【2019年3月】トラリピ月間運用成績(+7.1万円)とトラリピ設定

トラリピ

為替コヤジのメイン口座であるトラリピの月間運用成績です。2019年3月は7.1万円の不労所得を手にしました。

7.1万円を稼ぎ出したトラリピ設定も公開していますので不労所得に興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

トラリピ運用方針

為替コヤジのトラリピ運用方針は以下の通りです。以下の4つを実践することで相場を予想せずに低リスクで不労所得を得ることを可能にします。

[deco_bg image=”paper3″ width=”500″]
  1. ロスカットしない
  2. 過去20年の最高値から最安値まで幅広くトラップを仕掛ける
  3. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  4. ハーフ&ハーフで証拠金と含み損を減らす
[/deco_bg]

トラリピ公式サイト

トラリピ運用成績

1. トラリピ月間運用成績

2019年2月の月間損益は71,368円(スワップ損益含む)でした。

トラリピ月間損益_201903

2. トラリピ通算運用成績

トラリピ運用を開始した2012年1月から2019年3月までの累計損益は以下の通りです。2019年3月末の時価残高(累計損益-評価損益)は-410万円となっています。

トラリピ累計損益_201903

2018年8月頃から南アフリカランド/円、トルコリラ/円の稼働を開始しましたが、利益以上に値下がりが激しく、100万円以上の手動ロスカットを2回行っています。

それでもまだ南アフリカランド/円、トルコリラ/円の評価損はそれぞれ200万円以上あります。2019年にはいずれも手動ロスカットし、資産状況を改善させる予定です。

3. 現在のトラリピ設定

現在のトラリピ設定は以下の通りです。現在は米ドル円/、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、NZドル/米ドルの5通貨ペアで運用しています。
2019年中にさらにユーロ/円、豪ドル/米ドルを稼働させる予定です。

またトラリピで取り扱いのない豪ドル/NZドルをトライオートFXで運用しています。

通貨ペアをクリックすると設定内容の詳細ページに遷移します。

通貨ペア売買数量トラップ
レンジ
トラップ
間隔
利益金額
米ドル/円買い1,00085.10

 105.00
0.1円 1,000円
売り1,000105.10

 125.00
0.1円1,000円
ユーロ/円買い
売り
ユーロ/米ドル買い
売り
豪ドル/円買い1,00070.10

 85.00
0.1円1,000円
売り1,00085.10

 100.00
0.1円1,000円
豪ドル/米ドル買い
売り
NZドル/円買い1,00050.10

70.00
0.1円1,000円
売り1,00070.10

90.00
0.1円1,000円
NZドル/米ドル買い1,0000.5010

0.6500
0.001ドル10ドル
売り1,0000.6510

0.8000
0.001ドル10ドル
カナダドル/円買い1,00070.10

95.00
0.1円1,000円
売り1,00095.10

 120.00
0.1円1,000円
英ポンド/円買い
売り
トルコリラ/円買い
売り
南アフリカランド/円買い
売り

トラリピ公式サイト

4. 資産状況

為替コヤジの資産状況は以下の通りです。

最もリスクの低いトラリピに全資産の80%以上を割り当てるようにしています。資金が倍増する可能性のあるシストレ24に多くの資金を投入したい気持ちをぐっと堪えて手堅くいくのが超長期運用で成功を収めるコツです。超長期運用では攻めより守りが重要です。

現金残高_201902

サービス FX会社現金残高割合
トラリピマネースクエア1,610.3万円85.55%
トライオートFXインヴァスト証券100.3万円5.69%
シストレ24インヴァスト証券 40.0万円 2.27%
トライオートETFインヴァスト証券 0.3万円 0.09%
積立FXSBI FXトレード  1.6万円  0.02%
ループイフダン アイネット証券 0円0%
合計  1,763.4万円 100.00%

5. 今、トラリピを開始すべきか?

為替コヤジのトラリピ運用方針はロスカットをせずに利益を積み上げていくのでできるだけ早く始めるのが理想です。

豪ドル円

ただし、厳密にはもっと始めるのに適切なタイミングというものがあります。それは価格がレンジの天井か、あるいは底に近づいた時に運用を開始する方法です。

例えば豪ドル/円の買いトラリピの場合、レンジの底である70円近辺で始めると上がる可能性が高いので安値で仕込むことができます。

逆に下がっても70円近辺なら下落は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

一方、売りトラリピの場合、レンジの天井である100円近辺で始めると下がる可能性が高いので高値で仕込むことができます。

逆に上がっても100円近辺なら上昇は限定的と考えられますので含み損もそれほど膨らみません。

中央値である85円近辺で始めた場合、しばらくの間、85円近辺をウロウロしてくれれば利益を積み上げてくれますが、始めた直後に一方向に動き出すと大量の含み損を抱えることになります。

したがってトラリピを始めようと思っている通貨ペアがレンジの天井か、底に近づいているなら今がチャンスです。

具体的に各通貨ペアを見てみると3月末時点では豪ドル/米ドルが底に近づいています。2019年4月にトラリピを始めるなら豪ドル/米ドルがおすすめです

通貨ペア価格帯投資判断
米ドル/円中央圏NOT GO
ユーロ/円中央圏NOT GO
ユーロ/米ドル
豪ドル/円中央圏NOT GO
豪ドル/米ドル安値圏GO
NZドル/円中央圏NOT GO
NZドル/米ドル中央圏NOT GO
カナダドル/円中央圏NOT GO
英ポンド/円
トルコリラ/円
南アフリカランド/円

トラリピ公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました