【謹賀新年】2016年の振り返りと2017年の目標

871a3bb920a7be66c100ad8105464bac_s

皆様、あけましておめでとうございます。為替コヤジです。

2016年の振り返り

運用成績が安定した理由

2016年は英国民投票、米大統領選などに翻弄され、利益が出た人は約5割にとどまったそうです。

そんな中、為替コヤジはFX自動売買を始めてから5年目にして初めて大きく利益を出すことができました。理由ははっきりしていてトラリピをメインにし、ミラートレーダーを控えたからです。

シストレ24などのミラートレーダーは大きく儲けられる可能性はありますが、その分大負けする可能性もあります。いわゆるハイリスク・ハイリターンです。FXの運用成績を安定させるためにローリスク・ミドルリターンのリピート系発注機能に運用資金を集中させることは自然の流れでした。

FXシストレ界はリピート系発注機能が牽引

FXシストレ界でもFXTFやFXプライム byGMOなど次々にミラートレーダーからの撤退を表明する一方でアイネット証券のループ・イフダンは大幅バージョンアップを行い、インヴァスト証券のトライオートFXも次々にリピート系発注機能をリリースしました。

今年もリスクの少ないリピート系発注機能がFXシストレ界をリードしていく構図が強まっていくことでしょう。

2017年の目標

年利20%を目指す

さて2017年の目標ですが、昨年同様に年率20%を目指します。現在の運用資金は約1,400万円ですので年率20%なら280万円の利益です。

 運用資金 比率評価損
トラリピ1,230万円87.5%440万円
ループイフダン103万円7.3%18万円
トライオートFX37万円2.6%12万円
シストレ2436万円2.6%0円

昨年の目標ではリスク分散のためにトレードコレクターかみんなのシストレを追加する予定でしたが、上述の利益の安定化のために見送りました。今年は新たに追加する予定はなく、トラリピを中心にループ・イフダン、トライオートFX、シストレ24が脇を固めるスタイルを継続します。

その中でもトライオートFXのレンジフォーカスを試してみたいと思います。またシストレ24のフルオートにはブレイクを期待しています。為替コヤジの永遠の課題だったストラテジー抽出方法の確立をフルオートに託したいと思います。

評価損の解消

もう一つの目標は評価損の削減です。トラリピは約440万円の評価損がありますので南アフリカランド円とトルコリラ円の高値ポジションを整理したいと思います。

まとめ

昨年もたくさんの方に訪問していただき、年間アクセス数は9万PVとなりました。
今年も皆様に有益な情報を提供できるよう精進して参ります。今年もよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました