オートレール(マネックス証券)とは?仕組みからおすすめポイント・発注方法まで徹底解説

自動売買

オートレールとは、どんなサービスですか?仕組みやおすすめポイント、使い方まで詳しく知りたい。

 

そんなお悩みにお答えします。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

 

今回は、利益最大化を目指すトレール注文を実装したマネックス証券のオートレールについて仕組み・おすすめポイントから発注方法まで徹底解説します。

 

オートレールの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>オートレールの公式サイトはこちら

オートレールとは?

オートレールとはマネックス証券のFX PLUSで稼働する、トレール機能が実装されたリピート型自動売買です。

想定通りの上昇相場、レンジ相場であった時は利益を最大限追求し、思惑と反対だった場合も、トレールの仕組みが損切りを徹底。リスクを最低限に抑えることができます。

オートレールの仕組みはカンタンで、トレール注文が、所定のリピートロジックに従って連続・複合していきます。そのため操作も簡単。

通貨ペアや取引数量といった基本的な設定項目以外でも、わずか5項目さえ入力すれば、発注が可能です。

トレール注文とは?

オートレールの基本形となっているトレール注文について説明します。

トレール注文(トレーリングストップ)とは、レートの上昇幅、または下落幅に合わせて、損切り注文のレート水準をリアルタイムで自動修正する注文形態です。
買い注文の場合は、損切り設定(あらかじめ設定したトレール幅)した損切り値幅が、相場の上昇に伴って後を追いながら、トレール幅で自動的に切り上がっていきます。1度切り上がったレートは実勢レートが下がっても連動して下がることはありません。

新規注文は買い、売り、買いと売りの両方から選ぶことができます。買いと売りの両方にした場合の売買取引イメージは下記のようになります。

つまりトレール注文は、損切り注文であると同時に、利益に対しても自動追従しますので、利益確定の注文にもなります。

 

オートレールはこのトレール注文を一定のルールに従い、最大50本を連続させることができます。

この連続させるルールは、あらかじめユーザが設定したトリガー価格へ実勢レートが差し掛かった時に、トレール注文の新規が発動します。複数のトリガー価格を設定するのが一般的ですが、トリガー価格に実勢レートが差し掛かる度に、個別のトレール注文が発生します。

オートレールの発注はわずか5項目

オートレールは、設定方法もカンタンです。どの注文でも必要な通貨ペア、売/買の別、注文数量を入力した後、わずか5項目、基準価格・トリガーの仕掛け方向・トリガーの仕掛け間隔・トリガー本数・トレール幅を入力すれば、オートレールを開始できます。

  1. FX PLUSのブラウザツールにログイン後、上部ナビゲーションの「オートレール/クイック注文」をクリック、「オートレール」へと進みます。
  2. 基本情報を入力します。取引したい通貨ペアと、注文の売/買別(子注文の売/買別は親注文で一括設定される)と、注文数量(子注文各々の注文数量は親注文で一括設定される)を設定します。
  3. オートレール固有の設定を行います。基準価格(○○から)、設置方向(○○方向に)、値幅(○○円(ドル)間隔で)、設置本数(○本設置し)、トレール幅(○円(ドル)でトレールする)、オートレール有効期限を設定します。
  4. 「次へ」をクリックし、確認画面で発注をすれば、すべての発注作業が完了します。

オートレールの仕組みについては下記動画をご覧下さい。

 

オートレールの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>オートレールの公式サイトはこちら

 

 

オートレールの最新情報

 

 

オートレールの評価・評判

取引ツール

オートレールはマネックス証券のオリジナルツール「MonexTraderFX」上で稼働します。MonexTraderFXは、黄金分割比率として人気が高いフィボナッチやMACDなど充実したテクニカル指標、TICK足や4時間足など計12種類の中から選択できる多彩なチャート足など、従来のブラウザ版チャートにはなかった機能が搭載されています。

その他にもインストール不要のブラウザツールから発注することもできます。

最低取引数量

オートレールは、1,000通貨単位となっています。

通貨ペア数

オートレールの取り扱い通貨ペアは以下の13通貨です。

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 英ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • 南アフリカランド/円 (ZAR/JPY)
  • シンガポールドル/円(SGD/JPY)
  • 香港ドル/円(HKD/JPY)

オートレールの無料口座開設はこちら

取引コスト

取引手数料

オートレールは全て手数料無料となっています。

スプレッド

オートレールのスプレッドはかなり狭くなっています

米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/米ドル
0.3銭0.5銭1.3銭0.6銭1.5銭0.4pips

スワップ金利

リピート系注文では、評価損に耐えながら長期運用するため、日々もらえるスワップ金利は大事な収入源となります。

オートレールのスワップ金利は他のリピート系注文と比べて若干高くなっています。

米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円NZドル/円南アランド/円
38円-10円8円37円40円13円

情報コンテンツ

オートレールの情報コンテンツは毎月公開される「オートレール設定 利益幅ランキング」だけとなっています。

スマホ

オートレール専用アプリ「MonexTraderFX スマートフォン」はAndroid、iPhoneに対応しています。

AndroidiPhoneiPad
×

「MonexTraderFX スマートフォン」は成行注文、ストリーミング注文はもちろん、トレール注文や複合注文もできる、シンプルで使いやすい操作を可能にした、iPhone、Android搭載端末でご利用いただける高機能FX取引トレーディングアプリケーションです。

 

オートレールの発注方法

オートレールは単純構造です。どの注文でも必要な通貨ペア、売/買の別、注文数量を入力した後、わずか5項目、基準価格・トリガーの仕掛け方向・トリガーの仕掛け間隔・トリガー本数・トレール幅を入力すれば、オートレールを開始することができます。

①FX PLUSのブラウザツールにログイン後、上部ナビゲーションの「オートレール」をクリック、「オートレール注文」へと進みます。

img06

②まず、基本情報を入力します。取引したい通貨ペアを決めた後は、売/買の別、トリガー(新規注文)を仕掛ける方向となる上/下の別を入力します。また、個々のトリガーで共通の注文数量も入力します。売買と方向の別は、「売/下方向」と「買/上方向」のどちらかから選択可能です。

img13

③オートレール固有の設定を行います。

オートレールには親注文子注文(トリガー)という概念があり、例えば米ドル/円の買いや豪ドル/円の売りといった注文を親注文と言います。そして例えば米ドル/円の買いを50銭間隔で50本設置する場合の50本の注文を子注文と言います。

  • 基準価格(○○から)…子注文のトリガー(新規注文)を仕掛ける際、起点となるレート
  • 値幅(○○円(ドル)間隔で)…子注文のトリガー(新規注文)を設置する間隔
  • 設置本数(○本設置し)…子注文の設置本数
  • トレール幅(○円(ドル)でトレールする)…子注文のトレール注文における、トレール幅(利食い方向のみに追従する損切り幅)
  • オートレール有効期限…親注文全般の、有効期限
  • 損失制限額(ストップロス機能)…オートレールごとに、そのオートレール自体の損失額

④「次へ」をクリックし、確認画面で発注をすれば、すべての発注作業が完了します。

オートレールの無料口座開設はこちら

オートレールの口座開設方法

FX PLUSで取引するためには、まず証券総合取引口座の開設が必要になります。開設には「オンライン」「郵送」の2つの方法がありますが、オンラインがおすすめです。オンライン申込みは下記バナーから行けます

FX PLUS(外国為替証拠金取引)

1. メールアドレスの登録
画面の指示に従い、自分専用のメールアドレスを登録してください。

2. 通知メールのURLから申込フォームの入力、本人確認書類・顔の撮影
登録メールアドレスに『口座開設お申込み手続きのご案内』メールが届きます。
メールに記載のURLから口座開設の申込画面を開き、画面の指示に従って申込手続きを進めてください。
・お客様情報の入力
・本人確認書類※と顔の撮影
お申込み後、口座開設の申込受付メールが届きます。

※本人確認書類は、①②いずれかをご用意ください。
①「個人番号(マイナンバー)カード」の原本
②「通知カード」「運転免許証」の原本

3. 【最短で翌営業日】「口座開設通知」メールの受取り
マネックス証券でお申込内容の確認などの事務手続きを行います。
事務手続きはお申込みの翌営業日以降までかかりますが、完了した日に『証券総合取引口座開設完了のお知らせ』の件名で口座開設通知メールが届きます。
メールの指示に従い、ログインIDやパスワード等をご確認ください。

オートレールのおすすめポイント

オートレールのおすすめポイントについて解説します。

  1. トレール機能を実装
  2. リピート注文屈指の低コスト
  3. オートレール・ラボで徹底検証

トレール機能を実装

トレール注文とは、レートの上昇幅、または下落幅に合わせて、損切り注文のレート水準をリアルタイムで自動修正する、FXではポピュラーな注文形態です。リスクをコントロールしながら可能な限り利益を伸ばすことができます。

買い注文の場合は、損切り設定(あらかじめ設定したトレール幅)した損切り値幅が、相場の上昇に伴って後を追いながら、トレール幅で自動的に切り上がっていきます。一度切り上がったレート、実勢レートが下がっても連動して下がることはありません。

つまりトレール注文は、損切り注文であると同時に、利益に対しても自動追従しますので、利益確定の注文ともなり得ます。

img04

オートレールは、このトレール注文を一定のルールに従い、単純に連続させる発注です。その連続させるルールは、あらかじめお客様が設定したトリガー価格へ実勢レートが差し掛かった時に、トレール注文の新規が発動します。複数のトリガー価格を設定するのが一般的ですが、トリガー価格に実勢レートが差し掛かる度に、個別のトレール注文が発生します。

 

トレール機能を実装したリピート注文はオートレールとトラリピ(マネースクエア)だけです。

オートレールとトレール幅を自由に設定できますが、トラリピだけは20銭固定となっています。

 

リピート注文屈指の低コスト

オートレールは取引手数料は無料でスプレッドも米ドル/円が0.2銭

2019-11-28_10h28_56

オートレール・ラボで徹底検証

サービスだけ提供してあとは放置というFX会社が多い中、オートレールはより良い運用方法を提示するためにオートレール・ラボが用意されています。

オートレール・ラボ開発時のバックテストから、著名トレーダーによるオートレール利用記録まで幅広く材料を求め、定性的・定量的な検証を徹底的に行っています。

オートレールラボ

 

オートレールの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

オートレールの検証・攻略法

トレール機能が魅力のオートレールは注文方法が豊富なのでリピート注文にこだわるのであれば断然オートレールをお勧めします

オートレールはユーザの実際の設定値を分析し、取引スタイル別に以下の設定値を推奨しています。

スワップ重視派は、約7日以上くらい建玉を保持する長期トレード志向の方、デイトレード派は1時間未満くらいの高頻度な取引をされる方、スイングトレードはその間くらいの中期トレードをされる方向けの、お勧めの設定値です。

 トリガー設置
(値幅・本数)
トレール幅有効期限
スワップ設置間隔は2円程度、設置本数は少なめトリガー設置間隔より、だいぶ大きめ無期限は忘れる危険性有りなので要注意。
スイング設置間隔は1円以下、設置本数は多めトリガー設置間隔と同程度かそれ以上無期限でも想定の相場が続くと思われる時期まででもOK
デイトレ間隔は5~25銭程度、設置本数はMAXの50本でもトリガー設置間隔と同程度かそれ以上無期限でも想定の相場が続くと思われる時期まででもOK

オートレール以外のリピート注文

今、一番アツいのがリピート系注文です。オートレールとは少し違う6つのリピート注文を徹底比較していますのでリピート注文に興味のある方は是非ご覧下さい。

2019-10-12_20h16_14

【2022年版】リピート注文最前線!トラリピ、ループイフダン、サイクル2取引注文、トライオートFX、連続予約注文を徹底比較
リピート注文をやってみたいけど、どれを選んでいいのか分からない。それぞれの特徴が知りたい。そんな悩みにお答えします。本記事の内容 リピート注文の最新状況 リピート注文でチェックすべきポイント トラリピ、ループイフダン、サイクル2取引注文、ト

オートレールの無料口座開設はこちら

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金
為替コヤジ
為替コヤジ

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

 

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました