【リピート系発注機能】いまさら聞けないIFD(イフダン)注文とOCO(オーシーオー)注文

ifd-oco

リピート系発注機能には欠かせないIFD(イフダン)注文とOCO(オーシーオー)注文について解説します。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

 ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
 トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
 オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
 iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

IFD(イフダン)注文とは?

IFD(イフダン)注文とは、二つの注文を一度に出すことができる注文方法です。

  • 「もし○○円で買えたら、そのあと××円で売っておいてほしい」(新規→決済)
  • 「もし××円で売れたあとに、ふたたび△△円になったらまた買っておいてほしい」(決済→新規)

IFD(イフダン)注文は、トラリピを始め、ループ・イフダン、iサイクル注文(トラッキングトレード)でも用いられている、リピート系発注機能の生命線ともいえる発注方法です。

ちなみにトラリピの正式名称は「トラップリピートイフダン」ですが、このIFD(イフダン)注文を繰り返し発注する注文(RIFD)を罠(トラップ)のように等間隔に複数本仕掛けることから名付けられています。

IFD注文例①[新規→決済]

現在101円。100円になったら買いたいが、もし買えたらそのあとは102円で売って利益を確定したい。

step3_3_img6
引用元:マネースクエア「FXの基本的な注文方法」

IFD注文例②[決済→新規]

100円の買いポジションを持っている。102円になったら売りたいが、もし売れた後に再び100円になったらまた買いたい。

IFD2
引用元:マネースクエア「FXの基本的な注文方法」

OCO(オーシーオー)注文とは?

OCOとは“One Cancel the Other”の略であり、「ふたつの注文を同時に出して、そのうちのひとつが成立したときには、もう一方が自動的にキャンセルされる」という意味を持っています。
具体的には、現在のレートから上下にひとつずつ、計二つの注文を一度に発注することが可能です。

OCO注文例①[決済注文]

101円で買ったポジションに対して、上がったときには102円で利益を確定したいが、もし下がってしまったときには100円で損失を限定しておきたい。

oco1
引用元:マネースクエア「FXの基本的な注文方法」

リピート系発注機能の中でiサイクル注文(トラッキングトレード)だけは、IFD注文に加えてこのOCO注文も同時に発注するため、ロスカットが発生します

このIFD注文とOCO注文を組み合わせた発注方法をIFO(アイエフオー)注文と呼びます。

 iサイクル注文(トラッキングトレード)やるなら通貨ペアで使い分けなさい! 

OCO注文例②[新規注文]

100~102円のレンジを形成しているが、このレンジを上抜けもしくは下抜けしたときにはトレンドが発生するのでは?と考えた場合。

oco2
引用元:マネースクエア「FXの基本的な注文方法」

 【リピート系注文】トラリピ、ループ・イフダン、iサイクル注文、リピートトレール注文を徹底比較

 

最後にIFD注文とOCD注文の分かりやすい解説動画がありますので紹介しておきます。

為替コヤジが使用しているFX自動売買サービス

 トラリピ [マネースクエア]
メインで使用しているリピート系注文。高コストだが、サービスの使い勝手はピカイチ。FX初心者向け情報が豊富で月イチで開催される100万ドルセミナーは必見。

 シストレ24 [インヴァスト証券]
完全自動売買が可能なミラートレーダー。ハイリスク・ハイリターンだが、年間収益率300%も狙えるフルオートは魅力十分。

 トライオートFX [インヴァスト証券]
変幻自在の設定型システムトレード。これさえあればどんな自動売買も可能。手堅く年間収益率30%超も可能なレンジフォーカスは初心者に最適。

 ループ・イフダン [アイネット証券]
取引手数料無料で高スワップのリピート系注文。情報コンテンツに乏しいが、コストを抑えて手軽に自動売買したいFX中級者向き。

コメントを残す