トライオートFXのコアレンジャー(豪ドル/NZドル)を9ヶ月運用して分かった3つの注意点とは?

トライオートFX

トライオートFXのコアレンジャー(豪ドル/NZドル)を2018年12月から9ヶ月間運用してきた結果と、実際に運用してみた分かった注意点を紹介します。

 

為替コヤジ
為替コヤジ

この記事は、ほったらかし投資歴10年の為替コヤジ()が書いています。かなりの古株です。

 

これまで試行錯誤を重ねながら40種類以上のほったらかし投資を検証してきましたが、現在は厳選9種のほったらかし投資月に20万円から40万円ほど稼いでいます

 

資産形成のスピードを加速させたい方は併せてこちらもご覧ください。

>>【2022年】自動売買ツールおすすめランキング FXからETF、仮想通貨まで全11サービスを徹底比較

 

トライオートFXの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トライオートFXの公式サイトはこちら

 

 

コアレンジャーとは?

トライオートFXは値幅やポジションの本数などを自由に設定できる自動売買ツールです。

設定項目は10項目以上あるので本気になればあらゆる自動売買プログラムを作れますが、初心者にはその分敷居が高くなっています。

しかし自動売買セレクトは、そんな複雑な設定方法をマスターする必要はなく、あらかじめ設定されたコアレンジャーという売買プログラムを選ぶだけでトラリピのハーフ&ハーフと同じようなリピート系注文を行うことができます

 

 

コアレンジとサブレンジについて

  • 各通貨ペアの過去約4年半(2014年1月2日~2018年4月30日)の高値と安値の差を参考にしてレンジ幅を設定します。
  • 60%~70%の価格(日足終値)をカバーできる価格帯を「コアレンジ帯」とします。
  • 上記レンジ幅のうち、コアレンジ帯以外は「サブレンジ帯」とします。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421

過去4年半(2014年1月2日~2018年4月30日)の高値と安値の中央帯をコアレンジ帯、その上下をサブレンジ帯と呼んでいますが、コアレンジ帯では小刻みに利確し、サブレンジ帯ではコアレンジ帯よりも大きく利益確定幅を設定しています

このコアレンジとサブレンジの価格帯で、連続注文の設定値が異なっている点がコアレンジャーの特徴です。

2つのレンジ帯の中で上下の値動きを活かして利益に生んでいくのがコンセプトです。

コアレンジャーは15通貨ペアに対応していますが、中でも豪ドル/NZドルが人気で4万人以上のトレーダーが運用しています。

 

トライオートFXの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トライオートFXの公式サイトはこちら

 

コア帯で細かく、サブ帯で大きく利益を取る

コアレンジャーは、コアレンジ帯では非常に細かく売買を行います。

一方サブレンジ帯では、コアレンジ帯よりも大きく利益確定幅を設定しています

180706_pic01

コアレンジ帯から上下に外れた場合は、価格の戻り期待して大きく利益を取るような売買が設定されています。これは、含み損を抱えにくいという特徴にも繋がります。

また、コアレンジ帯より上のサブレンジ帯では売り注文のみ、 コアレンジ帯より下のサブレンジ帯で買い注文のみを仕掛けます。

コアレンジャーはトラリピのハーフ&ハーフに似ていますが、コアレンジ帯とサブレンジ帯を分けることでハーフ&ハーフよりきめ細かい売買が可能となっています。

 

コアレンジャーは15通貨ペア対応

コアレンジャーは以下の15通貨ペアに対応しています。

  • USD/JPY
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • EUR/USD
  • AUD/USD
  • USD/CHF
  • EUR/GBP
  • EUR/JPY
  • NZD/USD
  • GBP/USD
  • CAD/JPY
  • EUR/AUD
  • NZD/JPY
  • CHF/JPY
  • AUD/NZD

 

サンプルとして米ドル円のコアレンジャーの設定を載せておきます。中心のコアレンジで20pipsで細かく売買し、サブレンジでは80pipsと大きな利幅で取引を行っているのが分かります。

コアレンジャー米ドル円

トライオートFXのコアレンジャーはトラリピの代わりになるか?

ここでトライオートFXのコアレンジャーがトラリピの代替になるか考えてみたいと思います。

トライオートFXとトラリピの通貨ペアの違い

まずは、トライオートFXをトラリピの取扱い通貨ペアを比較してみましょう。

まずトラリピは11通貨ペア、トライオートFXは17通貨ペアに対応しています。

トラリピで取り扱いのある通貨ペアは全てトライオートFXでも取扱いがありますが、コストを比較するとトラリピの方が安くなりますのでメイン口座はトラリピでいいと思います

 トラリピトライオートFX
 米ドル/円
 米ドル/スイスフラン 
 ユーロ/円
 ユーロ/米ドル
 ユーロ/英ポンド 
 ユーロ/豪ドル 
 豪ドル/円
 豪ドル/米ドル
 豪ドル/NZドル 
 NZドル/円
 NZドル/米ドル
 カナダドル/円
 英ポンド/円
 英ポンド/米ドル 
スイスフラン/円 
 トルコリラ/円
 南アフリカランド/円

トライオートFXの無料口座開設はこちら

どのコアレンジャーをチョイスすべきか?

トライオートFXのコアレンジャーは15通貨ペアに対応していますが、どの通貨ペアを選べばよいのでしょうか?

下の表はコアレンジャーのリターン率ランキング(2017年1月~2018年11月)ですが、これを見ると収益率の高い通貨ペアが分かります。

コアレンジャーランキング_20181201

さらにこの中でトラリピで取り扱いのない通貨ペアの2014年以降の約5年間の運用成績を見てみましょう。

 収益率損益
 コアレンジャー_豪ドル/NZドル328.34%427,061円
 コアレンジャー_ユーロ/英ポンド76.76%418,253円
 コアレンジャー_ユーロ/豪ドル284.45%782,838円
 コアレンジャー_スイスフラン/円109.67%655,122円
 コアレンジャー_米ドル/スイスフラン186.07%710,950円
 コアレンジャー_英ポンド/米ドル -28.26%-258,593円

豪ドル/NZドルは収益率328%、ユーロ/豪ドルは284%となっています。

それぞれのコアレンジャーの1,000通貨ペアで運用した場合の推奨証拠金をみてみましょう。

豪ドル/NZドルとユーロ/豪ドルの2つをわずか40万円で稼働させることができます。

 推奨証拠金
コアレンジャー_豪ドル/NZドル130,068円
コアレンジャー_ユーロ/英ポンド544,861円
コアレンジャー_ユーロ/豪ドル275,210円
コアレンジャー_スイスフラン/円597,360円
コアレンジャー_米ドル/スイスフラン382,080円
コアレンジャー_英ポンド/米ドル915,174円

【追記】コアレンジャーがバージョンアップで収益率が大幅アップ

トライオートFXのコアレンジャーがバージョンアップし、新コアレンジャーの期間収益率が軒並みスゴいことになっています。

旧コアレンジャーと何が違うのか比較して分析してみました。

新旧コアレンジャーの違い

まず、今回のバージョンアップではレンジ幅が変更となっています。

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-7

バージョンアップ前のレンジ幅は、「2014年1月から2018年6月までの4年半の相場変動」を参考にしていましたが、バージョンアップ後は「2018年1月から2019年6月までの1年半の相場変動」を参考に設定しました。

バージョンアップ前のレンジ幅だと、直近の価格帯から離れた価格に設定される自動売買注文は中々約定せずに証拠金だけが拘束され、自動売買の回転率の低下が見受けられましたが、今回はレンジ幅を狭くすることで、直近の相場の価格帯により多くの注文を仕掛け、今まで以上に資金効率を高めることを狙いとしています。

またバージョンアップ後のロジックの大きな特徴は、コアレンジ帯における自動売買注文の注文間隔を以前より細かくし、取引数量をサブレンジ帯の数量の2倍に設定ところです。

また、利確幅を小刻みに設定することにより、より細かい値動きに対応できるようになりました。

参考までにコアレンジャー(ユーロ/豪ドル)の設定値を比較してみましょう。レンジ幅とコアレンジ帯の設定値が大きく変わっていることが分かります。

6

コアレンジャー(ユーロ/豪ドル)の成績を比較してみるとコアレンジ帯の注文間隔を狭くしたことや、取引数量をサブレンジ帯の2倍に設定することで推奨証拠金は増えますが、バージョンアップ後(右側グラフ)の青い線(期間総合損益)は山谷が少なく、なだらかな右肩上がりになっていることが分かります。

7
※2019年9月3日現在

各ロジックの利用可能回数

今回のバージョンアップに伴い、各ロジックの利用できる回数がセレクト一覧に表示されます。

17

上記の「残り2500」とは、「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」をカートに入れて発注できる回数を表しています。

もし、残りの発注できる回数が0になった場合は「売り切れ」の文字が表示され、自動売買セレクトからカートに入れることが出来なくなります

売り切れになった場合は、ロジックの稼働状況を考慮して、売り切れのロジックを再提供するか、または新たなロジックを提供する等の措置がとられるそうです。

コアレンジャーの収益率ランキング

2019年9月14日に公開された新コアレンジャーの期間収益率ランキング(2018年1月1日~2019年9月13日)です。

1位のユーロ/豪ドルと2位のユーロ/英ポンドはなんと期間収益率が150%を超えています!

コアレンジャーランキング_20190914

トライオートFXの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トライオートFXの公式サイトはこちら

 

コアレンジャー(豪ドル/NZドル)の運用実績

為替コヤジもコアレンジャー(豪ドル/NZドル)を実際に運用していますが、2018年12月から2019年8月までの間に146本の決済がありました。

数量は初めは1,000通貨で開始しましたが、その後2,000通貨、7,000通貨、1万通貨と増やしてきました。

運用資金や数量を途中で増やしているので正確な収益率はわかりませんが、12万599円の利益となっています。

2019-09-09_12h28_53

上のグラフは3月13日~8月31日の損益グラフですが、順調に利益を積み上げているのが分かります。

詳細はトライオートFXの月次報告をご覧下さい。

 

コアレンジャー(豪ドル/NZドル)の注意点

コアレンジャー(豪ドル/NZドル)を9ヶ月間運用してみて分かった注意点を3つ挙げたいと思います。

1.  コアレンジャー(豪ドル/NZドル)は短期勝負

2019-09-06_00h44_29

上のチャートは豪ドル/NZドルの月足ですが、前述の通り、コアレンジャー(豪ドル/NZドル)は2014年1月2日~2018年4月30日の4年半の高値と安値を参考にレンジ幅を設定しています。

しかしもっと長期間でチャートを見てみるとかなりの上昇余地があることが分かります。

コアレンジャーが想定レンジ幅で上昇・下落している間は利益を積み上げてくれますが、一旦レンジを外れると評価損が膨らみ続けてしまいます。

為替コヤジのトラリピ設定は過去20年の高値と安値を参考にレンジ幅を設定しているのでそう簡単にレンジを外れることはありませんが、コアレンジャーはあっという間にレンジを外れてしまう可能性があります。

つまりコアレンジャーはレンジを外れる前にできるだけ稼いでおいてレンジを外れる前に勝ち逃げすることを前提とした短期勝負の設定であることを認識しておいて下さい。

2. マイナススワップが大きい

豪ドル/NZドルは9月現在で買いスワップ-0.4、売りスワップ+0.1となっています。NZドル/円が約70円なので買いスワップは-28円となります。

2019-09-06_22h19_20

8月の運用成績を見ると為替差損益27,180円に対してスワップ損益は-8,602円もあります。

買いポジションをみると取引益をスワップ損が上回ってしまうこともあります。

買いポジションの1万通貨の取引益を1,350円として3ヶ月持ち続けるとスワップ損とトントンとなってしまいます。

実際に運用してみるとマイナススワップのせいで決済の割に利益が伸びないという印象があります。

3. 1万通貨で運用する

トライオートFXではマークアップ手数料がかかりますが、1万通貨以上になると1万通貨未満と比べてマークアップ手数料が半額になります。

dispImage-26

それほどこまめに売買されるわけではないので気にするほどではありませんが、1万通貨以上で運用することをおすすめします

100万円あれば1万通貨で運用することができます。

 

トライオートFXの口座開設がまだの方はこの機会に下の公式サイトから申し込んでおきましょう。

>>トライオートFXの公式サイトはこちら

 

為替コヤジ限定タイアップ

インヴァスト証券さんから為替コヤジ限定タイアップをいただきました。下のバナーから申し込んでいただくと通常の2万円のキャッシュバックに加えてAmazonギフト券2,000分がもらえます。

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジは下記のようなほったらかし投資を実践しています。

為替コヤジのほったらかし投資

現在、下記の9つのサービスを利用して資産運用を行っています。

サービス概要
トラリピ広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文。12通貨ペアを運用することでリスク分散を図る
トライオートFXでも可
トライオートETFビルダーでナスダック100トリプルの買いトラリピを仕掛け、売買益を狙う
つみたてNISA楽天証券で楽天・全米株式株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を毎月積み立てる。
レバナス積立auカブコム証券でレバナス(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立。自動売買の利益を投入
暗号資産積立Coincheckの自動積立でビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月1万円ずつ積み立ててガチホ
BTCトラリピビットコインの手動トラリピで決済益を狙う。決済益は暗号資産積立に投入
ノックアウト・オプションIG証券のノックアウト・オプションで毎日ナスダック100を買い、10万円を1億円に増やす
ユーロ/ズロチ手動トラリピIG証券のユーロ/ズロチ売りでスワップと決済益を狙う
レバナス代用FX積み立てているレバナスを証拠金としてメキシコペソ/円の手動トラリピ&スワップを狙う

レバナスと仮想通貨を増やすことを目的としています。

トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益はレバナス購入資金に充て、BTCトラリピで得た利益は仮想通貨積立資金に充てます。

為替コヤジのほったらかし投資のイメージ

  • トラリピ、トライオートETF、代用FXで得た利益 ⇒ レバナス購入資金
  • BTCトラリピで得た利益 ⇒ 仮想通貨積立資金

 

ユーロ/ズロチは資金が少ないので当面の間は再投資します。ノックアウト・オプションも同様に再投資し、10万円利益が出るたびにロットを上げていきます。

 

投資序盤は入金力がカギ

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだ理由は入金力を上げるためです。

サラリーマンとしての本業をしっかりこなすことで昇給・昇格し、入金力が高まります。若いうちはとにかく入金力を高めて運用資金を増やすことに専念すべきです。

資金100万円で投資に時間や手間をかけて利率30%を達成しても利益はわずか30万円ですが、資金を2,000万円まで増やせれば利率10%でも200万円の利益です。

 

とにかく資金が少ないうちはできるだけ本業に専念して、運用資金を増やします。

昇給が望めないようならビズリーチdodaなどを使って転職で年収アップを狙ってください。

 

また本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。

アセットクラスもFX、株式、仮想通貨と分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。

FX自動売買の最新情報をチェック

姉妹サイト「FXシストレ大百科」では、国内37種類のFX自動売買を解説しています。

FX自動売買には様々な種類があり、かならずあなたとの相性があります。相性の合わないFX自動売買を続けるのは大きなストレスになります。

FXシストレ大百科ではFX自動売買サービスの基本スペックから最新ニュース、特徴、メリット・デメリット、為替コヤジの総評まで詳細に解説しています。

是非、あなたに合ったFX自動売買を見つけてください。

為替コヤジのSNS

為替コヤジはTwitterで週次実績やブログの更新情報を発信しています。

 

またIntagramでは週次実績やプライベートな情報も発信しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

為替コヤジ(@kawase.koyaji)がシェアした投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました