トラリピのメンテナンスを実施!200万円ロスカットし、トラリピ設定を追加

tools-498202_640

やるやるといいながら先延ばしにしていたトラリピの大型ロスカットを実施しました。今回はトルコリラ/円・南アフリカランド/円併せて200万円のロスカットを行いました。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

トラリピのメンテナンス

2012年からトラリピを運用していますが、若気の至りで取ってしまった塩漬けポジションがたくさんあります。今回は思い切ってメンテナンスを実施したいと思います。

若気の至りについては下記記事をご覧下さい。

トラリピで大損!為替コヤジがトラリピ運用で失敗した3つの理由とその対策
為替コヤジはトラリピを7年間運用していますが、これまでに150万円のロスカットを2回経験しています。今回は為替コヤジがトラリピで失敗して大損した理由とその対策につ...

塩漬けポジションとなっているのはトルコリラ/円、南アフリカランド/円の2通貨ペアです。豪ドル/円、NZドル/円も一部高値掴みのポジションがありますが、今回のメンテナンスでは対象外とします。

2019-11-17_09h30_06

今回のメンテナンスではトルコリラ/円、南アフリカランド/円をそれぞれ100万円ずつロスカットしたいと思います。

なお、ロスカット(損切り)のテクニックについては下記記事をご覧下さい。

FXの含み損 損切りするにもテクニックがあるって知ってました?
リピート系注文は大量の含み損を抱えながらコツコツと利益を積み上げるトレード手法です。そのため、他のトレード手法…

トルコリラ/円

トルコリラ/円は2015年から2016年に約定した買いトラリピが10万8,000通貨あります。平均価格は44.6円で評価損は約273万円です。

2019-11-17_09h19_43

ここから100万円分をロスカットしますが、今回は維持率も上げたいので評価損の少ない方からロスカットの対象とします。そうすると4万6,000通貨、約102万円がロスカットされます。

ロスカット前後を比較してみるとこんな感じです。

  ロスカット前 ロスカット後
保有数量 10万8,000通貨 6万2,000通貨
評価損 273万円 171万円

ちなみにトルコリラ/円は過去に約142万円のロスカットを行っているので累計ロスカットは約244万円となります。

南アフリカランド/円

南アフリカランド/円は2014年から2015年に約定した買いトラリピが139万通貨あります。平均価格は9.77円で評価損は約321万円です。

2019-11-17_10h37_13

同じように南アフリカランド/円も100万円分をロスカットします。そうすると53万通貨、約101万円がロスカットされます。

ロスカット前後を比較してみるとこんな感じです。

  ロスカット前 ロスカット後
保有数量 139万通貨 85万通貨
評価損 321万円 220万円

ちなみに南アフリカランド/円は過去に約27万円のロスカットを行っているので累計ロスカットは約128万円となります。

口座状況の比較

ロスカット前後で口座状況を比較してみると有効証拠金は変わりませんが、拠金維持率・実質レバレッジが大幅に改善されていることが分かります。

ロスカット前口座_前

 ロスカット後口座_後

失われるスワップ収益

高金利通貨のトルコリラ/円と南アフリカランド/円を保有していたので毎日スワップポイントがもらえていましたが、200万円分をロスカットしたせいで1月当たり約8,000円のスワップポイントが今後は入らないことになります。

2019-11-17_19h05_25

トラリピの新規注文

メンテナンスと言っている以上、ロスカットして終わりではありません。ロスカットして浮いた資金でトラリピ設定を追加したいと思います。

基本的にメンテナンスは下図のように塩漬けポジションやレンジアウトしたトラリピを現値付近に移動させます。設定レンジ内で価格が推移していればいいので同じ通貨内で移動させても別の通貨で新たに設定しても構いません。要はお金が働く状態にすればいいわけです。

20180820_suggestion_img出所:マネースクエア

今回選んだのはメキシコペソ/円

トルコリラ/円と南アフリカランド/円のロスカットを行ったのでそれぞれ同じ通貨ペアの現値付近でトラリピを仕掛け直そうとも思ったのですが、今回は同じ高金利通貨のメキシコペソ/円でトラリピを仕掛けました

といっても他の通貨ペアのように過去20年のレンジにがっつり仕掛けるのではなく、狭い範囲に少しだけ仕掛けました。まだまだメキシコペソ/円に本格参入するつもりはないのでテンポラリーと捉えて下さい。

またメキシコペソ/円の買いスワップは10円ですが、売りスワップは-40円なので買いトラリピのみとしました。

2019-11-17_11h14_56

通貨ペア メキシコペソ/円
レンジ 5.000~6.500
本数 31本
間隔 0.05円
数量 1万通貨
利益金額 500円
決済トレール 設定なし
ストップロス 設定なし

投資額50万円ならロスカットラインは4.310円となります。

2019-11-17_11h37_32

まとめ

こんな言葉があるそうです。

もし損の出ているポジションを持っていて不快なら、答えは簡単だ。手仕舞うだけだ。いつでも相場に戻ってこられるのだから。新鮮な気持ちでスタートを切るのに勝るものはない。ポール・チューダー

塩漬けポジションを抱えてトラリピの効率が下がっている方は為替コヤジのように思い切ってメンテナンスを行ってはいかがでしょうか?節税対策にもおすすめです。

コメントを残す