FX初心者がリピート系発注機能を最初に選ぶべき理由

リピート系発注機能

夏のボーナスでこれからFXを始めようと思っている人は選択肢がたくさんありすぎてどのFXサービスを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

そんな迷えるFXビギナーにオススメしたいのがリピート系発注機能(連続発注機能)です。

システムトレードとFX自動売買の違い

読者の皆さんの中には、リピート系発注機能を知らない人もいると思いますので、ここで簡単に触れておきたいと思います。

そもそもFX取引は手動で取引を行う裁量トレードが一般的です。しかし裁量トレードは豊富な経験や高度な取引スキルが求められるため、FX初心者にはハードルが高いものでした。

ところが昨今、FX取引の経験の少ない人でもプロのトレードを簡単にしかも自動でマネできるFX自動売買が人気を集めています。

裁量トレードも突き詰めていくとある一定の売買ルールに基づいてFX取引を行うことになります。例えば「エントリーした後で10pips上がったら利益確定し、20pips下がったらロスカットする」といったようにあらかじめ決めたルールに従って取引を繰り替えしますが、これをシステムトレードと言います。

そしてこのシステムトレードをシステムが自動で行ってくれるサービスがFX自動売買です。裁量トレードと違って自分で発注を繰り返す必要がないので時間の限られたビジネスパーソンや主婦からも支持を集めています。

リピート系発注機能とは?

FX自動売買はプラットフォームと取引方法(店頭FX/取引所FX)によって6つに分類することもできますが、取引スタイルによって大きく2つに分けることができます。

ひとつは好きな売買プログラム(ストラテジー)を選んで自動でFX売買を繰り返す選択型自動売買です。
選択型自動売買はプラットフォームによってミラートレーダーやMT4、さらにFX会社が独自に開発したプラットフォームに分類することができます。

もうひとつは一度発注すれば指定した通りに新規と決済の売買を自動で繰り返してくれるリピート系発注機能(連続発注機能)です。

リピート系発注機能を選ぶべき3つの理由

なぜリピート系発注機能がFX初心者に向いているのでしょうか?ここではリピート系発注機能の3つの魅力に迫りたいと思います。

売りか買いかの相場予想不要!上がっても下がっても利益に!

当たり前のことですが、FX取引で利益をあげるためには買いの場合なら価格が上がり、売りの場合なら価格が下がる必要があります。

選択型システムトレードの場合、売買プログラムは買いか売りのポジションを取りますが、相場予想の方向が当たった場合のみ利益となります。

リピート系発注機能の場合も買いか売りで仕掛けますが、一定のレンジ内でレートが上下する限り、収益チャンスが続くので相場を予想する必要がありません

とはいいながらもレンジを予想する必要があるのでは?と疑問に思われた人もいるかと思いますが、短期的に見ればトレンドが発生している相場でも長期的に見れば一定のレンジ内で上下していると捉えることもできます。

つまりリピート系発注機能は目先の「上がるか」「下がるか」を予想する必要はないので経験の浅いFX初心者に最適な自動売買と言えます。

一度発注してしまえばあとは完全放置も可能!

リピート系発注機能は一度発注してしまえばあとはシステムが勝手に「買い→売り→買い→売り…」と、あなたの代わりに繰り返してくれます。

選択型自動売買の場合、ストラテジーによって得意な相場と苦手な相場があるため、定期的にストラテジーを入れ替える必要があります。この入れ替えは手間であるばかりでなく、経験やセンスが求められるため、FX初心者にはハードルが高くなってしまいます。

リピート系発注機能は最初に設定する時にいくらまで耐えられるのか、強制ロスカットになる価格だけ把握しておけば、途中で設定を見直す必要もなく完全ほったらかしが可能です。

仕組みが単純明快なので無駄なストレスがない

リピート系発注機能は、ある金額になったら自動で注文が約定し、ある金額になったら自動で決済されるというとてもシンプルな売買ロジックとなっています。

選択型自動売買のストラテジーは、売買ロジックがブラックボックス化されており、何となく勝ったり何となく負けたりを繰り返しながらいつの間にか大きなドローダウンを被ることもあります。

また何でこのタイミングで買うんだ?とかこんなに含み益があるのにどうして利益確定しないんだ?とか売買ロジックに対して疑問を抱き、それが不信感になりストレスを感じることもあります。

リピート系発注機能は勝ち負けの条件が明瞭なのでストレスなく、運用を続けることができます

リピート系発注機能選びのポイント

現在、リピート系発注機能は以下の8社6種類があります。

サービス名 FX会社
トラリピ マネースクウェア・ジャパン
ループ・イフダン アイネット証券 ひまわり証券
iサイクル注文 外為オンライン ライブスター証券
トラッキングトレード FXトレーディングシステムズ
リピートトレール注文 YJFX!
連続予約注文 マネーパートナーズ

いずれも新規と決済の売買を自動で繰り返してくれる基本機能は同じですが、発注方法や取り扱い通貨ペアなど少しずつ異なっています。詳細は『【リピート系注文】トラリピ、ループ・イフダン、iサイクル注文、リピートトレール注文を徹底比較』をご覧いただければと思います。

リピート系発注機能のベースはトラリピ

トラリピ_イメージまず全てのリピート系発注機能のベースとなっているのは2007年にリリースされたトラリピです。

トラリピは新規注文の発注幅や利益確定幅などを1銭幅で細かく決めることができるのが特徴です。

ツール類や情報コンテンツが他社と比較してかなり充実している反面、手数料が高いという不満がありますが、手数料を抑えるせま割やM2Jポイントというポイント還元サービスも用意されています。

FX上級者も満足させるトライオートFX

auto_1さらにきめ細かい設定が可能なのがトライオートFXです。トライオートFX独自のAP注文は決済後の注文条件も自由に設定することができます。

AP注文を複数設定することで「仕掛け」と呼ばれるリピート系発注機能を形成することができますが、細かい設定ができる分、初心者が馴染むには時間がかかります。

ただし仕掛けランキングにはアナリストや大手金融機関の予想などを基に作成された仕掛けが用意されているので、自分でゼロから仕掛けを組み立てる必要はなく、好きな仕掛けを選択するだけでトライオートFXを始めることもできます。

手軽さと低コストで人気のループ・イフダン

ループイフダンとはもっと手軽にリピート系発注機能が使えるのがループ・イフダンです。

ループ・イフダンはあらかじめ設定された値幅の中から選ぶだけで開始することができます。トラリピやトライオートFXのような細かい設定が不要であるためFX初心者から人気を集めています。

また情報コンテンツを最小限に留め、過剰な宣伝を抑えることで全自動のリピート系発注機能では唯一手数料が無料となっています。

ループ・イフダンはアイネット証券以外にもひまわり証券でも使うことができますが、最低取引数量が1万通貨となっているので注意が必要です。

相場の動きに合わせて注文が変動するiサイクル注文

iサイクル_イメージ図

またiサイクル注文はレンジを外れて上昇しても下落しても相場に追従しながら自動で取引を続けてくれるのが点が他のリピート系発注機能と大きく異なります。

iサイクル注文も予算や買いか売りの方向などを指定すると自動で値幅や本数を自動計算してくれるのでFX初心者向きと言えます。

iサイクル注文は外為オンラインが提供するサービスですが、ライブスター証券でも使うことができます。

トラッキングトレードも名称は異なりますが、iサイクル注文と同じサービスです。詳細は『iサイクル注文(トラッキングトレード)やるなら通貨ペアで使い分けなさい!』をご覧下さい。

トレール機能とドテン注文で一線を画すリピートトレール注文

YJFX_リピートトレール他のリピート系発注機能と一線を画すのがリピートトレール注文です。
成行買いで新規注文を行うと同時に、相場の上昇に合わせて損切り注文が自動的に切り上がるトレーリングストップを発注し、決済されると今度はドテンの新規注文とトレーリングストップが発注され、買いと売りを交互に繰り返していきます。

リピートトレール注文はトレール幅次第ではロスカットを連発する可能性があるので使いこなすのがなかか難しいと言えます。

半自動ながら手動トラリピで人気の連続予約注文

連続予約注文_イメージ連続予約注文はあらかじめ買値と売値を指定する注文を一度に最大20件まで同時に発注できる注文方法です。

全自動ではありませんが、取引手数料が無料な上に業界トップ水準、もしくはそれに迫るスプレッドで提供されているため、連続予約注文を使って手動トラリピを行っているトレーダーもいるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

リピート系発注機能(連続発注機能)は、①相場を読む必要がない②完全放置が可能③仕組みが明瞭でストレスフリーという点でFX初心者にオススメです。

8社6種類のリピート系発注機能は似ているようで仕組みや発注方法は全く異なります。使いやすさを重視するのか、取引コストを重視するのかで選ぶべきリピート系発注機能は違ってきます。

本ブログでは各リピート系発注機能について詳しく解説していますのであなたにぴったりなリピート系発注機能を見つけて下さい。

為替コヤジが使用しているFX自動売買サービス

 トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]
メインで使用しているリピート系注文。高コストだが、サービスの使い勝手はピカイチ。FX初心者向け情報が豊富で月イチで開催される100万ドルセミナーは必見。

 シストレ24 [インヴァスト証券]
完全自動売買が可能なミラートレーダー。ハイリスク・ハイリターンだが、年間収益率300%も狙えるフルオートは魅力十分。

 トライオートFX [インヴァスト証券]
変幻自在の設定型システムトレード。これさえあればどんな自動売買も可能。手堅く年間収益率30%超も可能なレンジフォーカスは初心者に最適。

 ループ・イフダン [アイネット証券]
取引手数料無料で高スワップのリピート系注文。情報コンテンツに乏しいが、コストを抑えて手軽に自動売買したいFX中級者向き。

最新FX自動売買 オススメランキング! [2016年夏版]

 トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]
元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預かり資産は60ヶ月連続増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。
総合 取引ツール コスト スワップ
25.5/30点 5.0/5点 3.0/5点 4.0/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.5/5点 4.0/5点 5.0/5点
 シストレ24 [インヴァスト証券]
情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
さらに上級者はジョイントレード、エクストラトレードで利益をアップさせることもできます。
総合 取引ツール コスト スワップ
25.0/30点 5.0/5点 3.0/5点 3.0/5点
スマホ 通貨ペア 情報
5.0/5点 4.0/5点 5.0/5点
 トライオートFX [インヴァスト証券]
仕掛けランキングの登場で一気に使い勝手が向上
リリース当初は裁量色が強く、FX自動売買向きではありませんでしたが、複数のAP注文がパッケージ化されたクイック仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
特に仕掛けランキングはステータスアイコンを参考にしながら仕掛けが選びやすくなっています。
裁量注文、AP注文、仕掛けが揃い、初級者から上級者まで満足できます。
総合 取引ツール コスト スワップ
24.5/30点 3.5/5点 5.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 3.5/5点 5.0/5点
 iサイクル注文 [外為オンライン]
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込利用者の76%がプラスのリピート系発注機能 43万口座を誇る外為オンラインが満を持してリリースしたiサイクル注文。後発組ながら従来のリピート系発注機能をよく分析しており、最初に設定した変動幅が相場の上昇下落に合わせて自動追従し、自動発注を繰り返してくれます。
口座開設から取引までスマホ1本で完結できる手軽さが人気で利用者の76%が利益を上げています。
総合 取引ツール コスト スワップ
23.5/30点 4.5/5点 4.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点
 トラッキングトレード [FXトレーディングシステムズ]
本家を超える低コスト
FXトレーディングシステムズのFXブロードネットから新登場の相場追尾型リピート系発注機能。
外為オンラインのライセンス供与を受けており、「iサイクル注文」と同じシステムながら多くの通貨ペアでスプレッド、スワップともに本家を上回っています。
豪華なキャッシュバックキャンペーンも注目です。
総合 取引ツール コスト スワップ
23.0/30点 4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点

※評価指標については「FX自動売買オススメランキングの評価指標」をご覧下さい

コメントを残す