FX自動売買歴5年の為替コヤジが提案!予算別FX自動売買の始め方

8cefc94c5ee5650a6e3faa8b377b32ff_s

新年、FX自動売買を始めようと思っている方に向けて為替コヤジがどのFX自動売買を始めればいいのかを予算別にご提案します。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

 ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
 トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
 オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
 iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

予算別FX自動売買の始め方

FX自動売買を始めようと思っている方はたくさんいると思いますが、FX自動売買に投資する予算(運用資金)は様々です。コツコツ貯めた30万円で始めたい方もいれば冬のボーナス100万円を一気に注ぎ込むかたもいるでしょう。

運用資金が違えばFX自動売買の戦略も違ってきます

そこで予算に応じてどんなFX自動売買戦略を採ればいいのか、FX自動売買歴5年の為替コヤジがご提案します。

予算10万円のFX自動売買

予算が10万円のあなたは残念ながらまだFX自動売買を始めることができません。厳密に言えばFX自動売買を始めることはできますが、勝つことは難しいでしょう。

まずはFX自動売買の口座開設キャンペーンを利用してキャッシュバックを貰って30万円貯めましょう

予算30万円のFX自動売買

予算が30万円あれば十分FX自動売買を始めることができます。ただし使うFX自動売買はひとつだけとなります。

手堅く稼ぐならリピート系注文

まず1つ目の戦略は、リピート系注文で手堅く稼ぐ方法です。中でもトラリピがオススメです。米ドル/円、豪ドル/円、NZドル/円のいずれかを選び、現在の価格を中心として1円銭刻みで上下に各10本、現在価格と合わせて21本の各1,000通貨の買いトラップを仕掛けます。開始後一気に下落しても約20円の下落に耐えられる計算になります。

スワップポイントが高いトルコリラ/円や南アフリカランド/円なんかも魅力的に映るかもしれませんが、わずか30万円の資金で手を出してはいけません。下落に耐えられずあっという間に強制ロスカットです。

またトラリピと同じリピート系注文であるループ・イフダンやトラッキングトレードは下落するとポジションをロスカットしながら新たなポジションを取るので30万円だとあっという間に資金が底を尽きる恐れがあります。

まだリリースされて間もない機能ですが、トライオートFXのレンジフォーカスも面白い選択です。トライオートFXはユーザ型システムトレードに分類されますが、レンジフォーカスはトラリピの両建てのようなものなのでリピート系注文と言えます
通貨ペアや値幅が決まっているのでFX自動売買の初心者でも抵抗なく始めることができます。

レンジフォーカス_EA_201612_2_3kをそのまま使うと90万円必要ですが、1kなら30万円で運用することができます。

リピート系注文は年率20%が目安となりますので予算30万円なら1年間で+6万円を目指します。

リスクを取ってでも大きく稼ぎたいならシストレ24のフルオート

2つ目の戦略はシストレ24のフルオートです。リピート系注文よりもリスクは高まりますが、30万円の資金を2倍にすることも可能です。決してオススメはしませんが、年間6万円の利益じゃ物足りないという方はフルオート一択です。

セントラルミラートレーダーやみんなのシストレも大きく資金を増やせる可能性はありますが、結局ストラテジー選びが裁量となり、経験が求められてしまいますので、リスク型システムトレードにはストラテジー選びも自動で行ってくれるフルオートが適しています。

フルオートの設定は為替コヤジも利用しているbest invast label_2016がオススメです。バックテストでカーブフィッティングされていないシンプルな設定なのでどんな相場でも対応できそうです。

シストレ24は上手くいけば30万円が1年後には60万円になる可能性もありますが、逆に15万円になってしまう危険もはらんでいますのでその点も踏まえてチャレンジして下さい。

予算50万円のFX自動売買

予算が50万円あると2つのFX自動売買を並行で運用することも可能となります。

30万円でトラリピを運用しながら残りの20万円で別のFX自動売買を運用することもできます。例えばシストレ24のフルオートは最低15万円から稼働させることができますのでトラリピ+シストレ24なんていうのもアリです。

しかし為替コヤジならトラリピ1本で臨みます。予算が50万円あれば年間10万円稼ぐことができますので無理にリスクを取る必要もなくなります。

予算30万円の時とは違い、資金効率を上げるために0.5円刻みとします。それでも開始後一気に下落しても約15円の下落に耐えられます。資金効率よりも安全性をとるのであれば1円刻みのまま本数を増やしても構いません。

いずれにせよ為替コヤジの基本スタンスはシストレ8:2の法則です。リピート系注文(安全型シストレサービス)に資金の8割を当て、残りの2割をミラートレーダーなどのリスク型シストレサービスに当てます

50万円の2割にあたる10万円でFX自動売買サービスを運用させることはできませんのでおのずとトラリピ1本となるわけです。

予算100万円のFX自動売買

予算が100万円あるとFX自動売買戦略の幅が一気に広がります。やはり理想は100万円貯めてからFX自動売買を始めることでしょう。

予算が100万円になってもトラリピが軸となることは変わりありません。トラリピで通貨ペアを増やし、米ドル/円と豪ドル/円をそれぞれ50万円ずつで運用するのも一案です。

あるいはここにトライオートFXのレンジフォーカスを組み合わせてもいいかもしれません。

ただ為替コヤジならシストレ8:2の法則に従い、リピート系注文に80万円以上を割り当て、残りの20万円でシストレ24のフルオートを稼働させます。やはりリスクを取っても大きく資産を増やしたい気持ちが出ます。

もう少し具体的に言えば、予算配分はトラリピ米ドル/円50万円+トライオートFX レンジフォーカス30万円+シストレ24フルオート20万円となります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

上記はいずれも為替コヤジが今○○円あってFX自動売買を始めるならどうするかという視点で書いています。

予算別のFX自動売買戦略をまとめると以下のようになります。

 予算 FX自動売買戦略 
 10万円 時期尚早。FXキャッシュバックキャンペーンで30万円貯めましょう
 30万円 トラリピかトライオートFXのレンジフォーカス。リスク取るならシストレ24のフルオート
 50万円 トラリピ1択。リスク取る必要なし
 100万円 トラリピ + トライオートFXのレンジフォーカス + シストレ24のフルオートの3つ

個々のFX自動売買については当ブログとリピート系注文がまるごとわかるブログFXシストレ大百科をご覧いただければしっかりと理解できると思います。

FX自動売買を始めるにあたってご質問があればコメントでもメールでもお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す