【トラリピ】超カンタン!トラリピ発注マニュアル

発注機能はたくさん用意されていますが、覚えなければならないのはたったひとつ、らくらくトラリピ(らくトラ)だけです。

従来、トラリピ注文では、現在レートを考慮した上でスタート価格やトラップ本数、トラップ値幅(イフダンを何円おきに並べるか)などの設定条件をすべて入力する必要がありました。

しかし2012年4月28日からスタートした『らくらくトラリピ(らくトラ)』を使えば、現在レートを考慮することなく、仕掛けたいレンジに仕掛けたい本数を指定するだけで「トラップ値幅」「指値・逆指値の別」を自動計算して、トラリピの手間を大幅に軽減することができます。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

らくトラ(らくらくトラリピ)発注方法

  1. トレード画面左側サイドの黄色いボタン「トラリピ/らくトラ注文」をクリックします。

    2013051223264898b

  2. 青枠の「らくらくトラリピを発注する」をクリックします。

    20130512232650f7e

  3. トラップを仕掛けるレンジを決定します。事前にExcelなどで設定内容をまとめておくことをお勧めします。

    20130512232652b10

  4. レンジに仕掛けるイフダンの内容を決定します。イフダン1本当たりの通貨の単位は「万」になりますので1,000通貨の場合は「0.1」と入力します。

    20130512232655646

  5. 3~4で入力した注文内容を確認します。トラップ値幅が自動計算されるので自分が想定した値幅と一致していることを確認して下さい。

    20130512232657a17

  6. ストップロスを設定するかどうかを決定します。

    20130512232853201

  7. 注文内容を確認し、右下の「この内容で注文する」をクリックします。

    20130512232855746

  8. 右下に「以上の内容で注文を受け付けました。」と表示されれば、らくトラは完了です。 あとはトラリピ約定メールを待ちましょう。

    2013051223285852b
     

コメントを残す