ハーフ&ハーフがカンタンに作れるトライオートFXの『ビルダー』とは?

auto-select-builder

トライオートFX・トライオートETFの「自動売買セレクト」に自分だけのオリジナルのアイデアを自動売買にすることができるビルダー機能が2019年7月20日(土)にリリースされました。

ビルダー機能の説明会に参加してきましたので詳しく紹介します。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

トライオートFXのビルダー機能とは?

ビルダー機能とはトライオートFX・トライオートETFの「自動売買セレクト」でオリジナルの自動売買プログラムが作成できる機能です。

主な特徴は以下の4つです。

1. 高いカスタム性。新ロジックも生み出せる

作成は、「自動売買セレクト」画面のメニュー「ビルダー」から行います。カスタム性が高く、自動売買セレクトなど既存ロジックをアレンジしたり、1から自身でオリジナルの自動売買を作成できます。

2. スマホアプリからも作成

普段から使っているスマートフォンのアプリでも、「自動売買セレクト」画面から自動売買をカンタン操作で作成できます。

3. 複数組み合わせた場合もシミュレーションができる

自作のものだけでも、「セレクト」から選んだ自動売買と合わせたポートフォリオを組んだ場合のシミュレーションもできます。もちろんETFとFXを組合わせてもOKです。

シミュレーションにはスワップ、配当金やスプレッドも考慮されています。

4. カート画面で発注前に調整

カート画面では、組み合わせた際のシミュレーションができるほか、発注前に数量調整、追加、削除ができます。

ビルダーとトライオートツール内から呼び出すことができる自動売買パネルの違いは大きく2点です。

  • ビルダーにはシミュレーション機能がついている
  • ビルダーにはセーフティ設定機能がない

これから自動売買作成にチャレンジされる方にはビルダーをお勧めします。

なお、ビルダー機能のリリースに伴い、7/20(土)以降、自動売買セレクトの詳細画面やカートにて表示されるシミュレーション結果は2018年1月~のみ確認可能となり、2017年以前~のシミュレーション結果は確認できなくなります。

シングルカスタムとマルチカスタムの違い

ビルダー機能にはシングルカスタムとマルチカスタムという2つの作成方法があります。

まずシングルカスタムは自動売買注文を一本ずつ作成することができます。作成にはマルチカスタムよりも時間がかかりますが、工夫次第で完全オリジナルな自動売買を作成することができます。

おすすめしたいのはマルチカスタムです。

マルチカスタムは複数の自動売買注文を一度に作成することができます。
コアレンジャーを自分風にアレンジすることはもちろん、ハーフ&ハーフのような独自のリピート系の注文を作成することができます
レンジ内で売買を繰り返すようなロジックを作りたいときにはシングルカスタムよりも作成時間を短縮することが可能です。

ハーフ&ハーフの作り方を動画で紹介します。トラリピにはない通貨ペアでトライオートFXのハーフ&ハーフを仕掛けたい場合に参考にして下さい。

ビルダーチャレンジに応募して50万円を山分け!

builder-challenge

トライオートFX・トライオートETFの自動売買セレクトの新機能「ビルダー」から、自分だけの設定を行い、シミュレーション結果に表示される「総合損益」と「最大DD(ドローダウン)」の合計値で順位を競います。

ランキング上位100名にはAmazonギフト券カード 5,000円がもらえます。

キャンペーン期間:2019年7月23日(火)~2019年8月9日(金)
応募方法:
1. インヴァスト証券公式アカウント(@invast)が発信する応募用ツイートを『コメント付きリツイート』にする
2. コメント内容にハッシュタグ「#自動売買セレクト」と「#ビルダーチャレンジ」を付ける
3. シミュレーション結果の「必要証拠金」と「損益グラフチャート」と「総合損益」と「最大DD」が認識できるキャプチャー画像を添付する

img_application

注意事項:
・必要証拠金が「1,106,000円」以内であること
・同一のTwitterアカウントでお客様が複数回エントリーしていた場合は、投稿日時が最新のものをエントリー対象といたします

自作の自動売買プログラムに興味のある方はこの機会にトライオートFXの口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す