FX自動売買各社のスマホ・タブレット(アプリ)対応状況まとめ

manual_img02

FX自動売買にはもはや欠かせないスマホ(スマートフォン)。中にはパソコンよりもスマホやタブレットをメインの取引ツールにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでFX自動売買各社のモバイルサービスについてまとめてみました。

FX自動売買のスマホ(アプリ)対応状況

FXシストレ各社のAndroid、iPhone、iPadへの対応状況は、以下の通りです(2015年9月13日現在)。 

FX自動売買[FX会社]AndroidiPhoneiPad
リピート系発注機能
トラリピ[M2J] 
ループ・イフダン[アイネット証券]×××
ループ・イフダン[ひまわり証券]×
リピートトレール注文[YJFX!]
サイクル注文・iサイクル注文[外為オンライン]
トラッキングトレード
[FXトレーディングシステムズ]
連続予約注文
[マネーパートナーズ]
iサイクル注文
[ライブスター証券]
ミラートレーダー
シストレ24[インヴァスト証券] 
セントラルミラートレーダー
[セントラル短資FX]
×××
選択型シストレ
みんなのシストレ[トレイダーズ証券]
ユーザ設定型シストレ
トライオートFX[インヴァスト証券]
ちょいトレFX[FXプライム byGMO]×
シストレFX[カブドットコム証券]
FXダイレクトプラス
[セントラル短資FX]
MT4(メタトレーダー)
FXTF MT4
[FXトレードフィナンシャル]
MT4[楽天証券]
メタトレード4
[アヴァトレードジャパン]
MT4ZERO[外貨ファイネスト]
FOREX.com MT4
[FOREX.com]
MetaTrader4
[OANDA JAPAN]
くりっく365特化型シストレ
アルゴトレード365
[岡三オンライン証券]
シストレ365
[FXブロードネット]
×××

格安スマホでスマホ利用料金を1/3に!

SIMロック解除が義務化され、急速に注目を集めている格安スマホですが、一般的なスマートフォンに比べて月々の利用料金が1/3になると言われています。

block02-img01

プラン選びに迷うところですが、SMSや通話を利用するためには音声通話対応SIMを選ぶ必要があります。
またスマホ利用者の約84%が、毎月2GB以下のデータ量しか使っていないので(NTTコムリサーチ調べ)、データ容量プランは2~3GBプランで十分です。

上記を踏まえるとオススメのMVNO(Mobile Virtual Network Operator)は、楽天モバイル 。人気の端末、arrows M02、ASUS ZenFone 2 Laser、Liquid Z330、AQUOS SH-M02、honor6 Plusがいずれも最安値となっています。

格安スマホは、現在ご利用中のスマホの代替機としてはもちろん、シストレ専用端末としてもおススメです。

またキャリアの乗り換え(MNP)ならおとくケータイ.net がオススメです。為替コヤジはドコモからソフトバンクへの乗り換えで4万円ゲットしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました