FX自動売買(システムトレード)完全攻略ブログ

6533158_s

為替コヤジのFX自動売買は、FX自動売買(システムトレード)情報満載のFX自動売買完全攻略ブログです。FX自動売買の攻略方法からFX自動売買の最新ニュースまでFX初心者の方にも分かりやすく解説しています。さらにFX自動売買でさらに利益を上げたい中上級者の方にも役立つ情報を日々配信しています。

また為替コヤジ自身も試行錯誤を繰り返しながら、FX自動売買を運用しています。リアルな運用成績も赤裸々に公開していますので是非お楽しみ下さい。

FX自動売買(システムトレード)とは?

FX自動売買とは、あらかじめ決めた売買ルールに基づきシステムが自動で取引してくれるトレード手法です。

これに対し裁量トレードは、自分の経験や知識を活かして自分で取引をするトレード手法ですが、裁量トレードはFXの豊富な経験が要求される上に時間の限られた学生さんや会社員には不向きであると言えます。

また裁量トレードでコンスタントに利益を上げられるのは裁量トレーダーの1%にも満たないと言われていて、為替コヤジもこの統計に漏れず、これまで数百万円失いました。

そんな為替コヤジが辿り着いたのがFXシステムトレード(自動売買)です。FXシステムトレードならこれまで裁量トレードで負け続けて来た人やFX初心者でも利益を上げられる確率がぐっと上がります

FX自動売買を6つに分類

一口にFXシステムトレード(自動売買)と言ってもその仕組みは多種多様で、相場観やチャートの理解が必要なものからFXの経験がほとんどなくてもできるものまであります。

当ブログでは、FXシステムトレード(自動売買)をトレードの性質から6つに分類しています。それぞれのトレードの特徴をしっかり学んであなた最適なシストレを見付けて下さい。

 FXシステムトレード(自動売買)について体系的に学びたい方は『FXシストレ大百科』をご覧下さい。

リピート系発注機能

リピート系発注機能とは、連続発注機能とも呼ばれていて、一定の値幅で複数の新規注文と、新規注文が約定すると有効になる決済注文も同時に発注し、なおかつそれを自動的に繰り返してくれるFX自動売買です。

 リピート系発注機能について集中的に学びたい方は『リピート系注文がまるごとわかるブログ』をご覧下さい。

ミラートレーダー

ミラートレーダーとは、イスラエルのトレーデンシー社が開発したプラットフォームで稼働するFXシステムトレード(自動売買)で、ストラテジーと呼ばれる自動売買プログラムを選択するだけでFX自動売買を始めることができます。

選択型システムトレード

選択型システムトレードとは、売買プログラムを選ぶだけで始められるシストレ(自動売買)からミラートレーダーを除いたシストレを指します。

それぞれのFX会社が独自のプラットフォームを開発し、独自の売買プログラムを提供しています。その中身はソーシャルトレードからバイナリーオプションのようなシストレまで多種多様です。

ユーザ設定型システムトレード

ユーザ設定型シストレとは、選択型シストレとは違い、自動売買のルールをユーザ自身が設定できるシストレ(自動売買)です。

設定するといってもプログラミングをする必要はなく、ガイドに従い、設定を選ぶだけで本格的なストラテジーを作成することができます。

MT4(メタトレーダー)

MT4(メタトレーダー)とは、ロシアのMetaQuotes社が開発したプラットフォームにEA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれる自動売買プログラムを組み込むことによって自動売買が可能になります。

くりっく365特化型システムトレード

くりっく365特化型システムトレードとは、文字通り東京金融取引所の「くりっく365」専用に開発されたシストレ(自動売買)です。

くりっく365特化型シストレを提供しているFX会社は3社しかありませんが、いずれも高機能でくりっく365を主戦場とするのなら是非おさえておきたいシステムトレード(自動売買)です。

FX自動売買を始めよう!

26179155_s

FX自動売買に興味を持ったらあとは始めるだけ。当ブログではFX自動売買のお得な口座開設方法やFX自動売買のルールなどFX初心者にFX自動売買で儲けるために必要な知識と実践方法を全て解説しています。

最新FX自動売買 オススメランキング! [2016年夏版]

 トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]
元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預かり資産は60ヶ月連続増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。
総合 取引ツール コスト スワップ
25.5/30点 5.0/5点 3.0/5点 4.0/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.5/5点 4.0/5点 5.0/5点
 シストレ24 [インヴァスト証券]
情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
さらに上級者はジョイントレード、エクストラトレードで利益をアップさせることもできます。
総合 取引ツール コスト スワップ
25.0/30点 5.0/5点 3.0/5点 3.0/5点
スマホ 通貨ペア 情報
5.0/5点 4.0/5点 5.0/5点
 トライオートFX [インヴァスト証券]
仕掛けランキングの登場で一気に使い勝手が向上
リリース当初は裁量色が強く、FX自動売買向きではありませんでしたが、複数のAP注文がパッケージ化されたクイック仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
特に仕掛けランキングはステータスアイコンを参考にしながら仕掛けが選びやすくなっています。
裁量注文、AP注文、仕掛けが揃い、初級者から上級者まで満足できます。
総合 取引ツール コスト スワップ
24.5/30点 3.5/5点 5.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 3.5/5点 5.0/5点
 iサイクル注文 [外為オンライン]
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込利用者の76%がプラスのリピート系発注機能 43万口座を誇る外為オンラインが満を持してリリースしたiサイクル注文。後発組ながら従来のリピート系発注機能をよく分析しており、最初に設定した変動幅が相場の上昇下落に合わせて自動追従し、自動発注を繰り返してくれます。
口座開設から取引までスマホ1本で完結できる手軽さが人気で利用者の76%が利益を上げています。
総合 取引ツール コスト スワップ
23.5/30点 4.5/5点 4.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点
 トラッキングトレード [FXトレーディングシステムズ]
本家を超える低コスト
FXトレーディングシステムズのFXブロードネットから新登場の相場追尾型リピート系発注機能。
外為オンラインのライセンス供与を受けており、「iサイクル注文」と同じシステムながら多くの通貨ペアでスプレッド、スワップともに本家を上回っています。
豪華なキャッシュバックキャンペーンも注目です。
総合 取引ツール コスト スワップ
23.0/30点 4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点

※評価指標については「FX自動売買オススメランキングの評価指標」をご覧下さい

1億円稼ぐコピートレード『FXプラチナファンド・パーフェクトコピー(PFPC)』とは?

image-product-logo

コピートレードといえばYJFX!のトレードコレクターが有名ですが、今回紹介するのはMT4のコピートレードです。

為替コヤジ:2017年2月17日に公開された記事を再編集しています。

「1億円稼ぐコピートレード『FXプラチナファンド・パーフェクトコピー(PFPC)』とは?」の続きを読む…

FX初心者がFX自動売買システムを選ぶときに見るべき3つのポイント

Sitting on Desk and Working on Computer

現在、日本国内には30種類程度のFX自動売買システムが存在していますが、そのすべてがFX初心者向きというわけではありません。FX自動売買システムによっては使いこなすために高度なスキルや豊富な経験が求められるものもあります。

そこでFX自動売買システムを5年間使い倒してきた為替コヤジがFX初心者でも勝てるFX自動売買システムの選び方を紹介します。

「FX初心者がFX自動売買システムを選ぶときに見るべき3つのポイント」の続きを読む…

2017年も主役はリピート系注文!トラリピ、トライオートFX、iサイクル注文が揃って新機能をリリース

20721292_s

1月にネット証券大手のマネックス証券からオートレールがリリースされたばかりですが、既存のリピート系注文も負けてはいません。トラリピ、トライオートFX、iサイクル注文が揃って新機能をリリースしました。
いずれもリピート系注文の弱点を克服する画期的な機能となっています。

リピート系注文の新機能

トレンド判定機能(iサイクル注文)

