【トラリピ】トラリピ戦略について考えてみました(1)

トラップリピートイフダン(トラリピ)を開始してから2ヶ月が経過しました。

ここでトラリピ戦略について改めて考えてみました。

まずトラリピ戦略を考える上で大切なのはトラリピの弱点を知ること。トラリピを仕掛けて行く上で弱点となるのは以下の2点。

  • トラリピはトレンド相場に弱い
  • トラリピは含み損を抱えることが多い

これらはトラリピの弱点とも言えますが、別の視点から見るとトラリピの特性とも言えます。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

 ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
 トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
 オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
 iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

他にも

  • 売買手数料が高い
  • スプレッドが他の証券会社と比較して広い
  • スワップポイントが他の証券会社と比較して安い

といった弱点(欠点)も挙げられますが、これらはトラリピ固有の特性というよりもマネースクエアの欠点であり、我々がどうこうできる類のものではないのでここでは一旦除外します。

トラリピで利益を上げ続けるためにはトラリピの特性をしっかりと踏まえた上でトラリピ戦略を練ることが大切になってきます。

次回はこの2つのトラリピ特性を踏まえた上でのトラリピ戦略について書きたいと思います。 

>>トラリピ戦略について考えてみました(2)
>>トラリピ戦略について考えてみました(3)

コメントを残す