手間とコストでみる本家トラリピ・半自動トラリピ・手動トラリピ・トラリピEAの違いとは?

cameras-2165761_640

最近ではマネースクエアのトラリピではなく、半自動あるいは手動でトラリピと同じようなFX取引を実践するユーザが増えています。半自動・手動トラリピに加えてトラリピEAと本家トラリピとの違いを手間とコストの両面から解説します。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

半自動トラリピ、手動トラリピ、トラリピEAとは?

通常、トラリピといえばマネースクエアのトラリピのことを指しますが、最近は半自動トラリピや手動トラリピというFX手法をよく目にします。半自動トラリピや手動トラリピとはどのような手法でしょうか?

トラリピ(マネースクエア)とは?仕組みや口座開設方法・設定方法を解説
為替コヤジのメイン口座であるトラリピについてその仕組みから口座開設方法、設定方法まで図解入りで詳しく解説しています。トラリピとは?トラリピとはマネースクエア...

半自動トラリピ

マネースクエアのトラリピが全自動なのに対し、半自動トラリピは半分自動・半分手動でトラリピを同じようなリピート注文を行います。この半自動トラリピを実現できるのはマネーパートナーズの連続予約注文です。

連続予約注文(マネーパートナーズ)とは?仕組み・おすすめポイントから発注方法...
徹底的にコストにこだわる方にオススメしたいのがマネーパートナーズの連続予約注文です。取引手数料無料&驚きの低スプレッドで無駄なコストを徹底排除しています。...

連続予約注文は最大20件(最低2件)のIFD注文またはIFO注文を1セットで発注し、決められた順番で注文が1件ずつ発注されます。つまり、最大20件は自動でトラリピを実現できますが、それ以降は手動で注文を入れる必要があるため、半自動トラリピと呼ばれます。

参考 これだけは押さえておきたい7つの注文方法

20件までしかトラリピができないにもかかわらず連続予約注文を使う理由はコストにあります。
トラリピも連続予約注文も取引手数料は無料ですが、スプレッドに大きな差があります。下の表はリピート注文のスプレッドを比較した表ですが、たとえば米ドル/円を見てみるとトラリピが3.0銭であるのに対し、連続予約注文はたったの0.3銭となっています。つまり連続予約注文はのコストはトラリピの1/10ということになります。

スプレッド
2019-10-12_20h10_48

またトラリピのスワップポイントは無いに等しいのでスワップポイントを考えても連続予約注文のほうが圧倒的に有利です。

トラリピではなく、連続予約注文を利用する理由は多少の手間がかかってもコストを抑えつつ、スワップポイントを稼ぐことにあります。

手動トラリピ

手動トラリピは全てのIFD注文を手動で設定します。IFD注文ができないFX会社はほぼないのでFX会社は選び放題です。手間さえ惜しまなければスプレッド・スワップポイントを考慮して通貨ペアごとにFX会社を変えることもできます。

ここまで徹底すれば利益の積み上がり方はトラリピの比ではないでしょう。手動トラリピ向きのFX会社は以下の5社です。

ただし、為替コヤジのように数千本のIFD注文を手動で仕掛けるのはかなり骨の折れる作業です。かといって事前に広範囲にわたってIFD注文を仕掛けておかないと2019年1月3日のフラッシュ・クラッシュのような行って来いの相場ではチャンスを逃します。

トラリピEA

トラリピEAは、本家トラリピと同じような全自動トラリピですが、トラリピと同等の機能を持ったEA(Expert Advisor)をメタトレーダー(MT4・MT5)上で稼働させます

EAをメタトレーダー上で稼働させるには、まず24時間365日稼働するVPS環境を準備し、トラリピEAを入手する必要があります。VPS環境は月に数千円、トラリピEAは自作することもできますが、購入するなら数万円くらいかと思います。

ただ、トラリピEAは2013年頃に一斉に販売停止になっていて今は販売しているところはほとんどありません

個人で販売したり、無料配布しているサイトも稀にありますが、何の保証もないEAに何十万、何百万も預ける気にはなりません。FINAL REPEATのほうがまだマシです。為替コヤジが本気でトラリピEAをやるならきっちりと仕様書を作って腕のいいプログラマーにEA開発をお願いします。

質のいいトラリピEAを入手することができれば、低スプレッドのMT4業者は選び放題なので全自動で本家トラリピより圧倒的に稼げるでしょう。海外FX会社を使ってキャッシュバックをもらうのもアリです。

全自動トラリピができるのはトライオートFXだけ

本家トラリピと同じ仕組みを実現できるのがトライオートFXです(厳密に言えばトレール注文だけは実現できません)。

高スワップのトラリピ!?トライオートFXでトラリピを実現する方法
トラリピをやりたいけどスワップが安いとお悩みのあなた。実はユーザ設定型自動売買のトライオートFXなら高スワップのトラリピを実現することができます。この記事は、2...

 ただ、トライオートFXは取引手数料が1,000通貨往復40円かかってしまうのでスプレッドは狭いですが、総コストではトラリピより割高です。トライオートFXでトラリピを実現するならトラリピにない通貨ペアがおすすめです。

まとめ

結局のところ、コストと手間のトレードオフということになります。手軽さを重視すればコストの高いトラリピになるし、手間を惜しまなければ低コストの手動トラリピということになります。

為替コヤジは手軽さを最重視しているので迷うことなく本家トラリピですが、手動トラリピを行うユーザーが増えているのは、実際やってみるとそれほど面倒ではないからかもしれませんね。

  コスト 手間
トラリピ 高い(運用) 超簡単
半自動トラリピ 安い  やや面倒
手動トラリピ かなり安い  かなり面倒
トラリピEA 高い(初期)
安い(運用)
 かなり面倒(初期)
簡単(運用)

コメントを残す