従来のiサイクル注文は、自動売買システムを稼働する際、売りか買いかを選んでいましたが、これにシステムがトレンドを見極め、自動的に売買のポジション方向を判断する「トレンド」が加わりました。

ift_z01

iサイクル注文開始時はシステムが買注文、または売注文を判断し、取引を開始し、取引開始後は、トレンドの転換点にあわせて、買注文、または売注文を自動で反転させながら取引を続けてくれます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

トレンドの転換時には、保有しているポジションをすべて成行注文で決済し、約定していない指値注文はすべて取り消されます。その後、取引開始時と同条件で、売買区分を反転し、iサイクル注文を自動的に開始します。

トレンドが転換する度に全てのポジションを一旦決済するので大量の評価損を抱えてしまうというリピート系注文の弱点を克服してくれます

 

このトレンド判断はテクニカル(移動平均及びMACD)と足種(1時間足、4時間足、12時間足、日足、週足、月足)を自由に組み合わせて指定できます。

ランキング方式で使う場合

ift_z02

ランキング方式では、ポジション方向で「トレンド」を選択すると、シミュレーション環境にて運用した結果をランキングしたものを一覧で表示させることができます。

ボラティリティ方式で使う場合

ift_z03ランキング方式では、ポジション方向で「トレンド」を選択すると、当社シミュレーション環境にて運用した結果をランキングしたものを一覧で表示させることができます。

 

 トラリピ Pro Model(トラリピ)

topimage1

これまでのトラリピは数年から10年といった長期での運用が原則でしたが、トラリピ プロモデルは短~中期スタンスのトラリピの運用プランとなっています。

トラリピ プロモデル

トラリピプロモデルでは原則3ヵ月という期間を想定しながら、独自の分析ノウハウによって最適と推察されるトラリピの想定レンジやセッティング(設定条件)を算出、売りと買いで2つずつ(図①~④)、計4つのトラリピを仕掛けます。また売り買いそれぞれにストップロスも設定します。

リピート系注文は利益をあげるのに時間がかかるという弱点がありましたが、トラリピプロモデルはリスクを取りながらもなるべく短い期間での収益性を求めることができるのが特徴です。

3月のトラリピプロモデル

3月はユーロ/米ドルと豪ドル/米ドルの2つのトラリピプロモデルが公開されています。詳細な設定内容な口座開設しないと見ることができませんが、2016年3月1日~2017年2月28日(1年間)のバックテストの結果、それぞれ15.2%、21.3%の利益をあげています。

バックテストは3ヶ月ごとに全決済していますので評価損も全て決済した純粋な利益率となっています。

レンジ追尾【分割版】(トライオートFX)

レンジ追尾とは、一定の値幅に「売り」と「買い」両方の自動売買を設定し、相場が上がっても下がっても売買を繰り返し、コツコツ利益を積み上げていく自動売買手法です。

「売り」「買い」両方の取引を行うため、どちらかで評価損失が発生しており、特に稼動初期はどうしても評価損失が実現利益を上回る傾向がありますが、時間の経過とともに実現利益が評価損失を上回り実質利益となっていくことを想定しています。

ところがこのレンジ追尾は長期の値動きに対応するように、過去1年間の変動幅に均等に注文を設定するため、その分証拠金が必要となってしまうという問題がありました。

01_レンジ追尾(EURUSD)

上図は「レンジ追尾_ユーロ/米ドル」の日足チャートと累積損益のバックテスト結果です。

過去1年のユーロ/米ドルの想定レンジ幅は1,200pipsとなり、このレンジ幅に利益確定幅を一日平均変動幅の約4分の1である25pips間隔で注文を設定すると、買い48本、売り48本、合計96本の注文設定となります。

ところが、現在の価格はBの範囲にあり、A、C、Dはすぐに取引しない可能性が高いのに発注証拠金だけ拘束されることになってしまいます。そこで、現在の相場に合ったレンジを選んで効率よくご利用いただけるように、1つの区間の注文数20本を基準に分割した仕掛けをご用意いたしました。

これにより、直近もっとも取引する可能性が高いパーツのみを稼動することができるため、資金効率が大幅に改善されることになります。また、1つのパーツの注文数は20本前後となるため、注文設定の個別管理も行いやすくなります。