iサイクル2取引(外為オンライン)とは?仕組み・おすすめポイントから発注方法まで徹底解説

idxbnr_mainoy

簡単な設定で最適な取引条件をシステムが自動計算してくれるiサイクル2取引(旧iサイクル注文)について仕組み・おすすめポイントから発注方法まで徹底解説します。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

iサイクル2取引とは?

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)はトラリピやループ・イフダンのように自動で注文を繰り返してくれるリピート系注文の一種です。

大きな違いはレンジを外れて上昇しても下落しても相場に追従しながら自動で取引を続けてくれる点にあります。

iサイクル_イメージ図

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

 

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)の最新情報

 

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)のおすすめポイント

iサイクル2取引は他のリピート注文にはない特徴を備えています。

  1. iサイクル2取引は3つの注文方法が可能
  2. 取扱い通貨ペアは24種類
  3. iサイクル2取引はくりっく365対応
  4. トレンド機能を実装

iサイクル2取引は3つの注文方法が可能

iサイクル2取引は3つの注文方法が用意されています。

ボラティリティ方式

ボラティリティ方式とは、売り/買いの選択、過去の変動幅(値動き)、対象資産を設定するだけの3ステップで発注できる注文方式です。

ボラティリティ方式の詳しい発注方法は後ほど解説します。

ランキング方式

ランキング方式とは、2015年11月16日より以下の設定のiサイクル2取引をシュミレーション環境にて運用した結果をランキング形式に表示し、同じ設定のiサイクル2取引を発注できる注文方法です。

  • USD/JPY 売/買 想定変動幅:500~5,000 注文間隔(値幅):10~100
  • EUR/JPY 売/買 想定変動幅:500~5,000 注文間隔(値幅):10~100
  • AUD/JPY 売/買 想定変動幅:500~5,000 注文間隔(値幅):10~100
  • GBP/JPY 売/買 想定変動幅:500~5,000 注文間隔(値幅):10~100
  • NZD/JPY 売/買 想定変動幅:500~5,000 注文間隔(値幅):10~100
  • EUR/USD 売/買 想定変動幅:500~5,000 注文間隔(値幅):10~100

ivu_01n

iサイクル注文_ランキング方式

マトリクス方式

マトリクス方式は、必要な資金とリスクの度合いから注文内容を選択することができる注文方式です。
新規注文可能額で注文可能な条件が青に変わり、青いマスをクリックすることで同じ条件でiサイクル2取引が開始できます。

下図では、マスの中に「決済損益pips」が表示されていますが、他にも「利食回数」、「損切回数」、「レンジ内最大必要証拠金」、「レンジ内最大評価損pips」、「レンジ内最大必要資金」、「レンジ内最大ポジション」のシミュレーション結果も表示することが可能です。

ivu_smx01

縦軸の「想定変動幅(レンジ)」は、最大数のポジションを保有した場合、一番上から一番下までのポジションの値幅、かつ、各ポジションの逆指値までの値幅を示します。

想定変動幅が狭いと、為替相場が不利な方向に動いた際、逆指値までの値幅が狭い為、損切りがされやすく、収益獲得の機会が減り、損失が膨らむリスクも高まります。
反対に、想定変動幅が広いと、為替相場が不利な方向に動いても、逆指値までの値幅が広い為、損切りがされにくく、収益獲得の機会が増え、損失が膨らむリスクも低くなります。

横軸の「注文間隔(pips)」は、複数のポジションを保有した際、ポジション同士の間隔を示します(単位はpips。USD/JPYの場合100pips=1円)。

注文間隔が狭くなることで、収益獲得の機会が増える一方、ポジションが多くなり取引数量が増えることから、損失が膨らむリスクも高まります。
反対に、注文間隔が広くなることで、収益獲得の機会が減る一方、ポジションが少なくなり取引数量が減ることから、損失が膨らむリスクも低くなります。

取扱い通貨ペアは24種類

対象となる通貨ペアは下記の24通貨ペアとリピート注文最多です。

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
  • 豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
  • ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)
  • ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
  • ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)
  • ユーロ/NZドル(EUR/NZD)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
  • 英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
  • 英ポンド/NZドル(GBP/NZD)
  • 英ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • NZドル/米ドル(NZD/USD)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

気になる取引単位ですが、miniコースという初心者向けのコースがあり、1,000通貨単位から取引可能です。

ただ残念なのがiサイクル2取引は新規約定毎に1,000通貨あたり40円の手数料がかかってしまいます(新規+決済の手数料を新規約定時に徴収)。

iサイクル2取引はくりっく365対応

idxbnr_click365

iサイクル2取引は、くりっく365にも対応しているので高金利のエマージング通貨で自動売買することができます。

  • トルコリラ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • 南アフリカランド/円
  • ノルウェークローネ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • 香港ドル/円

くりっく365については「くりっく365でFX自動売買!くりっく365の隠れたメリットとは?」で詳しく解説していますので是非参考にして下さい。

トレンド機能を実装

従来のiサイクル2取引では、自分でトレンドを判断して買い注文、または売り注文を出す必要がありました。しかも稼働後にトレンドが反転すると含み損がどんどん膨らんでしまいます。

ところが、新たにリリースされた「トレンド」機能はシステムが自動でトレンドを判断し、トレンドが反転すると買い注文、または売り注文を自動で反転させながら取引を続けてくれます。

ift_z01n

トレンドの転換時には、保有しているポジションをすべて成行注文で決済し、約定していない指値注文はすべて取り消されます。その後、取引開始時と同条件で、売買区分を反転し、iサイクル注文を自動的に開始します。

またトレンドによる自動注文機能は、店頭取引におけるiサイクル2取引でのみ利用でき、くりっく365では利用できないので注意して下さい。

iサイクル注文とサイクル注文がバージョンアップ!新たに加わったトレンド機能とワ...
iサイクル注文とサイクル注文が揃ってリニューアルされました。他のリピート系注文にはない新機能が追加されています。 iサイクル注文とは?iサイクル注文とは、トラリ...

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)のデモ口座

iサイクル2取引はデモ口座が用意されています。デモ口座・マニュアルは以下の記事を参考にして下さい。

FX自動売買のデモ口座(バーチャルトレード)とマニュアルまとめ
FX自動売買初心者の最初のハードルはFX自動売買ツールの使い方。特にパソコンに詳しくない方はFX自動売買ツールの使い方が分からずに口座開設に二の足を踏んでしまいま...

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)の発注方法

注文方法はとてもシンプルです。
まず新規注文入力画面の注文種類から、「iサイクル2取引」を選択すると下記の画面が表示されます。

iサイクル_注文方法

ここで「想定変動幅・ポジション方向・対象資産」の3つを設定して計算ボタンをクリックすると、システムが自動計算し、最適な注文方法を表示します(ボラティリティ方式)。

想定変動幅 iサイクル2取引が注文を繰り返すレンジ。相場の上昇・下落に合わせて追従します。
ひとつ上の「参考期間」を選ぶことで自動で決まりますが、マニュアルで変更可
ポジション方向 買いと売りの両方できます。
対象資産 いわゆる予算。取引条件を自動算出する際の参考値

上記の例では値幅12pipsで最大ポジションが24本と自動計算されました。
つまりこの24本が相場の上昇・下落に追従していきます。ということは自動で損切りも行われるということになります。

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)の口座開設方法

iサイクル2取引の口座開設は下記バナーから行って下さい。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

1. 必要事項の入力と必要書類の送付
フォームで必要事項を入力し、必要書類(法人は、登記簿謄本等)を送付していただきます。

2. 審査
審査・口座開設のお手続き後、3~5営業日でログインIDを簡易書留郵便でお送りします。

3. ご入金・お取引開始
パスワードをメールで取得し、ログインします。ご入金後、お取引を開始していただけます。

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)以外のリピート注文

今、一番アツいのがリピート系注文です。6つのリピート注文を徹底比較していますのでリピート注文興味のある方は是非ご覧下さい。

2019-10-12_20h16_14

【2019年版】リピート注文最前線!トラリピ、ループイフダン、サイクル2取引注文、...
2007年12月にマネースクエアがトラリピをリリースしてからリピート注文は進化し続けています。今回は各リピート系注文の仕様変更を踏まえて、6大リピート注文を徹底比較...

1件のコメント

  • 工藤寿晃

    はじめまして工藤と申しますiサイクルを利用しようと考えています

    色々と、教えて下さい
    よろしくお願いいたします

コメントを残す