トラリピの目安資金。最低いくら準備すれば自動売買できるのか?

トラリピ

為替コヤジはトラリピを約1,700万円で運用しています。しかし、これからトラリピを始めるあなたは、そんな大金をいきなり投入することはできませんよね?

そこで、これからトラリピを始める場合、運用資金はいくら準備すればいいのかを解説します。

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選6種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

本記事の内容

  • ロスカットされる確率がぐっと減る運用資金額
  • トラリピ公式が推奨する運用資金の計算方法
  • 為替コヤジのトラリピ設定

本記事を読み終えるとトラリピを始めるにあたって運用資金をいくら準備すればいいのかが分かります。

トラリピについてはこちらの記事をご覧ください。

トラリピ(マネースクエア)とは?仕組みや口座開設方法・設定方法を解説
為替コヤジのメイン口座であるトラリピについてその仕組みから口座開設方法、設定方法まで図解入りで詳しく解説しています。

トラリピは自己資金10万円から運用可能

トラリピは複数の注文を大量に発注するので、少額資金では無理と諦めてしまう方がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

トラリピは1,000通貨単位から始めることができます。

レバレッジ10倍で1,000通貨なら、米ドル/円は約1万2,000円、豪ドル/円は約9,000円で始めることができます。

例えば10万円の自己資金でレバレッジ10倍、つまり投資総額100万円のトラリピの運用を想定してみましょう。

この場合、米ドル/円なら約8,000通貨(約96万円)、つまり1,000通貨で8本発注することができます。同様に豪ドル/円なら約11本(約1万1,000通貨)発注することができます。

1,000通貨単位のトラリピを並べれば、10万円の自己資金でも10本程度のトラリピを発注できるわけです。

ただし、資金量が少ないとトラップの値幅が広くなるか、逆に値幅を狭くするとカバーできるレンジが狭まり、新規→決済を繰り返すトラリピの長所が生かせなくなってしまいます。

トラリピの無料口座開設はこちら

30万円が自動ロスカットの分岐点

lesson12_1

マネースクエアが集計した、2010年5月7日のギリシャ・ショック時の「投資金額別の自動ロスカット執行の割合(1万通貨単位の場合)」によると、自己資金が300万円以上ある投資家の自動ロスカットの執行比率は数%程度でした。

これに対し300万円未満になると一気に自動ロスカットが執行される割合が20%程度にまで上昇します。

つまり、トラリピを1,000通貨で運用する場合、運用資金が30万円あればロスカットされる確率がぐっと低くなるということになります。

トラリピ公式推奨の計算式

M2Jでは、“500円を積み重ねる資産運用”をはじめる資金の目安として次の計算式を推奨しています。

仕掛ける通貨ペアのレート × 1,000 × 21 ÷ 3

たとえば豪ドル/円が87円だった場合は以下のようになります。

87円 × 1,000 × 21 ÷ 3 = 609,000円

豪ドル/円でトラリピを仕掛ける資金の目安は約60万円という計算結果となりました。

 

「×1,000」について

これは、リピートイフダンを1本あたり1,000通貨で仕掛けることを示しています。

 

「×21」について

これは、1,000通貨のリピートイフダンを合計で21本仕掛けることを示しています。

23

「50銭下がったら買って、上がったら50銭の利益をねらう」というイメージのすき間のないトラリピを実現すべく、10円幅に21本という設定を基本としています。

 

「÷3」について

これは、レバレッジを3倍程度に抑えることを示しています。

トラリピの無料口座開設はこちら

為替コヤジのトラリピ設定

為替コヤジはトラリピで月に10~20万円稼いでいます。これだけ稼ぐのに必要な運用資金は約1,700万円です。

為替コヤジは以下のように11通貨ペアでトラリピを運用しています。

通貨ペアのリンクをクリックすると通貨ペアごとに詳細な設定内容と少ない資金での設定内容を見ることができます。

通貨ペア売買数量レンジ間隔利益金額
米ドル/円
1,00075.00~100.000.2円1,000円
1,000100.00~125.000.2円1,000円
ユーロ/円
1,00090.00~125.000.2円1,000円
1,000125.10~160.000.2円1,000円
ユーロ/米ドル1,0001.0000~1.25000.002ドル10ドル
1,0001.2500~1.50000.002ドル10ドル
豪ドル/円
1,00060.00~80.000.2円1,000円
1,00080.00~100.000.2円1,000円
豪ドル/米ドル
1,0000.5500~0.80000.002ドル10ドル
1,0000.8000~1.05000.002ドル10ドル
NZドル/円
1,00050.00~70.000.2円1,000円
1,00070.00~90.000.2円1,000円
NZドル/米ドル
1,0000.5000~0.65000.002ドル10ドル
1,0000.6500~0.80000.002ドル10ドル
カナダドル/円
1,00070.00~95.000.2円1,000円
1,00095.00~120.000.2円1,000円
英ポンド/円
1,000110.10~149.700.2円1,000円
1,000150.10~189.700.2円1,000円
英ポンド/米ドル
1,0001.1010~1.39900.002ドル10ドル
1,0001.4010~1.69900.002ドル10ドル
豪ドル/NZドル
1,000ベース:1.0010~1.0700
コア:1.0410~1.0700
0.001NZドル8NZドル
1,000ベース:1.0710~1.1400
コア:1.0710~1.1000
0.001NZドル8NZドル
【2021年保存版】為替コヤジおすすめのトラリピ設定を完全公開
トラリピを実際に9年間運用して分かったおすすめのトラリピ設定・全11通貨ペアを完全公開します。資金が少ない人でも取り組める対策も紹介していますので不労所得に興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

まとめ

1,000通貨単位で余裕のあるトラリピを始めるには、30万円程度の資金はあったほうがいいでしょう。10万円でも可能ですが、トラリピのメリットを生かすことができません。

トラリピはできるだけ狭い値幅で広範囲にトラップを仕掛けるのが理想的な運用方法なので最初は30万円で運用を開始し、様子を見ながら資金を追加し、徐々に本数とレンジ幅を増やしていきましょう。

 

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました