トラリピの目安資金。最低いくら準備すれば自動売買できるのか?

whatis_topimage

トラリピで自動売買する場合、運用資金をいくら準備すればいいのでしょうか?

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

 ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
 トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
 オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
 iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

自己資金10万円から運用可能

トラリピは複数の注文を大量に発注するので、少額資金では無理と諦めてしまう方がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。トラリピは1,000通貨単位から始めることができます。
レバレッジ10倍で1,000通貨なら、米ドル/円は約1万2,000円、豪ドル/円は約9,000円で始めることができます。

例えば10万円の自己資金でレバレッジ10倍、つまり投資総額100万円のトラリピの運用を想定してみましょう。この場合、米ドル/円なら約8,000通貨(約96万円)、つまり1,000通貨で8本発注することができます。同様に豪ドル/円なら約11本(約1万1,000通貨)発注することができます。

1,000通貨単位のトラリピを並べれば、10万円の自己資金でも10本程度のトラリピを発注できるわけです。ただし、資金量が少ないとトラップの値幅が広くなるか、逆に値幅を狭くするとカバーできるレンジが狭まり、新規→決済を繰り返すトラリピの長所が生かせなくなってしまいます。

30万円が自動ロスカットの分岐点

lesson12_1

マネースクエアが集計した、2010年5月7日のギリシャ・ショック時の「投資金額別の自動ロスカット執行の割合(1万通貨単位の場合)」によると、自己資金が300万円以上ある投資家の自動ロスカットの執行比率は数%程度でした。つまり、1,000通貨単位なら30万円あれば、かなりロスカットにかかりにくくなります。

これに対し300万円未満になると一気に自動ロスカットが執行される割合が20%程度にまで上昇します。これを1,000通貨単位に置き換えると、30万円未満の資金でトラリピを仕掛けていることになります。

M2J推奨の計算式

M2Jでは、“500円を積み重ねる資産運用”をはじめる資金の目安として次の計算式を推奨しています。

仕掛ける通貨ペアのレート × 1,000 × 21 ÷ 3

たとえば豪ドル/円が87円だった場合は以下のようになります。

87円 × 1,000 × 21 ÷ 3 = 609,000円

豪ドル/円でトラリピを仕掛ける資金の目安は約60万円という計算結果となりました。

「×1,000」について

これは、リピートイフダンを1本あたり1,000通貨で仕掛けることを示しています。

「×21」について

これは、1,000通貨のリピートイフダンを合計で21本仕掛けることを示しています。

23

「50銭下がったら買って、上がったら50銭の利益をねらう」というイメージのすき間のないトラリピを実現すべく、10円幅に21本という設定を基本としています。

「÷3」について

これは、レバレッジを3倍程度に抑えることを示しています。

『月刊トラリピプラン』を1/10で運用

トラリピは、毎月資金500万円でのトラリピプランを公開しています。

月刊トラリピプラン

いきなり500万円を注ぎ込むのは躊躇しますが、10分の1の50万円なら「1本あたりの通貨数」と「1回のリピートでねらう利益」を同じく10分の1にすれば月刊トラリピプランと同じ運用が可能になります。

まとめ

1,000通貨単位で余裕のあるトラリピを始めるには、30万円程度の資金はあったほうがいいでしょう。10万円でも可能ですが、トラリピのメリットを生かすことができません。

トラリピはできるだけ狭い値幅で広範囲にトラップを仕掛けるのが理想的な運用方法なので最初は30万円で運用を開始し、様子を見ながら資金を追加し、徐々に本数とレンジ幅を増やしていきましょう。

為替コヤジが使用しているFX自動売買サービス

 トラリピ [マネースクエア]
メインで使用しているリピート系注文。高コストだが、サービスの使い勝手はピカイチ。FX初心者向け情報が豊富で月イチで開催される100万ドルセミナーは必見。

 シストレ24 [インヴァスト証券]
完全自動売買が可能なミラートレーダー。ハイリスク・ハイリターンだが、年間収益率300%も狙えるフルオートは魅力十分。

 トライオートFX [インヴァスト証券]
変幻自在の設定型システムトレード。これさえあればどんな自動売買も可能。手堅く年間収益率30%超も可能なレンジフォーカスは初心者に最適。

 ループ・イフダン [アイネット証券]
取引手数料無料で高スワップのリピート系注文。情報コンテンツに乏しいが、コストを抑えて手軽に自動売買したいFX中級者向き。

コメントを残す