海外MT4の取引キャッシュバックサイトを比較!TariTali、FinalCashBack、FXRoyalCashBackで最もお得なのはどこ?

自動売買

3大キャッシュバックサイト・TariTali、FinalCashBack、FXRoyalCashBackのリベート率を比較してみました。結果は意外なほどはっきりと差がつきました。

取引キャッシュバックの仕組み

海外FXではIB(イントロデューシング・ブローカー)と呼ばれるブローカーがユーザーをFX業者に紹介し、FX業者は紹介してもらったお礼にその報酬をIBに支払う形態が一般的となっています。

IB

私たちはIBを経由して海外FX口座を開設し、取引をすればIBが海外FX業者から受けた報酬の一部を還元してくれます。これが取引キャッシュバックです。

日本ではIB(イントロデューシング・ブローカー)という呼称はあまり馴染みがなく、キャッシュバックサイトと呼ばれています。

3大キャッシュバックサイト

キャッシュバックサイトは世界中に数多あり、日本語に対応している業者だけでも10社以上あります。中でもリベート率で抜きんでているのは下記の3社です。

前述の通り、取引キャッシュバックはキャッシュバックサイトを通じて海外FX業者の口座開設をする必要がありますが、直接FX業者のサイトで口座開設してしまうとキャッシュバックの対象にならない場合があります。

またキャッシュバックサイト経由で口座開設した後でもっとリベート率のいいキャッシュバックサイトを見つけても乗り換えることができない場合もあります。

海外FX業者の口座開設はリベート率を確認した上で慎重にキャッシュバックサイトを選んで下さい。

リベート率比較 

人気の海外FX業者のリベート率を3大キャッシュバックサイトで比較してみました。結果はTariTaliの圧勝と言う結果になりました。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 TariTaliFinalCashBackFXRoyalCashBack
XM
(マイクロ口座)
7.50USD6.00USD0.65pips
XM
(スタンダード口座)
7.50USD6.00USD0.65pips
XM
(XM Zero口座)
3.75USD取扱いなし0.30pips
AXIORY
 (スタンダード口座)
3.75USD 3.00USD 0.35pips
AXIORY
 (ナノスプレッド口座)
1.50USD 1.20USD 0.16pips
TitanFX
(スタンダード口座)
0.375pips  0.32pips  0.32pips
TitanFX
 (ブレード口座)
1.125USD取扱いなし0.80USD 
LAND-FX
(ライブ口座)
取扱いなし0.38pips0.38pips
TradersTrust
(スタンダード口座)
7.50USD5.00USD0.50pips
TradersTrust
 (低スプレッド口座)
3.75USD3.00USD0.30pips
TradersTrust
 (ECN口座)
7.50USD5.00USD5.00USD
FxPro
(MT口座/メジャー通貨)
3.75USD30%0.40pips
FxPro
(MT口座マイナー通貨)
6.00USD30%0.40pips
MyfxMarkets
 (スタンダード口座)
取扱いなし0.30pips0.30pips
MyfxMarkets
 (プロ口座)
取扱いなし1.50USD0.15pips

出金条件比較

キャッシュバックの出金条件もTariTaliの圧勝となっています。出金手数料が無料のTariTaliならこまめに出金できるのでキャッシュバックサイトの持ち逃げリスクも防げます。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 手数料最低出金額出金可能時期
TariTali無料1,500円以上最短翌日(FX業者による)
FinalCashBack500円5,000円以上翌月25日
FXRoyalCashBack500円5,000円以上翌月20日

まとめ

FinalCashBackとFXRoyalCashBackはFX業者から受け取るリベート(報酬)の平均60%をユーザにキャッシュバックしていますが、TariTaliはなんと一律75%をキャッシュバックしています。

海外FXでMT4をする場合、選ぶべきキャッシュバックサイトはTariTaliが鉄板となります。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました