【トラリピ】2012年3月度成績

3月に開始したシストレ24があまりに楽しく、トラリピは若干お座成りになってしまった感はありますが、それでもユーロ/円が上手く回転してくれたお陰で2月の倍近く稼いでくれました。
現在は豪ドル/円に1本化していますので4月は豪ドル/円に期待です。

トラリピ月間収支

口座残高:537,337円(累計+7.47%)

通貨ペア 損益額 利益率


売買
差益
スワップ
ポイント
3月合計 +21,577 +4.18% 30 34 7 21,500 77
豪ドル/円 +6,577 +1.28% 20 13 7 6,500 77
ユーロ/円 +13,000 +2.52% 6 13 0 13,000 0
ドル/円 +2,000 +0.39% 4 8 0 2,000 0

 

【トラリピ】順調に利益を積み上げています

トラリピを豪ドル/円に1本化してから順調に利益を積み上げ、3月は2万円超の利益となりました。

トラリピ週間成績
期間 口座残高


売買
差益
スワップ
ポイント
利益率
11 2012/03/18 2012/03/24 532,778 9 7 5 5,000 18 0.95%
12 2012/03/25 2012/03/31 537,337 11 9 7 4,500 59 0.86%

シストレ24ではかなり苦戦していますが、トラリピは資金管理さえしっかり行えば本当にオススメなシステムトレードだと思います。 「【トラリピ】順調に利益を積み上げています」の続きを読む…

【シストレ24】もう、ボロボロ・・・

シストレ24を開始してから3週経過しましたが、運用成績は散々です。順調に資金を減らし、ここまでで-48,348円。さらに以下の含み損を抱えている状態です。

2月の人気ストラテジー1位と7位のMaloma(USD/CHF)Maloma(EUR/USD)も全く振るわず、Counter Strike(EUR/JPY)は積極果敢に攻めるも2万円近い損切りであえなく撃沈。21日に満を持して追加したLondon call2(USD/JPN)は最初のトレードでいきなり-7,150の損切り。出鼻を挫かれ、救世主となれず。

いずれも高T-Scoreのストラテジーでしたが、ポートフォリオに入れた瞬間から調子を崩し、鳴かず飛ばず。 「【シストレ24】もう、ボロボロ・・・」の続きを読む…

【シストレ24】超カンタン!発注マニュアル

シストレ24では、Mirror Traderに搭載された世界中のシグナルプロバイダーによる約500種類以上のストラテジーに加え、日本の開発業者が提供するストラテジーまで、厳選されたストラテジーが数多く搭載されています。

中には1年間で資産を3.6倍にしてくれる怪物ストラテジーもあり、為替コヤジも1年足らずで資産倍増を達成しました!

「【シストレ24】超カンタン!発注マニュアル」の続きを読む…

【トラリピ】超カンタン!トラリピ発注マニュアル

発注機能はたくさん用意されていますが、覚えなければならないのはたったひとつ、らくらくトラリピ(らくトラ)だけです。

従来、トラリピ注文では、現在レートを考慮した上でスタート価格やトラップ本数、トラップ値幅(イフダンを何円おきに並べるか)などの設定条件をすべて入力する必要がありました。

しかし2012年4月28日からスタートした『らくらくトラリピ(らくトラ)』を使えば、現在レートを考慮することなく、仕掛けたいレンジに仕掛けたい本数を指定するだけで「トラップ値幅」「指値・逆指値の別」を自動計算して、トラリピの手間を大幅に軽減することができます。

「【トラリピ】超カンタン!トラリピ発注マニュアル」の続きを読む…

【トラリピ】戦略見直し、豪ドル/円1本化!

ユーロ/円が全て決済され、ポジションが解消されたため、トラリピ設定を大幅に見直しました。

まず資金管理の難しさから複数通貨でのトラリピを止め、豪ドル/円に1本化しました。 設定内容は価格によって3段階に分け、微妙にアレンジを加えています。

豪ドル/円

20120325173727770 

  • 90円~87円(高値圏)

初めて売りトラリピを設定しました。あくまで買いトラリピ中心なので買いトラリピと比べて値幅を倍の50銭としています。

  • 87円~80円(中位圏)

コツコツと500円を積み重ねます。

  • 80円~75円(安値圏)

円高リスクが低減されるため、通常レンジと比べて値幅・利益幅は一緒ですが金額を2,000通貨としてます。

この設定で73.51円まで耐えられる(はず)ですので、しばらく放置したいと思います。

トラリピ戦略について考えてみました(3)

トラリピは価格が下がるごとに下値を追って買い増ししていく、所謂ナンピン買いを基本戦略とします。
そのため下落場面では次々にトラップに掛かり、ポジションを増やし、上昇場面でそのポジションを利益確定していくため、元の水準に戻るまでは一時的に含み損を抱えることになります。

「トラリピ戦略について考えてみました(3)」の続きを読む…