トライオートFXの目安資金。最低いくら準備すれば自動売買できるのか?

TriAutoFX

トライオートFXで自動売買する場合、運用資金をいくら準備すればいいのでしょうか?

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

 ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
 トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
 オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
 iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

仕掛けランキングの「資金目安」

仕掛けランキング_資金目安

トライオートFXは、クイック仕掛けなどを使って自分でオリジナルの仕掛けを作ることもできますが、トライオートFX初心者は、まずは仕掛けランキングから好きな仕掛けを選ぶことから始めるといいでしょう。

仕掛けランキングには、仕掛けを運用するための資金目安が掲載されています。この資金目安は、仕掛けを稼働させる時に必要な証拠金と、全てのAP注文のポジションが設定した損切り幅になった際に起きる最大損益をベースに計算されています。

トライオートFX_資金目安計算

初心者の方はまずはこの資金目安に従って自動売買することをお勧めします。

また資金目安を小さくするためには①取引数量を減らす方法②AP注文数を減らす方法の2通りがありますが、②では仕掛け本来の機能が失われる可能性があるため、必ず①を検討しましょう。

基本は1,000通貨×10AP注文

仕掛けランキングの仕掛けのAP数(最大ポジション額)は10本(10k)から80本(80k)まであり、取引数量は1kから10kまでありますが、トライオート初心者の方は、必ずAP数が10本で取引数量は1kの仕掛けを選ぶようにしましょう。

なお、仕掛けランキングには少額ステータスアイコンがありますが、ここでいう少額はバックテスト証拠金が50万円未満の仕掛けを意味します。

少額ステータスアイコン

バックテスト証拠金とは、バックテストを行う上で必要だった証拠金額です。
仕掛けの最大ポジション額から計算した必要証拠金に、バックテスト期間の過去1年間の最大評価損失か最大ドローダウンのいずれか大きい値を加えたものです。

トライオートFX_バックテスト証拠金計算

10万円以下の仕掛けが人気

実際に仕掛けランキングを覗いてみると資金目安が10万円以下の仕掛けはたくさんあります。
人気TOP10の仕掛けも半数以上が10万円以下となっています。

仕掛けランキングTOP10_201510

まとめ

仕掛けランキングには資金目安が10万円以下で高収益率の仕掛けがたくさん掲載されています。従いましてトライオートFXは10万円あれば自動売買を始めることができます。

ただし、リスク分散のために複数通貨ペアで運用するのが望ましいため、資金目安を参考にしながら20万円で2、3個の仕掛けを運用することをお勧めします。

 【初心者ガイド】トライオートFX [インヴァスト証券]

為替コヤジが使用しているFX自動売買サービス

 トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]
メインで使用しているリピート系注文。高コストだが、サービスの使い勝手はピカイチ。FX初心者向け情報が豊富で月イチで開催される100万ドルセミナーは必見。

 シストレ24 [インヴァスト証券]
完全自動売買が可能なミラートレーダー。ハイリスク・ハイリターンだが、年間収益率300%も狙えるフルオートは魅力十分。

 トライオートFX [インヴァスト証券]
変幻自在の設定型システムトレード。これさえあればどんな自動売買も可能。手堅く年間収益率30%超も可能なレンジフォーカスは初心者に最適。

 ループ・イフダン [アイネット証券]
取引手数料無料で高スワップのリピート系注文。情報コンテンツに乏しいが、コストを抑えて手軽に自動売買したいFX中級者向き。

コメントを残す