な手法を3つ紹介します。

1. 大きく値下がったらスポット買い付け

Coincheckつみたてで淡々と積み立てながら仮想通貨が大きく値下がりしたときにはスポット購入で購入単価を下げるのもアリです。

その際もルールを明確化しておくことが必要です。

下のチャートはビットコイン/円の月足チャートですが、直近高値が約600万円となっています。ここから30%下落したら積立額の2倍の金額分購入するとか50%下落したら3倍購入するなど事前にルールを決めておきましょう。

ビットコインの月足チャート

2. Coincheck貸仮想通貨サービスで増やす

仮想通貨は長期で積み立ていくのでCoincheckの口座に眠らせておくことになります。

このただ眠らせている仮想通貨を増やすことができるのが、Coincheck貸仮想通貨サービスです。

Coincheck貸仮想通貨サービスとは、自分の保有している休眠状態の通貨をCoincheckに一定期間預けることで、貸付金利を得るサービスのことです。

仮想通貨の短期売買など取引を行う予定がなく、中長期的な保有を考えている場合、Coincheckに貸し付けることで保有量を増やすことができます。ただ眠らせておくだけなら利用しない手はないですね。

貸付対象はCoincheckで取り扱っている全仮想通貨で、2020年4月に最低貸付量が10万円から1万円相当の仮想通貨に引き下げら、使い勝手が向上しました。

気になる利率は貸付期間により、以下のようになっています。1年間貸し出すだけでなんと5%も保有量が増えます

  • 14日間(年率1.0%)
  • 30日間(年率2.0%)
  • 90日間(年率3.0%)
  • 180日間(年率4.0%)
  • 365日間(年率5.0%)

もちろん、売却予定のない為替コヤジも常に貸し出しています。

貸仮想通貨については「貸仮想通貨(レンディング)とは?眠っている仮想通貨を有効活用」をご覧下さい。

3. ビットコインの手動トラリピで購入資金を稼ぐ

為替コヤジのおすすめはビットコインの手動トラリピです。

ビットコインの価格が300~600万円の時に5万円間隔で0.005BTCずつ購入し、30万円上昇したら決済します。

運用資金100万円でひと月当たり平均3万円程度は稼げるので、毎月ビットコイン、イーサリアム、リップルを1万円ずつスポット購入することができます。

現物なので仮にビットコインの価格が下落しても気長に値上がりを待てばよく、600万円を超えてポジションがすべてはければ出金して構いません。

【毎月実績更新】ビットコインで現物手動トラリピ!仮想通貨にリピート注文はハマるか検証
ビットコインなど仮想通貨を積み立てていて、もう少し積立額を増やしたいと思いませんか?でも給料から捻出するのはちょっと怖い。そんな方におすすめしたいのがビットコイン現物のトラリピです。ビットコイン現物で手動トラリピをやってその利益で仮想通貨を買い増ししましょう。

 

なお、仮想通貨の自動積立、スポット購入、貸仮想通貨、ビットコインのトラリピはCoincheck口座があればすべて実現可能です。

仮想通貨積立のよくある質問

仮想通貨積立について初心者の方が気になる質問と回答についてまとめました。

Q. 仮想通貨の積立はいくらから可能ですか?

bitFlyerなら1円から可能です。

為替コヤジがおすすめするCoincheckは500円程度から可能です。自動積立は1万円からとなります。

Q. 仮想通貨の積立は毎日積立と毎月積立のどちらが効果的ですか?

仮想通貨は変動幅が大きいのでドルコスト平均法の効果が出やすいように毎日積立を選んでいますが、実際はどちらでもそれほど変わらないと思います。

Q. 仮想通貨の積立におすすめの銘柄は何ですか?

時価総額の大きい仮想通貨が安心です。ひとつだけならビットコインですが、為替コヤジはイーサリアム、リップルも積み立てています。

Q. 仮想通貨の自動積立は手数料がかかりますか?

手数料は無料です(Zaif除く)。ただし、販売所での取引になるので3%前後のスプレッドが発生します。

まとめ:仮想通貨はCoinchekつみたてがおすすめ

いかがだったでしょうか?

ビットコインもここまで上昇すると、どのタイミングで購入すればいいのか判断に悩んでしまいます。

そこでCoinchekつみたてを軸にスポット購入、貸仮想通貨、ビットコインの手動トラリピを絡めて仮想通貨を増やす方法がおすすめです。

  • 仮想通貨投資ならCoinchekつみたてによる自動積立が鉄板
  • 仮想通貨への投資は全投資額の10%まで
  • 自動積立の対象はビットコイン、イーサリアム、リップルがおすすめ
  • ビットコインの手動トラリピ、貸仮想通貨、スポット購入で保有量を増やす

 

Coincheckの口座開設はこちら

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

為替コヤジのほったらかし投資

現在、下記の9つのサービスを利用して資産運用を行っています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金

 

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

投資序盤は入金力がカギ

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだ理由は入金力を上げるためです。

サラリーマンとしての本業をしっかりこなすことで昇給・昇格し、入金力が高まります。若いうちはとにかく入金力を高めて運用資金を増やすことに専念すべきです。

資金100万円で投資に時間や手間をかけて利率30%を達成しても利益はわずか30万円ですが、資金を2,000万円まで増やせれば利率10%でも200万円の利益です。

 

とにかく資金が少ないうちはできるだけ本業に専念して、運用資金を増やします。

昇給が望めないようならビズリーチdodaなどを使って転職で年収アップを狙ってください。

 

また本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。

アセットクラスもFX、株式、仮想通貨と分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました