シストレ24年間運用実績(-3.3万円)とQuickShiftポートフォリオ【2019年】

シストレ24年次報告IC

為替コヤジの準メイン口座であるシストレ24の年間運用成績です。2019年は-3.3万円となってしまいました。

現在のQuickShiftポートフォリオも公開していますので不労所得に興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

為替コヤジの人気FX自動売買ランキング

多くのFXトレーダーが選んでいる本当に勝てるFX自動売買はコレ!

ループイフダン [アイネット証券]
   コスト面と手軽さで他を圧倒するリピート系注文。FX初心者向き
トライオートFX [インヴァスト証券]
   自由自在の設定が可能なリピート系注文。少し慣れが必要
シストレ24 [インヴァスト証券]
   フルオートでストラテジー入れ替えも全自動
オートレール [マネックス証券]
   トレール機能を備えたリピート系注文
iサイクル注文 [外為オンライン]
   トレンド判定機能を実装したリピート系注文

シストレ24については下記の投稿をご覧下さい。

シストレ24(インヴァスト証券)とは?フルオートから攻略法まで徹底解説!
為替コヤジの準メイン口座であるシストレ24について便利ツールのMyシストレ24からストラテジーの自動入れ替え機能フルオートまで解説しています。さらにシストレ24の攻...

シストレ24運用方針

為替コヤジのシストレ24運用方針は以下の通りです。以下の3つを実践することで相場を予想せずに低リスクで不労所得を得ることを可能にします。

  1. QuickShiftを使い続ける
  2. 複数の通貨ペアを運用することでリスクを分散させる
  3. 手動決済なし

シストレ24運用成績

1. シストレ24年間運用成績

2019年は実績のあるQuickShiftポートフォリオで臨みましたが、-33,083円と負け越してしまいました。

2020-01-03_14h09_24

2019年は1998年以降で最も値動きが小さく、粘って大きな値幅を取りに行くQuickShiftにとっては難しい相場となりました。

 2019年の東京外国為替市場の円相場は、最安値と最高値の差が6円82銭で、データが確認できる1998年以降で最も値動きが小さかった。  日本銀行によると、19年の東京市場の円相場(午後5時時点)は、最安値が4月17日の1ドル=112円02銭、最高値が8月13日の1ドル=105円20銭だった。18年の変動幅9円28銭からさらに縮小した。  円相場はアジア通貨危機の影響を受けた1998年は32円69銭、リーマン・ショックが起きた2008年は22円42銭の変動幅だったが、近年は値動きが小さくなっている。読売新聞

QuickShift年度別成績201912

上記はQuickShiftの年度別成績ですが、2019年は過去11年で3番目に悪い成績となりました。

ただし、QuickShiftに対する信頼は失っていないので2020年も引き続きQuickShiftポートフォリオで臨みます。

2. シストレ24通算運用成績

シストレ24を開始した2012年3月から2019年12月までの累計損益は以下の通りです。2019年12月末の累計損益は約-180万円となっています。

なお為替コヤジセレクションの累計損益にはFXDDでミラートレーダーを運用した分も含まれています。

シストレ24グラフ201912

序盤はThirdBrainFxの全盛期で利益が100万円を超えましたが、その後は低迷しています。シストレ24に加えてFXDDという海外FX会社も使いながらオリジナルのポートフォリオ(為替コヤジセレクション)で運用しましたが、持ち直すことはできませんでした。

その後、2016年9月からはフルオートでの運用を開始しましたが、これも成績が安定せず、2018年11月からQuickShiftの運用を開始しました。

月間運用実績

2012年
実現損益
1月
2月
3月 -44,633円
4月 -50,205円
5月 68,968円
6月 55,325円
7月 86,203円
8月 136,619円
9月 -671円
10月 -85,484円
11月 200,200円
12月 -6,211円
合計 360,101円
2013年
実現損益
1月 450,989円
2月 145,112円
3月 29,861円
4月 -267,450円
5月 582,528円
6月 -136,981円
7月 -512,285円
8月 -749,505円
9月 -28,383円
10月 -165,031円
11月 -56,782円
12月 -44,188円
合計 -752,116円
2014年
実現損益
1月 -46,352円
2月 -175,786円
3月 48,685円
4月 -4,219円
5月 -27,201円
6月 100円
7月 -264円
8月 -22,367円
9月 -61,545円
10月 停止中
11月 停止中
12月 停止中
合計 -290,045円
2015年
実現損益
1月 停止中
2月 停止中
3月 停止中
4月 停止中
5月 停止中
6月 停止中
7月 停止中
8月 停止中
9月 停止中
10月 停止中
11月 停止中
12月 停止中
合計 0円
2016年
実現損益
1月 停止中
2月 停止中
3月 停止中
4月 停止中
5月 停止中
6月 停止中
7月 停止中
8月 停止中
9月 7,668円
10月 -99,161円
11月 -9,197円
12月 58,140円
合計 -42,550円
2017年
実現損益
1月 -65,720円
2月 -17,646円
3月 -52,046円
4月 -100,137円
5月 -3,635円
6月 -4,035円
7月 -13,091円
8月 -3,785円
9月 -28,427円
10月 -24,661円
11月 -7,818円
12月 11,140円
合計 -309,861円
2018年
実現損益
1月 -14,130円
2月 -10,122円
3月 -8,840円
4月 7,930円
5月 8,086円
6月 -6,918円
7月 2,064円
8月 -5,532円
9月 -10,325円
10月 停止中
11月 0円
12月 -522円
合計 -38,309円
2019年
実現損益
1月 76,945円
2月 -43,762円
3月 -34,035円
4月 -53,686円
5月 93,980円
6月 -69,702円
7月 -24,054円
8月 78,760円
9月 30,176円
10月 6,635円
11月 -44,004円
12月 -50,336円
合計 -33,083円

\当サイト限定で最大13,000円キャッシュバック!/インヴァスト証券「シストレ24」

3. 現在のシストレ24設定

シストレ24ではQuickShiftは22通貨ペアに対応しています。ピンク背景の15通貨ペアが現在稼働中のものです。

2019-11-02_17h22_37

上記15通貨ペアの推奨証拠金は50万円となっています。為替コヤジは約50万円で運用しています

参考 為替コヤジも実践中!QuickShiftの多通貨ペアポートフォリオ

QuickShiftの年度別成績
QuickShift年度別成績201912

シストレ24はリピート系注文と違い、いつでもやめることができるのも魅力です。リピート系注文は評価損のポジションを大量に抱えるのでそう易々と手仕舞うことはできません。

それに対し、QuickShiftは平均取引時間が200時間前後なのでストラテジーを止めれば10日以内に手仕舞うことができます。

ほったらかし投資でリスク分散

為替コヤジはシストレ24以外にも8つのほったらかし投資を実践しています。

ほったらかし投資 種類 内容
トラリピ
[マネースクエア]
FX 広範囲に注文を仕掛けて長期運用で利益を上げるリピート注文
トライオートFX
[インヴァスト証券]
FX 狭い範囲に注文を集中させ短期で利益を上げるリピート注文
シストレ24
[インヴァスト証券]
FX ハイリスク&ハイリターンのFX自動売買
トライオートETF
[インヴァスト証券]
ETF 狭い範囲に注文を集中させ短期で利益を上げるリピート注文 
株価指数CFD積立
[GMOクリック証券]
CFD 米国S500とイギリス100を毎月積み立てて売買差益と配当を狙う 
メキシコペソ/円スワップ積立
[セントラル短資FX]
FX メキシコペソ/円を毎月積み立てて売買差益とスワップ金利を狙う 
つみたてNISA
[楽天証券]
投資信託 楽天・全米株式株式インデックス・ファンドを毎月積み立てる
仮想通貨積立
[Coincheck]
仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップルを毎月積み立てて売買差益を狙う
ソーシャルレンディング
[Funds(ファンズ)
]
SL 10万円×10案件に融資し、年率5~7%の分配金を狙う

時間や手間のかからないほったらかし投資を選んだのは本業を疎かにしないためです。サラリーマンならサラリーマンとしての業務、主婦なら家事や育児、学生なら学業といった本業があります。生活を豊かにするために投資であるのにこれらの本業を疎かにしては本末転倒です。あくまで本業を生活の中心に据えながら、不労所得を得ることを目指しています。

また9つのほったらかし投資を実践しているのはサラリーマンの給料外の収入源を手に入れるためです。病気や会社の倒産などで給料を貰えなくなっても他に収入源があれば経済的に困ることはありません。
アセットクラスもFX、投資信託、CFD、ETF、仮想通貨、ソーシャルレンディングと分散しているのでどれかが失敗しても何らかの収入源は確保できると考えています。
さらに本業以外に収入源があると気持ちに余裕が生まれ、本業にも好影響を及ぼします。

トラリピ、シストレ24、トライオートFX以外のほったらかし投資はほったらかし投資がまるごとわかるブログで紹介しています。また仮想通貨積立は為替コヤジの仮想通貨投資で解説していますので是非ご覧下さい。

コメントを残す