【2018年】為替コヤジも実践中!NZドル/円(NZD/JPY)の予算別トラリピ設定

NZドル円

為替コヤジのメイン口座であるトラリピのNZドル/円の設定内容を公開します。

また運用資金の少ない人のために運用資金100万円、50万円、30万円のトラリピ設定も併せて紹介します。是非参考にしてみて下さい。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

トラリピ運用方針

為替コヤジのトラリピ運用方針は以下の通りです。以下の4つを実践することで相場を予想せずに低リスクで不労所得を得ることを可能にします。

  1. ロスカットしない
  2. 過去20年の最高値から最安値まで幅広くトラップを仕掛ける
  3. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  4. ハーフ&ハーフで証拠金と含み損を減らす

トラリピ設定(NZドル/円)

1. トラップレンジの決定

まずはどの範囲にトラップを仕掛けるかを決めます。まずはNZドル円の月足チャートを確認します。

トラリピ設定(NZドル円)_トップ

NZドル円は45円から95円のレンジに収まっていますので中央値の70円から下に買いトラリピ、上に売りトラリピのハーフ&ハーフを仕掛けます。

現時点で上限95円、下限45円までびっしりとトラップを仕掛ける必要はありませんので為替コヤジは中央値70円から上下に20円ずつ、50円から90円の範囲にトラップを仕掛けています

2. トラリピ設定

トラリピ設定の詳細は以下のようになります。

以前は本数を減らして注文金額を減らすなど手数料対策が必要でしたが、トラリピの手数料が無料となったので最小単位の1,000通貨単位で細かく仕掛けても全く問題ありません。

そこで0.10円刻みで細かくトラップを仕掛けます。

なお、ハーフ&ハーフなので証拠金は売りトラリピと買いトラリピの多い方、つまり640,400円となります。

  買いトラリピ 売りトラリピ
注文方法 らくらくトラリピ らくらくトラリピ
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
レンジ 50.10~70.00 70.10~90.00
間隔 0.10円 0.10円
トラップ本数 200本 200本
利益金額 1,000円 1,000円
決済トレール 設定する 設定する
ロスカット 設定しない 設定しない
証拠金 480,400円 640,400円

利益金額は1,000円(つまり1円上昇・下落したら決済)にしています。利益金額の最適値については様々なサイトで検証されていますが、0.5円であったり、2円であったりとマチマチです。

これは年や相場によっても異なるためです。ATR(Average True Range)と呼ばれる“真の変動幅”から算出するのが理想とされていますが、これも年や相場によって異なるので利益金額の最適値が一意に決まりません。

ざっくり言ってしまえばクロス円は平均すると1日に約1円くらい動くので利益金額を1,000円にしています

実際にらくらくトラリピ(らくトラ)で発注する際の注文内容確認を掲載しておきますので間違いのないように注文して下さい。らくトラは1度に99本までしか発注できないので買いトラリピ、売りトラリピそれぞれ3回に分けて発注します。

トラリピ設定(NZドル円)_確認画面

3. ロスカットラインの確認

トラリピに限らず、リピート系注文ではいくらまで耐えることができるのか、自分のロスカットラインは正確に把握しておくことが重要です。

トラ運用試算表でロスカットラインを必ず確認しておきましょう。

らくトラ運用試算表で確認

ここで注意して欲しいのですが、トラリピのロスカットには2種類あります。

  • 東京15時ロスカット・・・日本時間15時時点で、維持率100%未満が対象
  • 自動ロスカット・・・・・時間に関わらず、維持率80%未満が対象

本記事ではより安全に運用するためにロスカット価格は東京15時ロスカット、つまり維持率100%を切る価格で統一しています。

資金毎のロスカットラインは以下の通りです。

  買いトラリピ 売りトラリピ
100万円 57.45円 81.85円
150万円 54.95円 84.35円
200万円 52.45円 86.85円
250万円 49.95円 89.35円
300万円 47.45円 91.85円
350万円 44.95円 94.35円

過去20年の最安値、最高値に耐えられるためには350万円の資金が必要となりますが、すぐにはそこまで到達しないと判断し、為替コヤジは運用資金200万円で運用しています

ただし、急騰・急落時のために追加用の運用資金を100万円用意しています。

4. 資金別トラリピ設定

前述の通り、為替コヤジは200万円で運用していますが、いきなり200万円は出せないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで運用資金が少ない場合はトラップ間隔を広げるか、あるいはレンジを狭めることでトラリピを開始することができます。

トラリピの目安資金。最低いくら準備すれば自動売買できるのか?
トラリピで自動売買する場合、運用資金をいくら準備すればいいのでしょうか? 自己資金10万円から運用可能トラリピは複数の注文を大量に発注するので、少額資金では無理...

ただし当サイトではトラップレンジを狭めることは推奨していません。

過去20年間のNZドル円の年間高低差は少ない年でも8.20円(2007年)、多い年では40.31円(2008年)もあります。

そのため、為替コヤジの推奨設定よりもトラップレンジを狭めてしまうと1年もたずにレンジを外れる可能性が高まります。レンジを外れるとトラリピがリピートしなくなるので資金不足にもかかわらず、ついレンジを広げてしまいがちです。これがリピート系注文の初心者がもっとも犯しがちな失敗です。

従いまして開始資金が不足している場合はトラップ間隔を広げてトラリピを開始して下さい

最終的に0.1円刻みでトラップを仕掛けたい場合、暫定のトラップ間隔は0.2円間隔、0.4円間隔、0.8円間隔と2の累乗になるように気を付けて下さい。例えば初めに0.5円間隔にしてしまうと等間隔でトラップを仕掛けることができなくなってしまいます。

トラリピ間隔

左の図は最初ににトラップを仕掛け、次ににトラップを仕掛けた場合のトラップ位置を示しています。

初めに0.2円、0.4円間隔でトラップを仕掛けた場合、次のトラップが等間隔に配置されています。

ところが初めに0.5円間隔で仕掛けてしまうと次のトラップを等間隔に仕掛けることができなくなってしまいます。

 

資金100万円の場合

資金が100万円の場合にはトラップ間隔を2倍の0.2円に広げれば、為替コヤジと同じトラップレンジをカバーすることができます。

  買いトラリピ 売りトラリピ
注文方法 らくらくトラリピ らくらくトラリピ
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
レンジ 50.10~69.90 70.10~89.90
間隔 0.20円 0.20円
トラップ本数 100本 100本
利益金額 1,000円 1,000円
決済トレール 設定する 設定する
証拠金 240,000円 320,000円
ロスカット 52.40円 86.80円

資金50万円の場合

資金が50万円の場合にはトラップ間隔を4倍の0.4円に広げれば、為替コヤジと同じトラップレンジをカバーすることができます。

  買いトラリピ 売りトラリピ
注文方法 らくらくトラリピ らくらくトラリピ
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
レンジ 50.10~69.70 70.10~89.70
間隔 0.40円 0.40円
トラップ本数 50本 50本
利益金額 1,000円 1,000円
決済トレール 設定する 設定する
証拠金 119,800円 159,800円
ロスカット  52.29円 86.71円

資金30万円の場合

資金が30万円の場合にはトラップ間隔を8倍の0.8円に広げれば、為替コヤジと同じトラップレンジをカバーすることができます。

  買いトラリピ 売りトラリピ
注文方法 らくらくトラリピ らくらくトラリピ
注文金額 0.1万通貨 0.1万通貨
レンジ 50.10~69.30 70.10~89.30
間隔 0.80円 0.80円
トラップ本数 25本 25本
利益金額 1,000円 1,000円
決済トレール 設定する 設定する
証拠金 59,700円 79,699円
ロスカット  50.08円 88.52円

NZドル円のトラリピはいつ始めるのがベストか?

為替コヤジのトラリピ運用方針はロスカットをせずに利益を積み上げていくのでできるだけ早く始めるのが理想です。

トラリピ設定(NZドル円)_トップ

ただし、厳密にはもっと始めるのに適切なタイミングというものがあります。それは価格がレンジの天井か、あるいは底に近づいた時に運用を開始する方法です。

例えば買いトラリピの場合、レンジの底である50円近辺で始めると上がる可能性が高いので安値で仕込むことができます。

逆に下がっても50円近辺なら下落は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

一方、売りトラリピの場合、レンジの天井である90円近辺で始めると下がる可能性が高いので高値で仕込むことができます。

逆に上がっても90円近辺なら上昇は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

中央値である70円近辺で始めた場合、しばらくの間、70円近辺をウロウロしてくれれば利益を積み上げてくれますが、始めた直後に一方向に動き出すと大量の含み損を抱えることになります。

したがってトラリピを始めようと思っている通貨ペアがレンジの天井か、底に近づいているなら今がチャンスです。

コメントを残す