ループイフダンとは?評判・口コミからメリット・デメリットまで徹底解説

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ループイフダン

ループイフダンとは、どんなサービスですか?仕組みやおすすめポイント、使い方まで詳しく知りたい。

 

そんなお悩みにお答えします。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、為替コヤジ)が書いています。

 

  • アラフィフの会社員
  • 投資歴11年、運用資産3,000万円
  • 2021年実績:+290万円、2022年実績:含み損2,000万円超
  • トラリピやマイメイト、投信積立、仮想通貨積立などのほったらかし投資メイン

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

この記事でわかること
  • ループイフダンとは?
  • ループイフダンの最新情報
  • ループイフダンのメリット・デメリット
  • ループイフダンの評判・口コミ
  • ループイフダンに向いている人
  • ループイフダンの注文方法
  • ループイフダン運用のコツ
  • ループイフダンの運用実績

 

今回は、数項目の設定だけで手軽にリピート系注文が始められるアイネット証券のループイフダンについて仕組み・おすすめポイントから発注方法まで徹底解説します。

 

ループイフダンの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>ループイフダンの公式サイトはこちら

ループイフダンとは?

ループイフダンとは一定の値幅ごとにエントリーから利食いを繰り返す、アイネット証券が提供するオリジナルの自動売買ツールです。

loopslide09

ループイフダンは全20通貨ペアに対応しており、設定値幅は通貨ペア毎に異なります。例えば「ループイフダンB15」は15pipsごとに買い注文と利食いの売り注文を繰り返し、「ループイフダンS15」は15pipsごとに売り注文と利食いの買い注文を繰り返します。

loop_BS

ループイフダンは下記91パターンにそれぞれB(ロング)とS(ショート)があるので全182種類となります。

通貨ペア設定値幅(pips)
米ドル/円10 / 15 / 25 / 50 / 100
ユーロ/円10 / 20 / 40 / 80 / 100 / 120
ポンド/円20 / 50 / 100 / 150
豪ドル/円10 / 20 / 40 / 80 / 100
ユーロ/米ドル10 / 20 / 40 / 60 / 100
NZドル/円20 / 40 / 80 / 100
豪ドル/米ドル10 / 20 / 40 / 80 / 100
カナダドル/円20 / 40 / 80 / 100
メキシコペソ/円10 / 25 / 50 / 100 / 150 / 200
南アフリカランド/円25 / 50 / 100 / 150 / 200
トルコリラ/円25 / 50 / 100 / 150 / 200
スイスフラン/円20 / 40 / 80 / 100
NZドル/米ドル20 / 40 / 80 / 100
豪ドル/NZドル20 / 40 / 80 / 100
豪ドル/スイスフラン20 / 40 / 80 / 100
英ポンド/米ドル20 / 50 / 100 / 150
ユーロ/豪ドル20 / 40 / 80 / 100
ユーロ/英ポンド20 / 40 / 80 / 100
米ドル/カナダドル20 / 40 / 80 / 100
米ドル/スイスフラン10 / 15 / 25 / 50 / 100

 

ループイフダンBSとは?

さらに2021年8月にはループイフダンBとループイフダンSの両方の機能を持ったループイフダンBSがリリースされました。

設定値幅はB(ロング)とS(ショート)と同様、20通貨ペア・91パターン用意されています。

従来のループイフダンは買いか売りを指定して運用しますが、ループイフダンBSはこれだけで売りと買いの両方の取引をしてくれます。

売りと買いのループイフダンを稼働させるとそれぞれに取引証拠金が必要ですが、ループイフダンBSは片側だけの取引証拠金で運用を開始することができます

さらにアドバイス機能では「過去の高値と安値の差」を前提に「資金が足りているか」のチェックをして、途中で停止とならないような設定と資金をアドバイスしてくれます。

アドバイスされた設定をそのままワンクリックで開始することができますので、初めての方でも安心してループイフダンを始めることができます。

注意点はループイフダンBSの場合、すべて「損切りあり」になる点です。

ちなみにランキングを見るとループイフダンBSが上位を独占しています

 

ループイフダンの無料口座開設はこちら

値幅による違いとは?

ここで値幅の違いによる影響を確認しておきましょう。

ループイフダン値幅による違い

値幅が狭くなればなるほど利益をあげる確率は高まりますが、保有ポジションが増え、より多くの証拠金が必要になります。運用資金が少ない場合は80や100などの広い値幅を選んで下さい

参考 ループイフダン(アイネット証券)公式サイト

ループイフダンの最新情報

ループイフダンの仕組み・スペック

取引ツール

取引のメインツールであるループ・イフダンはトラリピのように自分で値幅はやレンジ、数量を決める必要がなく、既存の設定から選択するだけで開始することができるのPCの初心者でも手軽に開始することができます。

最大ポジションは新規注文可能額から決まりますが、自分でポジション数を制限してリスクを限定することもできます。

サブツールとして高評価なのがレート変動幅確認表と目安資金表です。

まずレート変動幅確認表で過去のどのくらいの変動幅があったかを確認します。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%a4%89%e5%8b%95%e5%b9%85

そして目安資金表で想定される変動幅に対して必要な資金を確認することができます。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%80%e3%83%b3%e7%9b%ae%e5%ae%89%e8%b3%87%e9%87%91%e8%a1%a8

またマイセーフティ機能を使えば、口座全体の損失額を設定できる機能です。

口座全体の損失額なので、ループ・イフダンごとに設定することはできません

運用中の損失額が設定金額を超えると決済注文が発注され、損失を制限することができます(相場状況によっては設定金額以上の損失が生じる場合もあります)。

 

ちなみにループイフダンはひまわり証券でも利用することができます。

 

またループイフダンと同じ人気のリピート注文を比較してみましたのでこちらもご覧ください。

最低取引数量

1,000通貨単位で取引が可能です。

通貨ペア数

ループ・イフダンの取り扱い通貨ペアは以下の20通貨です。

クロス円以外も豊富に揃っているので、通貨ペアによるリスク分散も期待できます。

 

取引コスト

取引手数料

ループ・イフダンはリピート系注文では唯一取引手数料が無料となっています。

トラリピは「高額な取引手数料を徴収する代わりに高機能取引ツールや豊富な情報コンテンツを提供します」というスタンスであるのに対し、アイネット証券のループ・イフダンは「必要最低限のツールや情報しか提供しない代わりに取引手数料を無料にします」というスタンスを採っています。

ループイフダンの無料口座開設はこちら

スプレッド

ループ・イフダンのスプレッドは全体的に高めとなっています。

米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/米ドル
2.0銭3.0銭5.0銭4.0銭

スワップ金利

ループ・イフダンのスワップポイントは業界最高水準となっていて、リピート系注文の中では群を抜いています。

 

米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円NZドル/円南アランド/円
26円-14円37円15円23円11円

情報コンテンツ

アイネット証券自体によるループ・イフダンの情報コンテンツはあまりありません。

ただ、ブロガーを巻き込んでの動画(動画ライブラリー)や記事(シストレちゃんねる)の提供が豊富です。

スマホ

トラリピ専用アプリ「i-NET TRADER」はAndroid、iPhone、iPadに対応しています。

AndroidiPhoneiPad
×

img_main自動ログイン機能も実装されていて、動作速度や操作性は問題ありません。ポジションや口座の状況照会も見やすくなっています。

アプリからWEBマイページへ行ったり来たりすることがなく、スマホアプリ内ですべて操作できますので、ストレスなく利用できます。

 

ループイフダンのメリット・デメリット

ループイフダンはトラリピやトライオートFXと比べてとてもシンプルな発注方法です。取引コストも業界最低水準なのでコスト重視の方にはおすすめです。

  1. 80%の利用者が資産を増やしている
  2. 業界最低水準の取引コスト
  3. 超シンプルな発注方法
  4. スワップポイントは業界最高水準
  5. 初心者に優しいマイセーフティ機能

ループイフダンのメリット

80%の利用者が資産を増やしている

img01

2018年実績でループイフダンの利用者の約80%が資産を増やしています。FXで資産を増やす人が1割とも3割とも言われる中で

業界最低水準の取引コスト

取引コストには手数料とスプレッドがありますが、ループイフダンは取引手数料が無料な上にスプレッドも業界最低水準となっています。リピート注文は売買を繰り返し行うことで小さな利益を積み上げるので取引コストは利益を左右する大きな要素となります。

リピート注文のコスト比較2019-11-11_00h33_54

 

超シンプルな発注方法

ループイフダンの発注方法は非常にシンプルで売買システム(ループイフダン)を選び、「損切設定」「取引数量」「最大ポジション数」を入力するだけで自動売買を開始することができます。

最大ポジションは新規注文可能額から決まりますが、自分でポジション数を制限してリスクを限定することができます。

ループイフダンはトラリピとは異なり、複雑な設定がいらないのでシストレ初心者はもちろん、パソコン初心者でも簡単に取引できます。

スワップポイントは業界最高水準

ループ・イフダンのスワップポイントは業界最高水準となっています。含み損に耐えながら長期保有するリピート注文ではスワップポイントは大きな収益となります。

初心者に優しいマイセーフティ機能

「マイセーフティ」とは、口座全体の損失額を設定できる機能です。運用中の損失額が設定金額を超えると決済注文が発注され、損失を制限することができます(相場状況によっては設定金額以上の損失が生じる場合もあります)。

ループ・イフダン_マイセーフティ

ループイフダンのデメリット

為替コヤジもかつてもループイフダンを運用していましたが、ユーロ/円で20万円の利益を得て手仕舞いました。

なぜ現在使っていないのかというとループイフダンは発注レンジを指定できないからです。

為替コヤジのリピート系注文の基本はハーフ&ハーフです。ハーフ&ハーフは中央値の上で売り注文を、下で買い注文を出すため、○○円~○○円というように決まった範囲に注文を仕掛ける必要があります。

ところがループイフダンは開始した価格を基準として発注されるのであらかじめ発注レンジを指定しておくことができません。

そのため、買いの発注レンジを抜けて売りの発注レンジに入った場合には手動で買いのループイフダンを停止し、売りのループイフダンを開始しなければなりません

この手間を惜しまなければループイフダンのほうがスワップ分が圧倒的に有利なのでループイフダンをおすすめします。

またFX初心者やPC・スマホに慣れていない方もトラリピやトライオートFXでは設定で躓くのでループイフダンをおすすめします。

ループイフダンの無料口座開設はこちら

ループイフダンに向いているのはこんな人

ループイフダンのメリット・デメリットや評判・口コミから分かる、ループイフダンに向いている人はこんな人です。

  • スワップやスプレッドを重視する人
  • 長期運用できる人
  • 資金が比較的豊富にある人

 

スプレッドやスワップを重視する人

ループイフダンはリピート型自動売買の中でもスプレッドやスワップの条件が優れています。

なので使い勝手や設定の柔軟性よりもスプレッドやスワップなどの取引条件を重視する人には向いています。

長期運用できる人

ループイフダンは1回の決済で得られる利益は1,000円程度なので長い月をかけてコツコツを利益を積み上げていく投資スタイルに向いています。

しかも最初のころは決済益よりも含み損が多い期間が続きますので短期で利益を得たいと思う方には不向きです。

ループイフダンはリスクを抑えて長い時間をかけて利益を積み上げようと考えている人に向いています。

資金が比較的豊富にある人

ループイフダンは30万円程度でも始めることができますが、あっという間にレンジを外れてしまうこともあります。

複数の通貨ペアである程度広いレンジを想定して運用するのであれば最低でも100万円、理想は500万円くらいあるとループイフダントラリピのメリットを享受することができます。

ループイフダンの発注方法

1. 運用するループイフダンを選択します。

guide2_2

2. 最大ポジション数を設定してください。

guide2_3

3. 内容を確認して「開始」ボタンをクリックして運用スタートです。

guide2_4

損切りの有無

ループイフダンでは損切りのあり・なしを選択できます。

ありの場合には最大ポジション数を超えると一番含み損の多いポジションを損切りして新たにポジションと取ります。

なしの場合には最大ポジション数を超えても新たなポジションを取らずに保有し続けます。

損切りありなし

ループイフダンの無料口座開設はこちら

ループイフダンの評判・口コミ

実際にループイフダンを使っているユーザの評判・口コミを集めてみました。

ループイフダンの良い評判・口コミ

好成績を残しているユーザが多く、大きなリスクを取らずに運用していれば月に数十万の利益が出ているようです。

 

ループイフダンの悪い評判・口コミ

ループイフダンなどのリピート注文はレンジで強みを発揮しますが、レンジを抜けて一方向にトレンドが出てしまうと上手くリピートしてくれません。

注文が繰り返されるレンジをどの範囲に定めるかが重要であることが分かりますね。

ループイフダン運用のコツ

ループイフダンは新規注文と決済を繰り返すだけの簡単な仕組みですが、運用方法を間違うとループイフダンで大損することになります。

為替コヤジも最初はループイフダンで強制ロスカットに遭いました。

そこでループイフダンで手堅く稼ぐ運用のコツを解説します。

ループイフダンに必要な資金は?

ループイフダンを始めるに当たって運用資金はどれくらい必要でしょうか?

レバレッジをかければ数万円から始めることも可能ですが、ループイフダンはロスカットさせずにコツコツと小さな利益を積み上げるのが王道なので最低でも1通貨当たり30万円は用意する必要があります。

できるなら100万円貯めて3つの通貨ペアを運用するとリスク分散にもなるのでおすすめです。

 

下記はトラリピ向きの記事ですが、ループイフダンにも当てはまるの参考にして下さい。

通貨選び

ループイフダンの最初の一歩は通貨選びです。ループイフダンでは20通貨を取り扱っていますが、すべてがループイフダンに向いているわけではありません。

この通貨選びを間違うとループイフダンで大損することになります。

 

下記はトラリピ向きの記事ですが、ループイフダンにも当てはまるの参考にして下さい。

ループイフダンB、S、BSのどれを使うか?

ループイフダンにはB(買い)、S(売り)、BS(両建て)の3種類がありますが、BSはおすすめしません。

理由はレンジを上に抜けても下に抜けても強制ロスカットに遭う可能性が高いからです。

おすすめはループイフダンBとSをハーフ&ハーフの形で運用する方法です。

また「損切りなし」と「損切りあり」が選べますが、「損切りなし」を選んで下さい。

 

値幅についてはループイフダン目安資金表を見ると、「ポジション数」という項目がありますが、ポジション数は値幅が狭いほど多くなり、値幅が広いほど少なくなりますが、この数が運用時の必要資金や利益額に大きく関係しています。

hikaku

つまり、値幅の狭いループイフダンは資金が必要となりますが、利益も基本的に大きくなります。

一方、値幅の広いループイフダンは利益は少なくなりますが、リスクを抑えて運用することができます。

このように値幅の違いによる特徴をしっかりおさえて運用することがループイフダン成功のカギとなります。

複数通貨で運用する

ひとつの通貨ペアで運用している時にレートが下がると下がった分だけ評価損となります。下落が大きければそのまま強制ロスカットになることもあります。

ところが値動きの異なる複数の通貨ペアで運用するとある通貨ペアが下落しても他の通貨ペアが上昇することがあるので全体の評価損を抑えることができます。

ロスカットレートを正確に把握する

売買はループイフダンが自動で行ってくれますが、資金管理だけは自分で行う必要があります。この資金管理を怠るとあっという間にロスカットされてしまいます。

ロスカットされないためには常にロスカットレートを正確に把握しておかなければなりません。

ロスカットレートはアイネット証券が提供している「目安資金表」を活用してもいいですが、トラリピ運用試算表を使って計算することもできます。

トラリピ運用試算表はトラリピを口座開設するだけで使うことができるのでトラリピの口座開設もしておきましょう。

>>トラリピの口座開設はこちら

 

またループイフダンでは、強制ロスカットとは別に保有ポジションの損失合計が自身で設定した金額に達していないかをシステムが5分ごとにチェックする『マイセーフティ機能』が用意されています。

システムの判定時に保有ポジションの損失合計が設定した金額に達していた場合、全てのポジションを決済してループイフダンの稼働を停止します。

初心者はマイセーフティ機能を利用するのもおすすめです。

ループイフダンの運用実績

アイネット証券のループイフダンは2015年3月に運用を開始し、2019年1月に運用を停止しました。

47ヶ月間の最終損益は+177,581円でした。

資金管理が甘く、一度強制ロスカットを喰らいましたが、その後、利益を積み上げてしっかりとプラスで終えることができました。

 

 

ループイフダンの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>ループイフダンの公式サイトはこちら

まとめ

私も以前、ループイフダンを運用していましたが、トラリピと比べて約定力やスプレッドの影響で利益が積みあがるのが早く感じました。

ほったらかし投資に興味がある方はループイフダンの運用をおすすめします。

 

ループイフダンの特徴・評判をまとめてみました。

  • あらかじめ設定された値幅の設定を選ぶだけでFXリピート型自動売買が開始できる
  • スプレッドやスワップなどの取引条件がリピート型自動売買の中で有利
  • レンジ指定ができないので想定レンジを超えた場合は手動で停止する必要がある
  • 現在の人気はループイフダンBS
  • 運用資金は最低100万円、理想は500万円

 

ただし、ループイフダンがどんなに優れていてもループイフダン1本で運用するのはリスクがあります

他の自動売買ツールやFX取引以外にも組み合わせてリスクを分散しながら運用することをおすすめします。

私のおすすめの自動売買ツールを紹介していますのでよろしければ参考にしてみて下さい。

おすすめはマイメイトです。レンジ相場に強いループイフダンとトレンド相場に強いマイメイトの相性は最高です。

 

また仮想通貨を組み入れることもリスク分散になります。併せてこちらもご覧ください。

 

ループイフダンの無料口座開設はこちら

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。複数通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
松井証券FX自動売買トラリピにない通貨ペアで運用。少額&ローリスク運用
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立GMOコインの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、松井証券FX自動売買、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

 

  • トラリピ、松井証券FX自動売買、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金
為替コヤジ
為替コヤジ

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。

 

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

 

為替コヤジはブログ以外にもTwitterやIntagramで週次実績やほったらかし投資で稼ぐコツを発信していますのでフォローしてみよう!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました