【2020年】為替コヤジも実践中!豪ドル/円(AUD/JPY)の予算別トラリピ設定

トラリピ

為替コヤジのメイン口座であるトラリピの豪ドル/円の設定内容を公開します。資金効率を多少犠牲にしても○○ショックのような大暴落を楽しめるような、低リスク設定を目指しています。

また運用資金の少ない人のために予算別のトラリピ設定も併せて紹介します。是非参考にしてみて下さい。

トラリピ運用方針

為替コヤジのトラリピ運用方針は以下の通りです。以下の4つを実践することで相場を予想せずに低リスクで不労所得を得ることができます。特にレンジを広くとることで暴落をボーナスステージに変えることができます。

  1. ロスカットしない
  2. 過去20年の最高値から最安値まで幅広くトラップを仕掛ける
  3. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  4. ハーフ&ハーフで証拠金と含み損を減らす

なお、トラリピをやろうと思ったら失敗しないためにこちらの記事を最初にご覧下さい。

【完全保存版】7年間運用して分かった、失敗しないトラリピ設定のやりかたと管理方法
2012年にトラリピを開始してから7年間の間にたくさんの失敗をしてきました。しかし今なら同じ失敗をしないようにトラリピを設定・管理することができます。 そこでこれからトラリピを始めるあなたに7年間運用して分かった、失敗しないトラリピ設...

トラリピ設定(豪ドル/円)

1. トラップレンジの決定

まずはどの範囲にトラップを仕掛けるかを決めます。まずは豪ドル/円の過去20年の月足チャートを確認します。

豪ドル/円は60円から100円のレンジにほぼ収まっていますので中央値の80円から下に買いトラリピ、上に売りトラリピのハーフ&ハーフを仕掛けます。

現時点で上限から下限までびっしりとトラップを仕掛ける必要はありませんが、仕掛けるだけであれば証拠金は拘束されないので為替コヤジはびっしりとトラップを仕掛けています。

みんな使っているトラリピのハーフ&ハーフとは?最大のメリットは資金の削減
トラリピで成功しているトレーダーの多くが利用しているトラリピのハーフ&ハーフ。なぜトラリピ中級者はこぞってハーフ&ハーフを利用するのでしょうか?

2. トラリピ設定

豪ドル/円のトラリピ設定の詳細は以下のようになります。

設定内容買い売り
レンジ60.10~79.9080.10~99.90
注文金額1,000通貨1,000通貨
トラップ本数100本100本
トラップ間隔0.2円0.2円
利益金額1,000円1,000円
決済トレールありあり
ストップロスなしなし
発注証拠金280,000360,000

まずトラップの間隔は資金面から0.20円としています。資金が増えれば将来的には0.10円にします。

利益金額(円)はATR(Average True Range)と呼ばれる“真の変動幅”から算出するのが理想とされていますが、年や相場によって異なるので利益金額の最適値が一意に決まりません。利益金額の最適値については様々なサイトで検証されていますが、0.5円であったり、2円であったりとマチマチなのはそのためです。

ただ、狭すぎると資金効率が悪くなることははっきりしているので600円から1,000円くらいで設定しておけばそれほど得られる利益に差はありません。

そこで為替コヤジは利益金額を切りよく1,000円(つまり1円上昇・下落したら決済)にしています。

利益金額が広すぎてなかなか決済されない場合はこちらの記事をご覧下さい。

相場が動かず、トラリピが約定しないときに試したい3つの対策
ここ最近、相場があまり動かず、なかなかトラリピが決済されない日々が続いています。そんなときに試してほしい対策を3つ紹介します。

決済トレールはボラティリティが大きい相場なら効果大ですが、逆に小さい相場では利益を削ることもあります。為替コヤジは基本付けっぱなしです。

ストップロスは設定しません。ロスカットにならないように資金管理を行います。

発注証拠金はハーフ&ハーフなので売りトラリピと買いトラリピの多い方、つまり360,000円となります。

実際の設定は数回に分けて行う

トラリピ注文は1度に101本までしか同時に発注できませんが、豪ドル/円は必要なトラップが売り・買いそれぞれ100本ずつなのでそれぞれ1回で発注できます。

<米ドル/円の場合>
トラリピ注文

トラリピ管理表ではトラリピの発注単位で管理できます。例えば2回に分けて発注すると2回分のレコードが作成されます。トラリピ管理表では発注毎に注文の詳細内容の確認や修正・取消・再設定ができます。したがって後々管理しやすいレンジに分けて発注しておくと便利です。

A:通貨ペア、売買で検索
B:レンジアウトに色をつける。
水色:利食い方向にレンジアウト
黄色:損失方向にレンジアウト
C:項目の昇順または降順でのソート
D:各トラリピ注文の詳細を表示
E:トラリピの取消・再設定を行う画面に遷移

トラリピ公式サイト

3. 運用資金の設定

トラリピでもっとも大事なのがロスカットレートの設定です。買いトラリピの場合、下落時にいくらまで耐えられるのかを決めます。

為替コヤジはレンジ最安値まで耐えられる設定にします。レンジ最安値まで下落することはないと考えればもっと高い価格でも構いません。

ただ、あまり高い価格で設定すると数年に1度訪れる大暴落(最近ではアップルショックやコロナショック)の時に相当慌てます。おそらく生きた心地はしないでしょう。できるだけ安い価格で設定しておくことをおすすめします。

ロスカットレートが下であればあるほど大暴落はチャンスになります。大暴落を経験するとよくわかりますが、数ヶ月分の利益を数日で荒稼ぎします。逆にロスカットレートが上すぎると大暴落は大ピンチとなり、心臓がバクバク言います。最悪の場合は退場です。

為替コヤジはスイスフランショック、チャイナショック、トランプショック、アップルショック、コロナショックと経験していますが、資金管理を怠ったせいでピンチとチャンスの両方を経験しています。

運用資金はトラリピ運用試算表で確認

自分で想定した価格まで耐えるには運用資金はいくら必要なのかを試算するにはトラリピ運用試算表を使います。

例えば米ドル/円で75円~105円のレンジに150本のトラップを仕掛けてロスカットレートを75円とする場合、必要な運用資金は270万円であることが分かります。

2020-03-15_11h48_11

2020-03-15_11h49_35

トラリピ運用試算表の入力順からすると先に運用資金を入力し、結果としてロスカットレートが表示されますが、考え方としては真逆になります。

つまり、トラリピ運用試算表は「運用資金をベースにいくらま円まで耐えられるか」を試算してくれるツールですが、発想がそもそも逆で「△△円まで耐えるためには運用資金はいくら必要か」を考える必要があります。

あくまで最初に決めるのはロスカットレートです。自分の運用資金でいくらまで耐えられるかを知ることも大事ですが、ロスカットレートから適切な設定や運用資金を決めて下さい。

<正しい考え方>△△円まで耐えるためには運用資金は○○円必要
<誤った考え方>運用資金が○○円なら△△円まで耐えられる

リアルなロスカットレートはExcel管理

トラリピ運用試算表で算出されたロスカットレートはすべての注文が約定した場合のレートです。

しかし実際にはすべての注文が約定される人は少なく、特にトラリピ運用歴の浅い人はレンジの一部しか推移していないと思います。

例えば50円から100円のレンジでトラリピを設定している場合、トラリピを開始したのが80円で90円まで上昇した後、50円まで下落したと想定すると90円より上のレンジにはポジションはありませんよね?そうするとロスカットレートはトラリピ運用試算表で算出されたレートよりも下になります。

そこで為替コヤジはExcelで簡単なツールを作成してリアルなロスカットレートを管理しています

①に実際しているポジションを入力すると②のロスカットレートが自動で計算されます。

簡単な計算式だけで作成したツールですが、欲しい方が多数いらっしゃるようであれば配布しようと思います。

自作のExcel管理ツールで計算すると為替コヤジの場合、ユーロ/円のロスカットレートは以下のようになります。

運用資金:125万円
売りトラリピのロスカットレート:98.56円
買いトラリピのロスカットレート:59.98円

トラリピ公式サイト

4. 資金別トラリピ設定

前述の通り、為替コヤジは豪ドル/円を125万円で運用していますが、いきなり125万円は出せないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで運用資金が少ない場合はトラップ間隔を広げるか、あるいはレンジを狭めることでトラリピを開始することができます。

トラリピの目安資金。最低いくら準備すれば自動売買できるのか?
トラリピで自動売買する場合、運用資金をいくら準備すればいいのでしょうか?

ただし当サイトではトラリピが常に回転するようにトラップレンジを狭めることは推奨していませんのでトラップ間隔を広げて下さい。トラップ間隔が2倍になれば運用資金は半分に、4倍にすれば1/4になります。

通貨ペア0.1円0.2円0.4円0.8円
豪ドル/円250万円125万円62.5万円31.25万円

トラップ間隔は最終形をイメージしておくと後々便利

最終的に0.1円刻みでトラップを仕掛けたい場合、暫定のトラップ間隔は0.2円間隔、0.4円間隔、0.8円間隔になるように気を付けて下さい。例えば初めに0.5円間隔にしてしまうと等間隔でトラップを仕掛けることができなくなってしまいます。

トラリピ間隔

左の図は最初ににトラップを仕掛け、次ににトラップを仕掛けた場合のトラップ位置を示しています。

初めに0.2円、0.4円間隔でトラップ()を仕掛けた場合、次のトラップ()が等間隔に配置されています。

ところが初めに0.5円間隔で仕掛けてしまうと次のトラップを等間隔に仕掛けることができなくなってしまいます。

このように暫定的にトラップを仕掛ける際は最終形をイメージして仕掛けて下さい。

豪ドル/円のトラリピはいつ始めるのがベストか?

為替コヤジのトラリピ運用方針はロスカットをせずに利益を積み上げていくのでできるだけ早く始めるのが理想です。

ただし、厳密にはもっと始めるのに適切なタイミングというものがあります。それは価格がレンジの天井か、あるいは底に近づいた時に運用を開始する方法です。

例えば買いトラリピの場合、レンジの底である60円近辺で始めると上がる可能性が高いので安値で仕込むことができます。

逆に下がっても60円近辺なら下落は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

一方、売りトラリピの場合、レンジの天井である100円近辺で始めると下がる可能性が高いので高値で仕込むことができます。

逆に上がっても100円近辺なら上昇は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

中央値である80円近辺で始めた場合、しばらくの間、80円近辺をウロウロしてくれれば利益を積み上げてくれますが、始めた直後に一方向に動き出すと大量の含み損を抱えることになります。

したがってトラリピを始めようと思っている通貨ペアがレンジの天井か、底に近づいているなら今がチャンスです。

トラリピ公式サイト

豪ドル/円以外のトラリピ設定

為替コヤジは11通貨ペアでトラリピを運用しています。豪ドル/円以外の通貨ペアのトラリピ設定については下記の記事をご覧下さい。

【2020年保存版】為替コヤジおすすめのトラリピ設定を完全公開
トラリピを実際に8年間運用して分かったおすすめのトラリピ設定を完全公開します。資金が少ない人でも取り組める対策も紹介していますので不労所得に興味のある方は是非参考にしてみて下さい。 この記事は、2020年8月15日に公開された記事を再編集...

コメント

タイトルとURLをコピーしました