【シストレ24フルオート】best invast label_2016の2番目のストラテジーの秘密

box1_pic16

俺のフルオートの中で最も人気の高かったbest invast label_2016。為替コヤジも利用していますが、2ヶ月運用した時にある疑問が湧きました。

best invast label_2016の2つ目のストラテジーの成績は?

事の発端はフルオート検証18週目の記事です。best invast label_2016は2つのストラテジーで稼働するフルオートですが、2つ目のストラテジーは1つ目のストラテジーの推奨証拠金の額によって何が選ばれるか全く分かりません。

best invast label_2016は以下の抽出条件により2つのストラテジーを抽出します。

best-invast-label_2016

運用資金3,000万円、取引額500kの場合、推奨証拠金は60万円以下となります。このロジックが分からない方は先に『ちょっと複雑なシストレ24の『フルオート』の推奨証拠金タイプをわかりやすく解説 』をご覧下さい。

2つのストラテジーで稼働する場合、推奨証拠金は2つのストラテジーを合わせて60万円以下になります。各30万円以下という意味ではありません。

best invast label_2016の場合、ステータス条件を満たしたストラテジーを直近1ヶ月の実現損益の高い順に選ぶので1つ目は好成績のストラテジーが選ばれるはずですが、2つ目は1つ目のストラテジーの推奨証拠金が高かった場合、かなり下位から選ばれることになります。

実際に今日のストラテジー入れ替えでは、MultiAgent(GBP/JPY)とHighWindFx LITE(GBP/JPY)が抽出されましたが、直近1ヶ月の実現損益の高い順で言うとMultiAgent(GBP/JPY)は1位、HighWindFx LITE(GBP/JPY)は86位となっています。

MultiAgent(GBP/JPY)の推奨証拠金は372,000円なのでまだましな方ですが、1つ目に推奨証拠金50万円のストラテジーが選ばれてしまうと2つ目は100位、200位とかなり下位のストラテジーが選ばれることになります。

そう考えると2つ目のストラテジーの成績は1つ目と比べて大きく劣るのではないかと考えられます。

best invast label_2016を8週間稼働させていますが、1つ目と2つ目のストラテジーの成績を実際に比べると圧倒的に1つ目のストラテジーがよくなっていました。

  1番目のストラテジー  2番目のストラテジー 
 1週目 862.3pips 143.6pips
 2週目 ▲50.6pips 318.2pips
 3週目 取引なし 140.4pips
 4週目 取引なし ▲110.1pips
 5週目 取引なし 取引なし
 6週目 1,141.6pips 133.4pips
 7週目 64.8pips 取引なし
 8週目 取引なし ▲525.1pips
合計 2,018.1pips 100.4pips

金額で言えば1番目のストラテジーは10万1,255円、2番目は1,498円なので各5kで2つのストラテジーを運用せずに、1番目のストラテジーだけを10kで運用していればわずか8週間で20万円以上稼ぐことができました。

直近6ヶ月で比較してみると意外な結果が

8週間では検証期間として短いのでフルオートの過去シミュレーションを使い、直近6ヶ月(2016年7月25日~2017年1月20日)を検証してみました。

  1番目のストラテジー 2番目のストラテジー
合計(pips) 3,225.2pips 5,903.3pips
合計(円) 158,363円 304,408円

意外にも1番目のストラテジーは2番目のストラテジーの半分程度しか稼げていないことが分かりました。

直近6ヶ月の間に荒稼ぎしたストラテジーが2番目に抽出されたせいでデータが乱れたのかとも思い、細かく見てみると2016年10月1日のストラテジー入れ替えで選ばれたThirdBrainFx(GBP/USD)が1週間で3,200pipsを荒稼ぎしていました。

これを除くと2番目のストラテジーの累計損益は2694.8pips、138,965円にまで下がります。しかし2番目のストラテジーは週平均100pips稼ぎ出していますのでThirdBrainFx(GBP/USD)の代わりのストラテジーが100pips稼いだと考えると1番目と2番目のストラテジーの差はわずか400pips程度しかありません。

さらに2016年9月3日のストラテジー入れ替えでは推奨証拠金の関係でストラテジーが一つしか選ばれていませんので実際の差はもっと少なくなると考えられます。

また実際にbest invast label_2016と同条件で1つ目のストラテジーだけを10kで運用するためには運用資金が60万円必要となりますので資金効率も大きく低下します。

まとめ

直近6ヶ月の検証の結果、best invast label_2016の2番目のストラテジーは1番目と比べて成績は若干劣るものの、資金効率を考慮すると2つのストラテジーを各5kで運用するのが望ましいと言えます。

為替コヤジが使用しているFX自動売買サービス

 トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]
メインで使用しているリピート系注文。高コストだが、サービスの使い勝手はピカイチ。FX初心者向け情報が豊富で月イチで開催される100万ドルセミナーは必見。

 シストレ24 [インヴァスト証券]
完全自動売買が可能なミラートレーダー。ハイリスク・ハイリターンだが、年間収益率300%も狙えるフルオートは魅力十分。

 トライオートFX [インヴァスト証券]
変幻自在の設定型システムトレード。これさえあればどんな自動売買も可能。手堅く年間収益率30%超も可能なレンジフォーカスは初心者に最適。

 ループ・イフダン [アイネット証券]
取引手数料無料で高スワップのリピート系注文。情報コンテンツに乏しいが、コストを抑えて手軽に自動売買したいFX中級者向き。

最新FX自動売買 オススメランキング! [2016年夏版]

 トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]
元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預かり資産は60ヶ月連続増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。
総合 取引ツール コスト スワップ
25.5/30点 5.0/5点 3.0/5点 4.0/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.5/5点 4.0/5点 5.0/5点
 シストレ24 [インヴァスト証券]
情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
さらに上級者はジョイントレード、エクストラトレードで利益をアップさせることもできます。
総合 取引ツール コスト スワップ
25.0/30点 5.0/5点 3.0/5点 3.0/5点
スマホ 通貨ペア 情報
5.0/5点 4.0/5点 5.0/5点
 トライオートFX [インヴァスト証券]
仕掛けランキングの登場で一気に使い勝手が向上
リリース当初は裁量色が強く、FX自動売買向きではありませんでしたが、複数のAP注文がパッケージ化されたクイック仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
特に仕掛けランキングはステータスアイコンを参考にしながら仕掛けが選びやすくなっています。
裁量注文、AP注文、仕掛けが揃い、初級者から上級者まで満足できます。
総合 取引ツール コスト スワップ
24.5/30点 3.5/5点 5.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 3.5/5点 5.0/5点
 iサイクル注文 [外為オンライン]
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込利用者の76%がプラスのリピート系発注機能 43万口座を誇る外為オンラインが満を持してリリースしたiサイクル注文。後発組ながら従来のリピート系発注機能をよく分析しており、最初に設定した変動幅が相場の上昇下落に合わせて自動追従し、自動発注を繰り返してくれます。
口座開設から取引までスマホ1本で完結できる手軽さが人気で利用者の76%が利益を上げています。
総合 取引ツール コスト スワップ
23.5/30点 4.5/5点 4.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点
 トラッキングトレード [FXトレーディングシステムズ]
本家を超える低コスト
FXトレーディングシステムズのFXブロードネットから新登場の相場追尾型リピート系発注機能。
外為オンラインのライセンス供与を受けており、「iサイクル注文」と同じシステムながら多くの通貨ペアでスプレッド、スワップともに本家を上回っています。
豪華なキャッシュバックキャンペーンも注目です。
総合 取引ツール コスト スワップ
23.0/30点 4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点
スマホ 通貨ペア 情報
4.0/5点 4.0/5点 3.5/5点

※評価指標については「FX自動売買オススメランキングの評価指標」をご覧下さい

コメントを残す