【2019年5月】トラリピ月間運用成績(+12.4万円)とトラリピ設定

トラリピ

為替コヤジのメイン口座であるトラリピの月間運用成績です。2019年5月は12.4万円の不労所得を手にしました。

12.4万円を稼ぎ出したトラリピ設定も公開していますので不労所得に興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

この記事は、2019年7月15日に公開された記事を再編集しています。

トラリピ運用方針

為替コヤジのトラリピ運用方針は以下の通りです。以下の4つを実践することで相場を予想せずに低リスクで不労所得を得ることを可能にします。

[deco_bg image=”paper3″ width=”500″]
  1. ロスカットしない
  2. 過去20年の最高値から最安値まで幅広くトラップを仕掛ける
  3. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  4. ハーフ&ハーフで証拠金と含み損を減らす
[/deco_bg]

トラリピ公式サイト

トラリピ運用成績

1. トラリピ月間運用成績

2019年5月の月間損益は124,207円(スワップ損益含む)でした。

トラリピ月間損益_201905

2. トラリピ通算運用成績

トラリピ運用を開始した2012年1月から2019年5月までの累計損益は以下の通りです。2019年5月末の時価残高(累計損益-評価損益)は-471万円となっています。

トラリピ累計損益_201905

2018年8月頃から南アフリカランド/円、トルコリラ/円の稼働を開始しましたが、利益以上に値下がりが激しく、100万円以上の手動ロスカットを2回行っています。

それでもまだ南アフリカランド/円、トルコリラ/円の評価損はそれぞれ200万円以上あります。2019年にはいずれも手動ロスカットし、資産状況を改善させる予定です。

トラリピで大損!為替コヤジがトラリピ運用で失敗した3つの理由とその対策
為替コヤジはトラリピを7年間運用していますが、これまでに150万円のロスカットを2回経験しています。 今回は為替コヤジがトラリピで失敗して大損した理由とその対策について解説します。

3. 現在のトラリピ設定

現在のトラリピ設定は以下の通りです。現在は米ドル円/、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、NZドル/米ドルの5通貨ペアで運用しています。
2019年中にさらにユーロ/円、豪ドル/米ドルを稼働させる予定です。

またトラリピで取り扱いのない豪ドル/NZドルをトライオートFXで運用しています。

通貨ペアをクリックすると設定内容の詳細ページに遷移します。

通貨ペア売買数量トラップ
レンジ
トラップ
間隔
利益金額
米ドル/円買い1,00085.10

105.00
0.1円1,000円
売り1,000105.10

125.00
0.1円1,000円
ユーロ/円買い
売り
ユーロ/米ドル買い
売り
豪ドル/円買い1,00070.10

85.00
0.1円1,000円
売り1,00085.10

100.00
0.1円1,000円
豪ドル/米ドル買い
売り
NZドル/円買い1,00050.10

70.00
0.1円1,000円
売り1,00070.10

90.00
0.1円1,000円
NZドル/米ドル買い1,0000.5010

0.6500
0.001ドル10ドル
売り1,0000.6510

0.8000
0.001ドル10ドル
カナダドル/円買い1,00070.10

95.00
0.1円1,000円
売り1,00095.10

120.00
0.1円1,000円
英ポンド/円買い
売り
トルコリラ/円買い
売り
南アフリカランド/円買い
売り

トラリピ公式サイト

4. トラリピ取引システムリニューアルによる報告書の見方

5月の途中でトラリピの取引システムがリニューアルされてしまったせいで実績集計に時間がかかってしまいました。

集計方法に間違いがないかサポートに問い合わせましたのでその回答を参考までに掲載しておきます。

5月26日(日)のシステムリニューアルに伴い、報告書にて売買損益、およびスワップ損益を確認される場合、2019年5月26日以前につきましては「残高総括表」、27日以降は「期間損益報告書」に分けてご確認ください。
(期間損益報告書は旧残高総括表と同等の書類となります。)

5月1日~26日までの「残高総括表」の出力方法は下記をご参照ください。
※指定期間内に受渡しが完了している売買損益と実現したスワップ損益が月別で掲載されています。

1.下記URLをクリックいただき、「報告書」ページを表示
◆報告書
https://www.m2j.co.jp/mp/service/report-dealings/download
※マイページログイン後、該当するページが表示されます。

2.表示された画面で、「検索」ボタンの下
「2011年8月22日~2019年5月26日の報告書はこちら」をクリック

3.帳票種別「残高総括表」、対象期間「2019年5月1日~2019年5月26日」を選択し、「作成」ボタンをクリックいただきますと「残高総括表」が出力されます。

5月27日~31日までの「期間損益報告書」の出力方法は上記『◆報告書』ページ内期間損益報告書より該当期間を指定し、ご確認ください。
◆期間損益報告書ついて
※期間損益報告書の見方の「C」の囲みをご覧ください。
https://www.m2j.co.jp/mp/service/report-dealings/quarter
『実現損益内訳』枠内表記について
売買損益合計:指定期間内に受渡しが完了している売買損益
スワップ損益合計:ポジション決済により指定期間内に実現したスワップの合計
スワップ振替合計:未決済ポジションのスワップ振替を行い指定期間内に実現したスワップの合計

なお、未決済分ポジションに発生しているスワップの合計金額については「取引報告書」でご確認いただけます。

◆取引報告書について
※取引報告書の見方の「C」と「E」の囲みをご覧ください。
https://www.m2j.co.jp/mp/service/report-dealings/receipt

『口座状況』枠内の「累積スワップ合計」が全保有ポジションのスワップ合計金額です。

『ポジション残高』枠内の「累積スワップ」にポジションごとのスワップ金額(5月27日以降分の累計)が記載されております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました