トラッキングトレードとは?評判・口コミからメリット・デメリットまで徹底解説【初心者向け】

自動売買

トラッキングトレードとは、どんなサービスですか?仕組みやおすすめポイント、使い方まで詳しく知りたい。

 

そんなお悩みにお答えします。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

 

今回は、簡単な設定で最適な取引条件をシステムが自動計算してくれるトラッキングトレードについて仕組み・おすすめポイントから発注方法まで徹底解説します。

 

トラッキングトレードの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トラッキングトレードの公式サイトはこちら

  1. トラッキングトレードとは?
  2. トラッキングトレードの最新情報
  3. トラッキングトレードの仕組み・スペック
    1. 取引ツール
    2. 最低取引数量
    3. 通貨ペア数
    4. 取引コスト
      1. 取引手数料
      2. スプレッド
    5. スワップ金利
    6. 情報コンテンツ
    7. スマホ
    8. トラッキングトレードの発注方法
      1. 1. ボラティリティ方式(任意設定)
      2. 2. ランキング方式(設定別損益ランキング)
    9. トラッキングトレードのデモ口座
    10. トラッキングトレードの口座開設方法
  4. トラッキングトレードの検証・攻略法
    1. 想定変動幅で調整する場合
      1. 想定変動幅を広げた時(500.0pip→700.0pip)
      2. 想定変動幅を狭めた時(500.0pip→300.0pip)
    2. 対象資産で調整する場合
      1. 対象資産を減らした時(400,000円→200,000円)
      2. 対象資産を増やした時(400,000円→600,000円)
  5. トラッキングトレードのメリット・デメリット
    1. トラッキングトレードのメリット
      1. 取扱い通貨ペアは24種類
      2. 人気企画「ガチンコバトル」
      3. 本家iサイクル2取引よりも低スプレッド・高スワップ
    2. トラッキングトレードのデメリット
      1. 取引手数料がかかる
      2. レンジを固定できない
      3. 自動損切りされてしまう
  6. トラッキングトレードのの評判・口コミ
    1. 良い評判・口コミ
    2. 悪い評判・口コミ
  7. トラッキングトレード以外のリピート注文
  8. ほったらかし投資でリスク分散
  9. FX自動売買の最新情報をチェック
  10. 為替コヤジのSNS

トラッキングトレードとは?

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89_top

トラッキングトレードは、設定した想定変動幅と対象資産から、新規発注価格と利食い価格を一定の値幅ごとにシステムが算出し、登録ボタンを押すだけで注文を繰り返し発注する、FXブロードネット(旧FXトレーディングシステムズ)提供のFX自動売買ツールです。

なお、トラッキングトレードは外為オンラインのライセンス供与を受けており、iサイクル2取引と基本的に同じシステムとなっています。

 

まずはこちらの動画をご確認下さい。

 

レートが想定変動幅で横ばいに推移している場合、トラッキングトレードは一定の買い値段と売り値段で注文を繰り返してコツコツ利益を積み重ねていきます。

予想と反対方向に想定変動幅を超える値動きがあると、そのタイミングで損切りが発生しますが、新たな水準で横ばい相場が形成されれば再び利食いのチャンスが巡ってきます。

予想通りの方向に想定変動幅が突破された場合には、利食いをしなが値動きを追いかけて仕掛けるレンジをトラッキングしていきます。

order_04

トラッキングトレードの無料口座開設はこちら

トラッキングトレードの最新情報

 

トラッキングトレードの仕組み・スペック

トラッキングトレードの仕様や基本スペックについて解説します。

取引ツール

取引のメインツールであるFXブロードネットは、ブラウザ版ダウンロード版が用意されています。

ブラウザ版は、独自のトレードシステムの開発により、簡単確実な操作・優れた視認性・心地よいレスポンスを実装しました。

tradesystem_img_web

ダウンロード版は、視認性・操作性に優れ、多彩なテクニカルチャートや取引分析・コメント挿入などトレードに役立つ機能が満載です。

tradesystem_img_dl

最低取引数量

FXブロードネットにはレバレッジとロスカットの組み合わせで9コースあります。そのうち、ブロードライトコースは1,000通貨単位で取引が可能です。

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89_%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9

通貨ペア数

トラッキングトレードの取り扱い通貨ペアは、iサイクル注文と同じ以下の24通貨です。リピート系注文最多ですが、トルコリラ/円の取り扱いはありません。

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • 南アランド/円(ZAR/JPY)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 英ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • NZドル/米ドル(NZD/USD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)
  • ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
  • 豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
  • ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)
  • ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
  • ユーロ/NZドル(EUR/NZD)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • 英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
  • 英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
  • 英ポンド/NZドル(GBP/NZD)
  • 豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)

トラッキングトレードの無料口座開設はこちら

取引コスト

取引手数料

トラッキングトレードの取引手数料はiサイクル注文と同じく、全通貨ペア一律1,000通貨当たり往復40円の手数料がかかります(南アフリカランド/円は10,000通貨当たり往復40円)。

手数料は新規+決済の手数料を新規約定時に徴収されます。

ただし、リリース以来、キャンペーンが適用され、決済手数料が無料となっているので、かかるのは新規の20円のみとなっています。

また新規口座開設から90日間は新規も無料となっています。

スプレッド

トラッキングトレードのスプレッドは業界最高水準となっています。リピート系注文ではトライオートFXと双璧です。

米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/米ドル
0.3銭0.5銭1.0銭0.6銭1.3銭0.3pips

スワップ金利

トラッキングトレードのスワップポイントは中の上といったところでしょうか。

米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円NZドル/円南アランド/円
28円-1円0円29円53円5円

情報コンテンツ

トラッキングトレードの情報コンテンツはほとんどありません

トラッキングトレード研究室では、2015年1月2日からデモ口座で運用しているトラッキングトレードの運用実績とブロード25コースで口座資産を100万円・300万円・500万円として各資産に対し、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルの3通貨ペアで検証した月間損益額ランキングがありますが、ほとんど役に立ちません。

また会場セミナーも月に数回しかありません。

スマホ

トラッキングトレード専用アプリ「FXブロードネット」はAndroid、iPhone、iPadに対応しています。

AndroidiPhoneiPad

fx_iphoneapp02

自動ログイン機能も実装されていて、動作速度や操作性は問題ありません。視認性の良いチャート機能も魅力です。

パソコンと同等の取引環境を実現しているのでこのスマホアプリだけで全て完結させることができます。

トラッキングトレードの発注方法

iサイクル注文は3つの発注方法が用意されていましたが、トラッキングトレードはボラティリティ方式とランキング方式のみ提供されており、マトリクス方式はありません

1. ボラティリティ方式(任意設定)

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89_%e4%bb%bb%e6%84%8f%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 「通貨ペア」「ボラティリティ参考期間」「想定変動幅」「ポジション方向」「対象資産」の5項目を設定するだけで、システムが自動的にその設定に沿った複数のIFO注文の値幅を割り出します。

想定変動幅はボラティリティ参考期間(1ヵ月~1年)を選択することで各通貨ペアの変動幅が自動的に算出されるので、初心者でも簡単に設定することができます。もちろん、任意の値を設置することもできます。

 

設定項目設定内容
①通貨ペア取引する通貨ペアを選択します。
②ボラティリティ参考期間ボラティリティ参考期間にて、期間を設定すると、自動的に各通貨ペアの想定変動幅が設定されます。なお、入力は任意なので、自分で想定変動幅を設定したい場合は、空欄で構いません。
③想定変動幅ボラティリティ参考期間を選択した結果が想定変動幅で表示されます。また、自身で想定変動幅を入力することもできます。
※変動幅は10.0PIP以上を入力してください。
④ポジション方向新規注文の売買方向を選択します。
※「安く買って、高く売る」ことを想定する際は「買い」
「高く売って、安く買う」ことを想定される際は「売り」
⑤対象資産トラッキング・トレードをの注文の条件を算出する為のものです。
⑥新規注文可能額現在の新規注文可能額が表示されます。
新規注文可能額={ (口座資産+評価損益)-(出金依頼額) }-注文中証拠金-取引証拠金
※自動で入力されています。
⑦計算全て入力しましたら計算をクリックします。

2. ランキング方式(設定別損益ランキング)

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89_%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e5%88%a5%e6%90%8d%e7%9b%8a%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

ランキング方式は、様々なトラッキングトレードのパフォーマンス結果から、注文したい設定を簡単に選択できます。

複数のトラッキングトレードを実稼動させた結果をリスト上に表示し、ランキング表示された過去の注文結果から好きな設定をそのまま選択して発注できたり、自身の取引に合わせて、期間別、通貨ペア別、対象資金別に絞りこんで表示することが可能です。

トラッキングトレードの発注方法の動画も併せてご覧下さい。

トラッキングトレードのデモ口座

iサイクル2取引はデモ口座が用意されています。デモ口座・マニュアルは以下の記事を参考にして下さい。

トラッキングトレードの口座開設方法

トラッキングトレードの口座開設は下記の公式サイトから申し込めます。

>>トラッキングトレードの公式サイトはこちら

 

新規口座開設にはマイナンバー確認書類と本人確認書類が必要となりますが、個人番号カードなら両者を兼ねるので便利です。

 口座開設の流れ
2019-12-05_15h09_29

トラッキングトレードの無料口座開設はこちら

トラッキングトレードの検証・攻略法

トラッキングトレードは、想定変動幅と対象資産から注文間隔と最大ポジション数が自動計算されますので、この4つの要素の関係を理解することが重要です。

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89_%e8%aa%bf%e6%95%b4

想定変動幅で調整する場合

想定変動幅を広げた時(500.0pip→700.0pip)

注文間隔が広くなるので、1回に狙える利益は大きくなるものの、取引回数は減ります。
広くなった値幅の分、余裕が持てるので、損切りにかかりにづらくなります。

%e6%83%b3%e5%ae%9a%e5%a4%89%e5%8b%95%e5%b9%85%e5%a4%a7

想定変動幅を狭めた時(500.0pip→300.0pip)

注文間隔が狭くなるので、1回に狙える利益は小さくなるものの、取引回数は増えます。
狭くくなった値幅の分、余裕はなくなりますので、損切りにかかりやすくなります。

%e6%83%b3%e5%ae%9a%e5%a4%89%e5%8b%95%e5%b9%85%e5%b0%8f

対象資産で調整する場合

対象資産を減らした時(400,000円→200,000円)

注文間隔が広くなるので、1回に狙える利益は大きくなるものの、取引回数は減ります。

img_order_fig3

対象資産を増やした時(400,000円→600,000円)

注文間隔が狭くなるので、1回に狙える利益は小さくなるものの、取引回数は増えます。

img_order_fig4

 

リピート注文が通貨ペア選びも大事な要素です。通貨ペアの選び方はこちらをご覧ください。

トラッキングトレードのメリット・デメリット

トラッキングトレードのメリット

トラッキングトレードは他のリピート注文にはない特徴を備えています。

  1. 取扱い通貨ペアは24種類
  2. 人気企画「ガチンコバトル」
  3. 本家iサイクル2取引よりも低スプレッド・高スワップ

取扱い通貨ペアは24種類

対象となる通貨ペアは下記の24通貨ペアとリピート注文最多です。

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
  • 豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
  • ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)
  • ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
  • ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)
  • ユーロ/NZドル(EUR/NZD)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
  • 英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
  • 英ポンド/NZドル(GBP/NZD)
  • 英ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • NZドル/米ドル(NZD/USD)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

人気企画「ガチンコバトル」

top_image

ガチンコバトルは、トレード方針の異なる4人のトレーダーが実際にトレッキングトレードを使って成績を競う人気企画です。2019年12月時点で第10回ガチンコバトル開催を迎えている息の長い企画です。

毎回、それぞれのトレーダーのトラッキングトレードの設定が公開されているので自身のトレードの参考にすることができます。

【テクニカル重視】
チャーティスト先生
トレードにはテクニカル分析だけで十分。
なぜって相場の要因は全て値動きに織り込まれるからね。
チャートで相場に勝ちたいなら私の情報を参考にすべきだね。
【ほったらかし運用】
怠け者の楽々投資
相場の予測は難しいので、わかりやすく考えてなるべくほったらかしで運用したいです。
トラッキングトレードはFXにぴったりなので、自動で注文してくれるのに任せます。
【ファンダメンタルズ重視】
ファンダメンタリスト
長く相場を見ておりますが、相場は値段とそれを動かす背景への理解が重要でございます。
相場を動かす材料と価格分析で利益を狙います。
【値ごろ感重視】
トラトレめがね
僕の様なFX初心者でも、自動注文のトラッキングトレードなら利益が出せるかも。
是非みなさん注目して下さい!本当は見よう見まねで不安も一杯です!!(苦笑)

 

ワンタッチ設定を使えば、好きなプレーヤーと同じ設定で簡単に発注することができます。

本家iサイクル2取引よりも低スプレッド・高スワップ

前述の通り、トラッキングトレードは外為オンラインのライセンス供与を受けており、iサイクル2取引と同じシステムで、取扱い通貨ペアも全く同じ24通貨ペアですが、トラッキングトレードのほうが本家よりもスプレッド・スワップ金利ともに圧倒的に有利な条件になっています。

スプレッド

 トラッキングトレードiサイクル2取引
米ドル/円0.2銭 1.0銭
ユーロ/円0.5銭2.0銭
英ポンド/円1.0銭3.0銭
豪ドル/円0.6銭3.0銭
NZドル/円1.3銭6.0銭
ユーロ/米ドル0.3pips1.0pips

 

 スワップ金利

 トラッキングトレードiサイクル2取引
米ドル/円60円40円
ユーロ/円-14円-30円
英ポンド/円25円5円
豪ドル/円20円5円
NZドル/円18円5円
ユーロ/米ドル-92円-95円

トラッキングトレードの無料口座開設はこちら

トラッキングトレードのデメリット

  1. 取引手数料がかかる
  2. レンジを固定できない
  3. 自動損切りされてしまう

取引手数料がかかる

トラッキングトレードで新規約定した取引には、1ロットあたり新規手数料200円(ライトコースは20円)と決済手数料200円(ライトコースは20円)の取引手数料が発生します。

取引手数料は新規注文約定毎(繰り返される注文も含みます)に新規手数料と決済手数料を合わせてお客様の証拠金から徴収いたします。

レンジを固定できない

前述の通り、トラッキングトレードは値動きを追いかけて仕掛けるレンジをトラッキングしていきます。

米ドル/円で100円以下では買い注文、101円以上では売り注文を仕掛けたい場合で考えてみます。値動きを追いかけて仕掛けるレンジをトラッキングしてしまうと現在値が99円でここから上昇した場合に100円を超えてもどんどん買い注文を仕掛けてしまうので思わぬ高値掴みをしてしまうリスクがあります。

自動損切りされてしまう

リピート注文は損切りにならないように資金管理を徹底して含み損を抱えながら反発を待つのが王道スタイルです。

しかしトラッキングトレードは予想と反対方向に想定変動幅を超える値動きがあると、1ロット分の取引証拠金を確保するために一番遠いレート水準にあるポジションを損切りしてしまいます。

この自動損切りを回避するためには下記で想定変動幅を広く取っておく必要があります(想定変動幅は次章で説明します)。

 

 

トラッキングトレードのの評判・口コミ

実際にトラッキングトレードを使っているユーザの評判・口コミを集めてみました。

良い評判・口コミ

複数のリピート注文を比較運用している方によればトラッキングトレードが一番利益が出ているようです。

また最近、新たにトラッキングトレードを始めた方も散見されました。

 

 

 

悪い評判・口コミ

目立って悪い評判や口コミはありませんでしたが、トラリピやループイフダンと比べるとユーザ数がかなり少ない印象です。

またレンジの設定を見誤ってロスカットされてしまった方もいらっしゃいました。リピート注文はレンジ設定と資金管理がキモとなりますので注意しましょう。

 

 

トラッキングトレード以外のリピート注文

今、一番アツいのがリピート系注文です。6つのリピート注文を徹底比較していますのでリピート注文興味のある方は是非ご覧下さい。

2019-10-12_20h16_14

 

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金
為替コヤジ
為替コヤジ

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました