【はじめてのFX自動売買】第2回「FX自動売買を5つに分類 リピート系注文とそれ以外は全く別物」

自動売買

【はじめてのFX自動売買】2回目では、FX自動売買を5つに分類し、それぞれの特徴を解説します。
さらにFX初心者が誤解しやすいリピート系注文とそれ以外のFX自動売買の大きな違いを解説します。

[colored_bg color=”light-gray” corner=”r”]

第1回:FX自動売買とは?FX自動売買は本当に勝てるのか?[/colored_bg]

FX自動売買の分類

ひとくちにFX自動売買と言っても実は様々な仕組みがあり、機能別に大きく5つに分類することができます。

FX自動売買分類

それでは5つのFX自動売買を詳しく解説します。

1. リピート系発注機能

現在のFX自動売買ブームを牽引しているのがリピート系発注機能です。リピート系発注機能は連続発注機能やグリッドトレードとも呼ばれ、一度の発注で何度も売買を繰り返してくれるFX自動売買です。

設定内容がシンプルなため、利益を上げているトレーダーのマネがしやすいことから人気急上昇中です。パソコンの専門知識もほとんど不要なので初心者でもカンタンに自動売買をすることができます。

FX自動売買初心者にオススメ!リピート系発注機能
FX初心者に最もおススメなのがこのリピート系発注機能です。

主なリピート系発注機能

2. 選択型自動売買

選択型自動売買とは、あらかじめ用意されたプログラムを選ぶだけで始められるFX自動売買です。世界中のプロたちが作ったプログラムの中から、自分の気になるプログラムを選ぶだけで自動売買してくれます。

選択型自動売買はFX会社が独自に開発したプラットフォーム上で稼働しています。

FX自動売買の隠れた優良システム!選択型システムトレード
FXの初心者やパソコンの操作が苦手な人にもオススメな選択型システムトレードを紹介します。

主な選択型システムトレード

3. ミラートレーダー

現在のFX自動売買ブームのきっかけとなったのがミラートレーダーです。ミラートレーダーとは、イスラエルのトレーデンシー社が開発したプラットフォームです。FX会社はミラートレーダーを導入して独自のサービスとして提供しています。

ミラートレーダーもあからじめ用意されたストラテジーと呼ばれる売買プログラムを選ぶだけで自動売買してくれるので選択型自動売買の一部と言えます。

かつては10社がミラートレーダーを提供していましたが、人気に陰りが見え、現在はわずか3社しか提供していません

FX自動売買人気の火付け役!ミラートレーダー
ストラテジーを選ぶだけで手軽にプロや専門家のトレードが実現できることから人気を集めているミラートレーダーを紹介します。 為替コヤジ:2015年10月25日に公開された記事を再編集しています。

主なミラートレーダー

4. MT4(メタトレーダー)

MT4(メタトレーダー)は、ロシアのMetaQuotes社が開発したFXのプラットフォームです。EA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれるプログラムを組み込むことによって自動売買が可能になります。EAは自分でプログラミングしたり、無料EAを入手することもできますが、多くのトレーダーは有料の優秀なEAを採用しています。

MT4は国内より海外の方が充実しており、取引条件が有利なため、海外FX会社を利用するトレーダーが多いのが特徴です。

FX自動売買を自分でプログラミング!MT4(メタトレーダー)
代表的な開発型システムトレードのMT4(メタトレーダー)について解説します。

主なMT4(メタトレーダー)

5. 設定型自動売買

設定型自動売買とは、自動売買の売買ルールをユーザが自由に設定できるシステムトレードです。自由に設定できる分、FXの経験が求められるため選択型システムトレードと比べてFX中級者から上級者向きと言えます。

FX自動売買を自己流アレンジ!ユーザ設定型システムトレード
裁量トレードの経験が豊富で相場観を持ったFX中級者から上級者にオススメなユーザ設定型システムトレードを紹介します。

主な設定型自動売買

リピート系発注機能とそれ以外ではコンセプトが全く違う

FX自動売買は上記のように5つに分類することができますが、コンセプトからリピート系注文とそれ以外に二分することができます。

リピート系発注機能以外はほったらかしNG

リピート系注文は広範囲にわたって注文を仕掛けておけば数年から10年くらい完全放置でもコツコツと利益を積み上げてくれます

これに対し、選択型システムトレードやミラートレーダーの売買プログラム(ストラテジー)には特異な相場や苦手な相場があるので相場に合わせて売買プログラム(ストラテジー)を組み替える必要があります。

したがって忙しいサラリーマンや主婦にはほったらかしが可能なリピート系注文が向いていると言えます。

リピート系注文は資金力が求められる

リピート系注文は広範囲にわたって注文を仕掛けるため、評価損を大量に抱え込むことになります。そのため、ある程度の資金力が求められます。30万円程度でスタートすることもできますが、100万円以上あったほうが望ましいと言えます。

これに対し、選択型システムトレードやミラートレーダーは数日から10日程度で売買を繰り返しますので長期間資金が拘束されることはありません。ポジションも1ストラテジー当たり最大4つなので15万円もあればスタートすることができます。

コンセプトの違いから収益イメージは全く異なる

上述の通り、リピート系注文とそれ以外はコンセプトが全く異なるので収益イメージも全く異なります。

リピート系注文は小さな利益をコツコツ積み上げていくので年率10~20%を目指すことになります。

これに対し、選択型システムトレードやミラートレーダーは当たれば1年で資金を倍増させることもできますが、逆に全てを失うこともありえます

最後に5つのFX自動売買の期待収益(年間)と目安資金をまとめましたので参考にしてみて下さい。

 期待収益(年間)目安資金 
 リピート系発注機能+10%~+20% 100万円以上
 選択型自動売買±100%30万円以上
 ミラートレーダー
 MT4
 設定型自動売買設定次第 

コメント

タイトルとURLをコピーしました